Fotolia_64007961_XS.jpg

2014年06月01日

育毛食事にサプリメントを加える

育毛食事が、なぜ、成功確率が高いのか?

なぜ、育毛剤に頼った育毛法では挫折している人が多いのか?

私にはよくわかります。

育毛に情熱をそそいだ30有余年の活動によって、そういうことがわかるのです。

実によくわかる。

「体得(たいとく)した」ともいえるでしょう。

これほどの情熱をもって会社の仕事にも励んで、仕事を体得していたら、今頃は部長くらいにはなっていたかもしれないですがねぇ。

それは、なかったな。

余談はともかく、昨日、平成26年5月末現在の育毛サプリを写真にとったのですよ。

IMGP1148.JPG
(26年5月末撮影)

我ながら、「ここまでやるべきなのか?」と言う感想を持ちました。

ここに写真に撮ったのはサプリメント系のものだけで、他にも、

コラーゲンやプラセンタ、ドクダミドリンク、核酸ドリンクなどドリンク系は冷蔵庫に置いてあるし、

スピルリナやレシチンは食卓の場所に置いてあるからね。

全部合わせると、すごい量だよ。

でも、まあ、あなたもご存じのように、

育毛に良いことは肌にも健康にもよい

という原則があるから、中高年になって、育毛に努力してきたことが報われる。

人間ドックも不安なし。


またまた、余談が続きました。


ここからが、本題。


私が30年以上の育毛生活で得た育毛の本質は、

1.身体は口に入れた食べ物でできている

2.髪の毛は身体の一部である

3.だから、髪の毛は食べたもので決まる

という三段論法ですよ。

育毛は食事できまる。

髪の毛は食べ物で決まる。


最近のベストセラーの本に、

「あなたの体は6か月前に食べたものでできている」

という内容が書かれていましたが、そのとおりだと共感しました。

私をハゲ恐怖から解放してくれた育毛本「みるみる髪が生えてくる」でも食べ物で育毛を進める内容でした。

で、結論としては、

育毛を成功させるには、育毛成分を口から取り入れて、その成分を血液の中に溶け込ませて、血液に乗せて、毛母細胞に届ける。

これが、育毛成功の法則なのです。


言いかえると、

育毛剤を頭に塗っても、血液に変化はないので、育毛効果が限定的。

また、頭皮に電気刺激を与えるという育毛治療器具にしても、血液に変化はない。

だから、限定的。


さらに、結論中の結論。

ハンバーガーとコーラを口に入れた場合の血液が、頭皮において髪の毛を生やすと本気で思えますか、ということですよ。

一方、

ブロッコリーやピーマン、そしてイワシや豆腐に加えて、ノコギリヤシ、プラセンタ、亜鉛成分などを口から取り入れて血液に溶け込んでいけば、いずれ髪が増えてくると考えたほうが「あたりまえ」なのですよ。


追伸で〜す。

冒頭の写真に写っているサプリの解説を以下のブログで解説していますので読んでみてください。

ブログ:「育毛サプリメント頂上決戦」



【育毛食事生活の最新記事】
posted by 育毛食事 at 11:03 | Comment(0) | 育毛食事生活

2014年04月15日

育毛によい食べ物

育毛によい食事、食べ物。 


細くなった髪がしっかりした太さの黒髪にもどるプルーンとカシスの赤ワイン漬け

細く弱弱しい髪が太くしっかりした髪質にかわると、

話題を呼んでいるプルーンとカシスの赤ワイン漬けをお知らせします。

はげ、薄毛は髪の毛がなくなるのではありません。

細く、弱弱しくなり、スケスケになっていくためです。

細くなるのでハゲて見えるのです。

髪の毛を太くする食べ物で、髪の毛のボリュームを増やしましょう。

プルーン、カシス、赤ワインがその使命を成し遂げるのです。

方法はカンタンです。

材料は、
ドライカシスを40グラム
ドライプルーンを250グラム
赤ワインを200ミリリットル
中国酢を100ミリリットル耐熱ガラスの容器に漬け込むだけ。
冷蔵庫の中で、漬けて3日くらいから食べ始めます。


