Fotolia_64007961_XS.jpg

2013年11月01日

育毛食事の常識としての栄養素たち

育毛食事の常識としての栄養素解説




薄毛を治すには、育毛に役立つ栄養素を暗記しておくことです。



まあ、努力しなくとも、育毛の常識なので、いずれ頭に入りますが。



5.jpg




1、抜け毛対策の為に摂りたい栄養素は?



髪の毛に育毛剤や発毛剤などを塗布することも薄毛・抜け毛対策のひとつですが、



やっぱり人の身体を作っているのは食べ物ですから、髪の毛を育てるのに必要な栄養素をしっかりと取り入れるようにしましょう。




抜け毛対策で摂っておきたい栄養素は



タンパク質、


亜鉛、



ビタミンB群、



ビタミンA、C、E、



イソフラボン、



プラセンタ



コラーゲン


ノコギリヤシ



カプサイシンなど。



最近ではコラーゲンの摂取によって髪の毛を太くする効果があることがわかっています。



そのため、コラーゲン育毛の人気が急上昇中ですね。



上にあげた栄養素を普段から意識しておきたいですね。





2、具体的に食べておきたい食べ物たち



髪の毛が育つのに必要な栄養素はどんな食物に含まれているのでしょうか。



タンパク質は肉類や魚類、乳製品や卵、大豆などです。




納豆や豆腐にも植物性のタンパク質が含まれており、これらの摂取は薄毛に悩む人は欠かせません。





亜鉛はアーモンドや海藻類から摂取できます。



ビタミン類は野菜や果物などから摂取可能。



イソフラボンは大豆製品でカプサイシンは唐辛子に多く含まれています。




キムチなどが食べやすいかもしれません。




コラーゲンは鮭やうなぎ、牛すじ、鶏皮や軟骨など。



豚足もいいでしょう。



ただし、コラーゲンに関しては、私の体験ではドリンクタイプが効果が早いです。



3、育毛サプリメントとのバランスを考えよう




栄養素は基本、食物から摂取する意識は大切にしましょう。



サプリだけではよくないのは当然だからね。



食事でならいろいろな栄養素をいっぺんに取り入れることができるからです。




肉や魚にはタンパク質、ビタミン類、コラーゲンが入っていますから、是非積極的に食べて欲しいものです。



しかしそれが難しい人もいるでしょう。



忙しかったり食欲が無かったりなど。そういった時にはサプリメントに頼るのもいいかもしれません。




ただ、薄毛対策や抜け毛対策用のサプリメントも悪くはないのですが、



自分に不足していると思われる栄養素の入っているサプリメントを選んで飲んだ方が効率的にはいいと思われます。



育毛サプリメントではボストンまたはフェルサがよいでしょう。


食事だけでは育毛成分は十分に取れないので、サプリにより補助が必要なのです。
タグ:育毛栄養素
posted by 育毛食事 at 20:46 | Comment(0) | 育毛食事

2013年10月05日

髪が生えるための栄養素で薄毛解消だ

髪の毛を生やしたい人への私の体験からの情報提供ブログです。



髪の毛は身体の一部です。


身体は口から取り入れる栄養分で変化します。



食べ物によって人の体が作られているといっても過言ではありません。


体に良い食べ物を食べていれば体も健康になりますし、悪い食べ物ばかり食べていれば当然体の状態は悪くなっていきます。



3.jpg



自分では体の中までチェックすることができませんので、常にバランスの取れた食生活を意識することが大切です。



最近では乱れた食生活が原因で若いうちから薄毛になる方が増えてきているのです。



お菓子や脂っこい食べ物ばかりでは栄養が足りませんし体に毒素ばかり溜まってしまいます。




育毛をするのであれば髪の毛のために良い食べ物を食べることが大切なのです。




たとえば人間の体、主に筋肉や髪の毛を生成しているのはたんぱく質ですから必ず毎日摂取する必要があります。



たんぱく質が多く含まれているのは牛乳や豆腐、鶏肉など。



またビタミンも育毛には欠かせません。



ビタミンB2は髪を育て、ビタミンEは血行を良くしてくれます。



他にも亜鉛が含まれている食材も重要。



うなぎやレバーなどは髪に良い栄養が豊富に含まれています。



さて、以上が基礎部分です。



ここまで読み続けていただいたので、あなたには育毛成功の奥義とでもいう部分を説明しましょう。

ここから、非常に大事ですよ。



私の経験では「基礎」だけではなかなか満足のいく育毛実績はあがりません。



育毛本によく書いている「育毛にはバランスのとれた食事が大事」とありますが、



それだけでは生えないです。(キッパリ!!)



基礎部分にプラスする「育毛成分」とでも呼ぶべきものがあり、それを摂取することで、髪の毛が生えてくるのですよ。



詳しくは「5大育毛法」の記事を読んでください。



5大育毛法記事



育毛成分を摂らないと髪が増えないです。



シャンプーや育毛剤を、あれやこれやと、こねくり回しても、髪は生えないのです。


先日(平成25年10月)、シャンプーをやめたら、髪が生えるという本を読みました。






内容は、シャンプーが薄毛やハゲ原因なので、水洗いにしたら髪の毛が増えるという内容です。



関心のある方は、私の読書レビューをお読みください。




育毛本レビュー「シャンプーをやめたら髪の毛が増える」
http://stophage.minanotame.net/?eid=1227647



まあ、私の経験からは、ハゲ遺伝子を持っていたら、水洗いにしようが、どうしようが、




そんな単純なものではないのですよ!!



髪の毛を生やすということは!!!



私は断言します。




髪の毛を確実の生やす原則は、



「口から取り入れた育毛成分を血液に溶け込ませ、毛母細胞に到達させる」



ということなのですよ!!



シャンプーを止めて、水洗いにしても、血液に変化なければ、成果がでないわけですよ。



口から取り入れる栄養素が大事なのです。



このなかでも、私が欠かさず実践している「ドクダミ、ごま、レシチン育毛法」を解説します。



まあ、解説するというほどのものでもなくて、



ドクダミ


ゴマ



レシチン



を摂取すると髪が生えるというノウハウです。



関心のある方は、



1.ドクダミ育毛:理論編ブログ

2.ドクダミ育毛:書籍レビュー編



を、ぜひ、お読みください。
タグ:髪栄養素
posted by 育毛食事 at 13:51 | Comment(0) | 栄養素

2013年06月06日

ハゲたくないなら野菜酵素で野菜不足を補う

野菜成分が、薄毛やハゲを遠ざけるのです



このことを私はあなたに、どうしても伝えたい。



たまに育毛サイトやブログを読んでいると、



「ハゲは治らないのだ」



というような絶望感に近い気持ちを持っている人がいます。



カツラや植毛の売れ行きがいいのも、そういう絶望感に陥った人が多いからなのでしょう。



さて、



私がハゲは治るということを体験し、



その後55歳の今日まで、平均的な髪ボリュームを維持できたことからわかったこと。




それは、シンプルな事実。



「薄毛やハゲは治るのだ」


ということ。



育毛に否定的な考えを持つ人がいます。



誤った薄毛対策によって、育毛に失敗した人は、髪の毛は戻らないと考えがち。




そういう考えの人に、単純な育毛の真理をお話ししましょう。




真理1.ハゲる食べ物、ハゲる生活習慣がある。


このことを、ようく考えてみてください。



あなたの今後の育毛のための大きな転換期を迎えたときが、この瞬間かもしれませんよ。!!



できれば、1時間かけてこのことばかり考えてもいいくらい大事なことです。





「ハゲる食べ物、ハゲる生活習慣がある」




このことをじっくりと、深く考える。



この「真理1」を納得すると、髪が生える「理屈」が潜在意識に浸透する。



なぜかというと、



あなたの潜在意識は、このブログで、今私が話した「真理1」を納得しているはず。



実際に、コーラとハンバーグばかり食べて、毎日睡眠時間4時間で、ストレスの多い生活を送るとハゲるじゃないですか!!



だから、このことを、あなたの潜在意識は納得するはず。




「真理1」は極めて大事なことですよ!!