体験者が雑誌に投稿していましたが、

「細い髪の毛が、太く、しっかりしてきた」

「髪の生え際に黒い髪が生えてきた」

などの体験談がでています。




私自身は、以前からプルーンをよく食べていました。

スーパーや健康食品の店でプルーンは容易に買えます。

「ミキ・プルーン」などは有名ブランドですね。

少し他のプルーンより値段は高いです。

私のプルーン体験は、薄毛、抜け毛を改善するのが目的でしたが、白髪にも効果があるようです。

育毛面では、かなり効果が出ているように体験上、思えます。

今回紹介した「プルーンとカシスの赤ワイン漬け」については、大学の教授が次のように評価しています。

「プルーンには植物繊維やベータカロテンが豊富に含まれています。ベータカロテンには体内で酸化をおさえるビタミンAに変わる物質です。頭皮の蒸れを防ぎ、健康な毛髪を保つ働きがあります。赤ワインに含まれるアントシアニンや、カシスに含まれるサクラネチンには、頭皮細胞の血流を改善する作用があります。これらの有効成分の相乗作用によって頭皮の血管が拡張し、育毛を助けたのでしょう」


頭皮の血管が拡張し、育毛を助けたのです。

育毛によいことは白髪にも、健康にも抜け毛対策にも良いのです。

私はプルーンとカシス、そして赤ワインの3点セットをオススメします。

白髪に関しては一気に黒髪に白髪が変わるものではありませんので、髪の毛を染める場合には、抜け毛を促進する市販の、チューブ入りの白髪染めでなく、通販で「ヘナ原料」の白髪染めを購入し、利用しましょう。

育毛には、育毛成分を含んだ食事を習慣化できるかどうかがカギとなります。
posted by 育毛食事 at 21:16 | Comment(0) | 発毛に良い食べ物

2014年04月05日

育毛 野菜スープ

髪の毛の育毛のために野菜スープの缶詰を、たまに私は通販で買っています。

ベータ食品株式会社の「野菜スープ」です。

関心のある方は、ネットで検索してみてください。

気に入ってます。1本は200円程度です。

野菜の栄養がたっぷり!ベータ食品 自然の恵み 野菜スープ245g×30本 A01【10P31Aug14】
(2年くらい前に「若返りにはゴボウが効果的だ」ということを実感しました。このスープにはゴボウが入っており、髪の毛の若返りにも満足できる。)

夏はジュース代わりに常温で飲みます。

冬はホットにして飲みます。

抜け毛には野菜スープが効く。

野菜と漢方は深い関係があります。

ダイコン、ゴボウ、ニンジン、シイタケを煮込んだ汁を飲むだけ。


今回とりあげるのは、一時期大ブームを呼んだ「野菜スープ」です。


ブームは過ぎましたが、その育毛効果は本物と私は判定しています。


『元祖病気治し汁 野菜スープが効く』 主婦の生活シリーズ発行 平成6年発刊という本なども家にありました。


きっとブームのときに買ったものです。


野菜スープは、多くの症状に効き目があり、抜け毛に対しても、効果があると体験談入りで紹介されているのです。


体験談は43歳男性。

10年前から前髪が薄くなってきて気にしていた。

その男性は次のように、野菜スープの育毛効果を語る。


〜引用ここから〜


「抜け毛がおさまり、なんと最近は産毛が生えてきました。

若返り現象で、毛根が活発に活動しだしたのが自覚されます。

さらに天然パーマのような髪質の悪い縮れ毛が、このごろはまっすぐな健康な毛になってきました。

そういえば、ストレス性の下痢も治り、習慣化しつつあったギックリ腰まで、最近は影をひそめてしまいました」


〜引用 ここまで〜


この体験者は、1日最低マグカップ1杯を飲むという。一時期、この野菜スープは大人気であったが、発案者が少しいかがわしい人物であり、そのことが一つの原因で人気は下火になったという私の記憶があります。

もったいないことです。


以前にも(平成19年はじめ)、納豆がダイエットに効くというのがテレビ局の「やらせ」だったということで、爆発的な人気のあと、急速に納豆の評価が下がるという出来事がありました。