さて、真理1を納得すると、あなたの潜在意識は、



「ご主人様(あなたのこと)は、髪の毛を生やしたいと望んでいる」



ということを知っているので、



「ハゲる食べ物、ハゲる生活習慣があるなら、その逆もあるのではないか?」



と考える。



「ハゲる食べ物が存在するので、その逆の、髪の毛の生える食べ物もあるのだ」


と考える。



「ハゲる生活習慣が存在するので、その逆の、髪の毛の生える生活習慣もあるのだ」



と考える。



ここが大事。



そこから、あなたの潜在意識は、



「よし、ご主人様のために、ハゲを治すために役立つモノやコトや情報を集めるんだ!!」


と活動し始める。




そうすると、あなたにとってよい育毛情報や育毛剤、育毛サプリメントなどと、あなたは出会うことになる。



気が付いたら、同年代の平均的な髪の毛の量までは髪が生えていることになる。



そして、ここまで読んでいただいたあなたには野菜酵素が大事なのだと私はアドバイスします。



どのような野菜酵素でもいいです。



メーカーも、値段も問いません。



今日のブログは、


「野菜酵素を飲むことで、それをきっかけとして育毛に成功できる人がいるのです」



とインスピレーションがあったので、こうして書いています。



このブログに引き寄せられた、あなたは野菜酵素が必要なのですよ。



きっと。


あなたがこのブログを読んでいる時間が、もし、お昼なら、




今日中に近所のドラッグストアで「野菜酵素ドリンク」を購入してほしいですね。


いま、流行語になっている、



「いつやるか? 今でしょう!!」


ということですよ。



追伸

今日平成25年6月6日は、ベルタ酵素を飲みました。



桃の味です。


眠る前に一口飲んで寝ます。


IMGP0970.JPG

業界最大級の酵素数を誇る酵素ドリンク「ベルタ酵素」



タグ:野菜酵素
posted by 育毛食事 at 22:42 | Comment(0) | 野菜酵素

2013年04月13日

育毛食事と脱毛食事と

育毛食事は野菜中心となります。


育毛に役立つ食事がある一方で、


はげを促進する食事もあるのです。


ポテトチップスや缶コーヒー。


そして、肉も薄毛の原因となります。


欧米人が薄毛比率が高いのはそのせいもあるのです。


    
育毛理論では、AGAは旺盛な男性ホルモンと皮脂腺の発達が二つのハゲ条件になっています。



また目本で、薄毛の人は、肥満気味の人に多いといえます。



見た感じですが。



薄毛の人は、ヤセ型にもいますが、どちらかといえば、見た目にガッシリしかタイプが多いですね。



薄毛の原因では、まずは、男性ホルモンが多く、皮脂腺が発達しやすい体質があげられますね。



遺伝的な素因によるハゲです。



父親か、母親が薄毛の場合には、その息子もたいてい薄毛になることが多いです。



遺伝的な原因以外では、後天的な要因もあります。


髪にとってよくない生活週間です。




食事を含めた生活習慣の影響もあって、日本人にも急激に若ハゲが、ふえています。


食事の内容が髪の毛の状態を大きく左右します。



皮膚に脂質を供給する組織として「皮脂腺」があります。



脂肪を食べると、皮脂腺もが発達します。


皮脂腺が肥大化するとハゲになりやすい。



もともと、日本人は、近代まで動物肉を食べる習慣はなかったのです。



近代までは、米とイモだけの栄養で生きてきたのが、多くの日本人なのです。


ハゲる若者が増えているのは、戦後、食習慣を欧米の高脂肪食になってきたのが原因とといえるのです。




欧米人や肥満気味の人に薄毛が多いという現実から、



対策として、



1、野菜を多く食べる


2.肉を食べ過ぎない


3.適度の体重にするためにダイエットも必要に応じて実行する


4.昔ながらの日本食を心がける。



ということが薄毛対策、育毛対策には必要なのです。
タグ:脱毛食事
posted by 育毛食事 at 22:22 | Comment(0) | 脱毛食事

2012年12月31日

育毛食事こそが髪を増やす

育毛食事で髪の毛を増やす。

人間の体は食事でできるているのです。

この常識を考えたら、

「身体も、髪の毛も食べ物しだい」

ということになります。

yubi-man04-2_m.png

今日、平成24年12月31日、ネットでいろんな情報を見ていたら、

「バストを大きくする方法」

というホームページを見つけました。

そのなかで、髪の毛を増やす、育毛食事や発毛食事に共通する、参考になる記事が書いてありました。

引用してみましょう。

岡本羽香のバストアップセミナーより、
引用ここから〜

では、そろそろ本題に入ります。

バストはあなたの体の一部であってアクセサリーでも取り付け可能な付属品でもありません。

つまり

体に摂り入れる栄養素や体内の働きによって、バストは大きくも小さくもなるのです。

私がマッサージだけに特化しないのはこういった理由があります。

外からの刺激だけでなく、体内から働きかけることによって、バストはみるみるうちに大きくなり、ハリが出て血色の良いキレイな形になっていきます。

バストアップにおいて最も重要なことは、

バストが一体どのような構造をしており、どうすれば大きくなるかという正しい知識を知ることなのです。

具体的には・・・


〜引用ここまで


岡本羽加のバストアップセミナー

やはり栄養素を口から取り入れることですよ、育毛も発毛も。

漢方のノウハウを一言で言うと、

「気になる症状に対して実績のある良い栄養素を口から取り入れる」

ことなのです。

育毛漢方を突き詰めると、

髪の毛を育てる栄養素を口から取り入れる

ことになるのですね。

育毛食事の中身は野菜中心の食事です。
そして、

野菜スープ、野菜酵素、野菜ジュース等を活用していくことなのです。

髪の毛を育てることも、

バストを大きくすることも、

ツヤツヤ美肌を作るのも、

ダイエットも、

身長を伸ばすのも、

糖尿病を治すのも、

うつ病を治すのも、

白髪を治すのも、

どれも、これも、食事でできるのです。



髪の毛を生やすことに成功していないなら、育毛食事を実践しなければなりません。

そのためには、野菜酵素、野草酵素を飲む習慣を持ちたいのです。

野菜のチカラに感謝!


2013年は酵素を摂取して、髪の毛をぐんぐん増やしてください。。
タグ:育毛食事
posted by 育毛食事 at 20:19 | Comment(0) | 日記