決して納豆のパワーは少なくないのに、そんなことで関心をもった納豆をたべなくなる、というのはもったいない。


この野菜スープも同じ。


薄毛対策をはじめ、体にとって悪いはずがないのです。


ハゲにも効くことは決まっています。



ところで、一時期(平成16年ころ)、ネット上で「ハゲなんか、すぐ治る。野菜ジュースを毎日飲めばよい」という発言をもとに論議が起こっていました。


「ホントかウソか」


スープとジュースでは、効能は少し違いますが、関連あることなので、私見を述べたいと思う。


野菜ジュースだけで髪の毛が生えるとは、私は、思いません。

しかし、コーラや缶コーヒーを飲むのと、野菜ジュースを飲むのとで、髪の毛にどういう違いが起こるかを考えれば、答えは明白じゃないですか。


飲む人が、遺伝的若ハゲの体質でなければ、どちらも大きな違いが髪の毛に現れることはないかもしれません。


でも、遺伝的に抜け毛体質の人にとっては、「コーヒーを飲むのか、野菜ジュースを飲むのか」、運命の分けれ目となります。


若ハゲ体質の人が毎日2回、どちらかの飲み物を飲むとした場合に1年後は? さらに5年後は? 10年後は?


確実に大きな差になって髪の毛に反映されるはずです。


ネット上では「野菜ジュースなんかでは髪は生えない」という反対意見も多かったのですが、


私は以上の見地から、「同じ飲むなら野菜ジュースを選べば髪のためによい」と判定します。


更にいうならば、私としては「野草酵素」を強く推薦します。

野草がたっぷりはいった、天然野草酵素飲料!



野菜不足解決に役立つからです。


髪の毛を増やすには、情報を大量に仕入れ、少しずつこうしたことを積み重ねる必要があるのです。


しかしそのことは、後になって、大きな見返りがあるのです。


のどが渇き、何か飲みたくてコンビニに入ったとき、あなたが、遺伝的薄毛体質であったなら、缶コーヒーではなく、ニンジンジュースなどの野菜ジュースを選択すべきなのです。


ちなみに、野菜スープの作り方はカンタンです。

ダイコン、ニンジン、ゴボウ、シイタケを煮込んだ汁を飲むだけです。

私は薄毛が進行した昭和56年に、特製の野菜スープを作って飲みました。


ブロッコリー、スプラウト、ニンジン、ピーマンなどを入れて作ります。


これが、ハゲ゙要因を抑えつけたと感じています。


posted by 育毛食事 at 23:11 | Comment(0) | 育毛 野菜スープ

2014年03月29日

育毛食事と脱毛食事

抜け毛と食事の関係


抜け毛相談シリーズ その3「この食事に注意。」


質問

育毛食事で注意することを解説してください。



(回答)