2012年12月26日

育毛食事で円形脱毛症を予防せよ

育毛食事と食生活の改善による脱毛症予防




円形脱毛症は、よくストレスからくる症状であると言われるのですが、正確な要因はまだハッキリしていません。


私も円形脱毛症になった取引先の人(男性 年令45歳くらい)を知っていますが、


「なぜ、円形脱毛症になったのか」


は、本人でもわからないようです。



彼の上司は、自分の出世のみを目差す人なので、おそらくストレスであろうと、周りの人は話していますが、


私が本人に確認したところ、


「いや、そんなにストレスで苦しんだわけではない。食事の面で、良くないものが多かったのかも。自分に合わないものがあったために円形脱毛症になったのかとも思う」


と言っています。



彼も脱毛症によりハゲてから、2年くらいたちますが、髪の毛が復活する気配はないです。


それにしても、ハゲる前と、ハhゲてからでは、


まるで容貌が違っているのいるので、脱毛する前に彼を見ていたら、



とても同一人物とは思えないでしょうね。



ところで、彼は


「自分はストレスで円形脱毛になったのではないと思う」



と自己分析していましたが、




髪の毛に影響のあるストレスというのは精神的なものだけではなにのです。



食事の偏りなどの食生活においても、知らないうちに人間の体にはストレスが蓄積しています。



ハゲないために効果的な育毛食事をする事で、円形脱毛症などに強い体作りができるとされていますので、知識として知っておくべきでしょう。



ハゲ遺伝子を持っている人は、円形脱毛症にもなる恐れがあると私は考えます。




脱毛症にならないために、一番重要なのは栄養バランスを考える事です。



頭皮に良いとされている「亜鉛」「たんぱく質」「ビタミン」「ミネラル」などは不足しないように育毛食事の中に取り入れることが大事です。


もし、足りていないようであれば育毛サプリメントなどで補っておきたい。




育毛サプリであれば、必要な成分を直接選んで体内に吸収できるのです。



ただ、すべてを育毛サプリに頼るのではなく、あくまでも補助的な位置づけてほしい。



育毛や、脱毛予防の基本は食事から必要な栄養分を摂取する事にあります。




とくに、薄毛やハゲ対策では野菜を豊富に摂取することです。




野菜を手軽に摂取できるとして、青汁や野菜ジュースなどが最近では人気です。



ちなみに、ジュースにするときは、効果のある野菜ジュースを飲みましょう。




野菜成分を十分に保存できる方法で作ったジュースでないと、意味がなくなります。



具体的に言うと、スーパーマーケットなどで買うパック入りの野菜ジュースはあまりお勧めはしないです。


野菜ジュースでベストなのは、自宅でジューサーで野菜ジュースを作って飲むことです。



できることなら、ジュースより、野菜酵素や野菜スープが育毛のために良いですね。



そして、トータル的に栄養分を摂取できるような食事バランスを毎日続ける事です。



毎日の育毛食事が習慣になってくると、自然と円形脱毛症などに強い体が形成されているはずです。



食べるものこそが身体の、そして髪の毛の元気の源といえます。




ぜひ脱毛症対策に効果的な食生活ができるように工夫しましょう。

コンビニ弁当やファーストフード、レトルト食などで食事をすまさないようにすることです。
タグ:円形脱毛症