いままで、発毛、育毛に効果のある食事をみてきました。しかし、食事については、さらに、重要なことがあるのです。

それは、マイナスを防ぐこと、すなはち、抜け毛を早める食事をしてしまうことをストップすることです。


食事が原因で髪が抜け落ちてしまう恐れのあるものをあげましょう。

まず、過食です。


食事の量をとりすぎると、消化機能を起こし、脾と胃を傷めてしまうのです。

消化機能が減退してしまいますと、育つはずの頭毛が育つことができません。

脱毛の原因となる食事の第二は、


体を冷やすもの。

トマト、キュウリ、ビール、なし、すいか、アイスクリームなど。

栄養分が体内に取り込むことができなくなり、髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

体は温めるべきなのです。足湯などは非常によいのです。


脱毛を呼ぶ食事その3番目は、

刺激物である。


酒、タバコ、ネギ、香辛料など。

刺激物を摂ることで、体は正常に機能しなくなる。そうなると、当然、育毛効果はみられなくなる。

ハゲをよぶ第4のもの。それは、油っこいものである。

ベトベトしたもの、動物性の脂肪たっぷりのものなどが該当する。

せっかく育とうとしている髪の毛も、育つ力を一気に失ってしまうのが、油っこい食事である。

空腹をみたすだけでなく、頭髪の復活をめざすなら、


以上の4項目に該当する食事を避けなければいけないのです。


髪の毛を増やす食べ物をとりつつ、抜け毛を招くものはやめることですね。


当然ですが、マイナス面を防ぐことと、一方で、プラス面を促進することです。


おそらく、あなたには野菜成分がプラス面を増やすには必要だと私は予想します。


回生堂のコラーゲンのなかに「ミレットベジタ」というのがあります。


分け目に自信!カイセイ堂飲む育毛剤『ミレットシリーズ』



野菜が不足する人には、この「ミレットベジタ」コラーゲンなどがよいです。
posted by 育毛食事 at 07:17 | Comment(0) | 脱毛食事

2014年03月16日

若ハゲと食べ物

育毛食事で髪の毛は生えます。
これは、確信なのです。
揺るぎようがない、私の実感。

最近ベストセラーになった本の帯に、

「あなたの体は6か月前に食べたものでできている」

というような内容の言葉がかかれていました。
これは、そのとおりなのです。

漢方の育毛の考えでも、髪の毛は食べたものによって変化することが基本なのです。
今日、ネットで面白いサイトをみつけました。

食べ物と人の顔の関係を解説していますね。


「食べ物で顔は変わる!?」様のホームページ

「若ハゲ」を食べ物で治す方法が記載されています。

基本的な部分は、私もこの考えに近いです。
共感します。

髪の毛は食べ物で変わるのです。
育毛食事を毎日続けると、いずれ発毛成果が出てくる。


ところが、なかなか毎日育毛食事をすることができない。
だから、生やすことができない人が多いのです。

そういう人はお金を出して野菜成分を摂ることを考えないといけない。
まずは、回生堂のミレットシリーズのなかの「ミレットベジタ」を飲むことです。

ケラチンの合成を助けます!飲む育毛剤カイセイ堂『ミレットシリーズ』



posted by 育毛食事 at 18:10 | Comment(0) | 若ハゲ

2014年02月26日

育毛食事と核酸発毛法

育毛食事により薄毛を治すには心身を若返らせることです。
そして、若返ることで髪の毛も若返り、髪が復活するということなのです。
髪の毛のトラブル、つまり薄毛、ハゲ、抜け毛、白髪などは、朝・昼・晩の食事の影響が大きいのです。

あなたは、いったい毎日何を食べているでしょうか。
納豆とキムチ。あるいはカップヌードルあるいはコーラとハンバーガー。
あるいはイワシとブロッコリー。
そんな毎日毎日の食事が、あなたの髪の毛をいつまでも若若くしたり、あるいは老化を早めているわけですよ。

脱毛によるハゲは、やはり遺伝なのですが、その遺伝の影響を強める食事。
あるいは遺伝の影響を抑制する食事があるのです。
そして、それらは、ある程度わかっているのです。
また、クスリも開発されていて、プロペシアはハゲの遺伝子の影響を抑制できるのです。

では、若返るには何が大事なのでしょうか?
いつもいっている「核酸」なのです。
「老化は食べ物が原因だった」という若返り方法の名著で、フランク博士は、「額がせり上がる、頭のてっぺんが薄くなる、あるいはいままで太かった髪が急に細くなるというのは頭髪が老化した明確な証拠である」と言っています。
そしてそれを防ぐには、核酸を摂取して細胞分裂を活発化させる必要があるといっているのです。

5大育毛法の一つである核酸による育毛法は大事なノウハウなので、実行すべきです。

posted by 育毛食事 at 16:31 | Comment(0) | 育毛食事

2014年02月11日

育毛食事の医学的根拠

育毛が証明された近畿大学の研究。
ブロッコリー、スプラウトの育毛効果が証明された
というのですね。

平成26年2月4日の朝日新聞です。

育毛食事の医学的根拠。
育毛食事は漢方の知恵の中から生まれたものなのです。
すなはち「経験則」です。

「こういうものを食べたら、髪が生える」

という経験をもとに育毛漢方は成り立っています。

さて、育毛漢方の中でももっとも重要な野菜成分。
このブログのトップページに書いていますので、読んでくださいね。


>>>育毛食事は野菜スープなのだ

さて、朝日新聞のニュースに

「ブロッコリー、スプラウトの育毛効果が証明された」

と出ています。

>>>http://www.asahi.com/articles/ASG244VPLG24ULFA01P.html


32年前に育毛漢方の教えである育毛食事を実行してハゲからの生還をしたわけですが、

「医学的にも育毛食事の根拠が、今回証明されたわけだな」

と感慨深いですね。

素直に野菜スープを飲めば生える。
ところが誤って育毛剤という方法に固執した人たちはハゲた。
この昭和56年から今日まで、友人知人の頭髪の変遷を見てきましたからわかるのですよ。

漢方の育毛法によって、口から育毛成分と呼ばれる栄養素をとることが大事なのです。
今回の近畿大学の研究は、あらためて、野菜の重要性をわからせてくれたのです。
まあ、育毛や薄毛対策にブロッコリーやスプラウトがよいことは、体験的にはみんな知っていたのです。

しかーし!!

「知っているのに実行しないから、なかなか髪の毛が生えない」

という事実。

野菜成分で髪を生やしましょう
野菜成分で髪を生やしましょう
野菜成分で髪を生やしましょう

何度でも言いたいね。

野菜成分を補い髪を育てるには、

回生堂のミレットコラーゲンのなかの一つ「ミレット・ベジタ」を飲むことですよ。

飲む育毛剤カイセイ堂『ミレットシリーズ』



ミレットベジタを飲むことですよ
ミレットベジタを飲むことですよ
ミレットベジタを飲むことですよ

大事なことを言っても聞き流す人が多いので、3回言いました。
posted by 育毛食事 at 09:56 | Comment(0) | 医学的根拠

2014年01月04日

育毛食事になぜ、野菜成分が重要なのか

私がハゲはじめたときに救ってくれたのが、
高橋由美子先生の著書「みるみる髪が生えてくる」でした。
読後、一番印象に残った感想は、

「今日から、育毛食事として、今までの2倍は野菜を食べないといけないな」

という率直な気持ち。

なぜ、野菜が育毛に良いかは、あまり考える必要はありません。

Fotolia_49859549_XS.jpg

漢方の考えでは、
「こうすれば、こうなる」

という考えが大事です。

「野菜を食べないと、髪の毛は生えない」

ということです。

「野菜を食べれば、髪が生える」

ではないです。


なぜ、野菜が髪の毛や身体の健康に良いのか。
昔から「健康のためには野菜を食べよう」という言葉は聞かされてきました。
少し、調べてみましょう。
薄毛に悩んだときに、

育毛するには活性酸素を抑える必要がある。

活性酸素を抑える成分を含む育毛食事によって、活性酸素を抑えるのです。
ビタミンE、ビタミンCなどがよく知られています。
また、緑黄色野菜に多く含まれるβカロチンにも、強力な活性酸素抑制のパワーがあります。
野菜(特に緑黄色野菜)を摂る理由はここにも関連します。

身体を老化させる活性酸素を抑えるには野菜が必要なのです。

厚生労働省によると、野菜の目標摂取量は1日350g、緑黄色野菜はそのうち1日120g摂ることを推奨しています。

ところが、現代の日本人はとてもそのレベルまで緑黄色野菜を摂れていません。(100g弱程度)
薄毛やハゲの人が100g程度の野菜接種にとどまるようだと、髪の毛が生えるはずがないのです。
抗酸化作用を持つ緑黄色野菜のカロテノイドを積極的にとり、
若さを保ち、育毛を目指すべきなのです。

野菜・果物の機能としては、
1.ビタミン、ミネラルの供給

2.カロリーや脂肪が少ないので、頭皮の皮脂を増加させない。

3.様々な機能性成分を含んでいるので、各種疾病のリスクを低下させる

人間の体は自身の力だけで作れる栄養素もありますが、作れないものもありますからね。

ビタミン類などは作れないものが多いのです。

また髪の毛を育てるには、さまざまな栄養素が必要なのです。
それらが含まれている栄養素の多くが野菜にあるので、髪の毛のために良いわけです。
野菜を摂らずに肉中心の食生活を続けていると当然ハゲが促進されますし、薄毛、脱毛にもつながります。
薄毛のためには育毛食事としての野菜がよいと言っても、知識だけでは無力。

大事なことは、

「ピーマンやニンジン、ブロッコリーなどの野菜を食べる」
という行動、つまり実践です。

実践が大事です

そして、平均的な日本人の2倍以上の野菜を摂ることができないなら、野菜酵素などを検討したらいいのです。
酵素の質が違う。88の酵素原料

生きた野菜酵素が、身体を改善します。
posted by 育毛食事 at 18:13 | Comment(0) | なぜ、野菜成分