posted by 育毛食事 at 22:33 | Comment(0) | 円形脱毛症と食事

2012年12月22日

育毛食事における原因と結果の法則

育毛食事で野菜を食べるために。


薄毛やハゲを治すための育毛食事は野菜中心の食事なのです。


わかっていても食べるのが十分ではないのが野菜。




あなたのこの3日間の食事の中で、はたしてどのくらい野菜を食べているのでしょうか?


yubi-man01-2_l.png




育毛において「原因と結果の法則」は明確です。


野菜を食べないと髪は生えない。



「私は野菜を食べたいのだが、外食が多く、めったに野菜が食べられない」



というひとは、


「それなら、しかたない。ハゲるしかない」


というのが原因と結果の法則なのです。




野菜を多く食べると髪が生える可能性はグーンと高くなる。

肉類や魚類、単品の牛丼、カレー、そば、うどん、パスタやラーメンなどを多く食べる人が多い。



とくに昼食で。



なので、野菜を中心にした食事をする人は、あまりいません。


野菜が育毛食事において、重要なポイントを占めています。



もし、野菜を食べ過ぎたとしてもカロリーが非常に低いため、必要カロリー量を超える事もまずありません。



毎回の食事前に野菜を食べれるように食生活を見直しするだけで、髪の毛の成長に大事な栄養素も豊富に摂取できるようになります。



食事前に野菜を食べるという習慣は、注意すべき点もあります。



生の状態で食べても良いのですが、「冷え」る体質の人は注意です。



私も冷える体質なので、生野菜はあまり食べないです。



育毛には「冷え」は大敵ですからね。


野菜酵素や野菜スープなら、だれでも野菜成分が効果的に摂取できるのです。


プラセンタ+80種類もの野草酵素+フルーツ酵素【フルーツダイヤ】



結果、あなたの血液には、髪の毛が生えるパワーができてきます。

posted by 育毛食事 at 06:47 | Comment(1) | 原因と結果

2012年05月17日

育毛の基礎は野菜成分の摂取

育毛の基礎は野菜です。


私は占い師ではないですが、あなたの髪が生えるか、生えるかは、予想できます。


3つの質問でわかるのですよ。


1、毎日7時間以上眠っているか

2.心の平安を維持しているか

3.野菜を平均的な人の量を超えるレベルで摂取しているか


というものです。


とくに、3番の野菜は大事です。


言い訳や、贔屓目を排除して、素直に「野菜の摂取量」を判定してみましょう。


薄毛体質であるにもかかわらず、平均的な野菜摂取量、またはそれ以下なら、育毛は成功しないとみます。


お金を出して、野菜成分を効果的に摂取する必要があります。


野菜成分を一定レベルで摂取してこそ、育毛剤や発毛サプリメントも効果を発揮できます。


野草酵素などがよいのです。


私自身は2ヶ月前からですが、野草酵素を継続して飲んでいます。


118.JPG


この野草酵素の成分をみたら、健康情報に詳しい人なら、「これは!!」と感じるはず。


野草がたっぷりはいった、天然野草酵素飲料!




野菜スープを毎日作るのが困難なので、私は野草酵素を平成24年5月現在は、飲んでいます。


野菜成分が濃縮されており、気に入っています。
タグ:野菜育毛
posted by 育毛食事 at 21:55 | Comment(0) | 野菜成分