育毛食事,育毛の食べ物

育毛の基本は食事です。昭和56年にハゲ遺伝子が荒れ狂う中、ハゲ絶望感から私を救ってくれた食事を公開します。3カ月で髪が生えるので、あなたの薄毛不安は消え、安心感につつまれるのです。

Fotolia_64007961_XS.jpg

記事一覧

No Image

脱毛食事
抜け毛と食事の関係抜け毛相談シリーズ その3「この食事に注意。」質問育毛食事で注意することを解説してください。(回答)いままで、発毛、育毛に効果のある食事をみ…

記事を読む

No Image

若ハゲ
育毛食事で髪の毛は生えます。これは、確信なのです。揺るぎようがない、私の実感。最近ベストセラーになった本の帯に、「あなたの体は6か月前に食べたものでできている…

記事を読む

No Image

育毛食事
育毛食事により薄毛を治すには心身を若返らせることです。そして、若返ることで髪の毛も若返り、髪が復活するということなのです。髪の毛のトラブル、つまり薄毛、ハゲ、…

記事を読む

No Image

医学的根拠
育毛が証明された近畿大学の研究。ブロッコリー、スプラウトの育毛効果が証明されたというのですね。平成26年2月4日の朝日新聞です。育毛食事の医学的根拠。育毛食事…

記事を読む

育毛食事になぜ、野菜成分が重要なのか

なぜ、野菜成分
私がハゲはじめたときに救ってくれたのが、高橋由美子先生の著書「みるみる髪が生えてくる」でした。読後、一番印象に残った感想は、「今日から、育毛食事として、今まで…

記事を読む

薄毛対策に良い食事をしよう

育毛栄養学
薄毛対策というと、服薬治療やサロン通いを思い浮かべる方も多いかもしれません。しかし、費用も掛かるので、まずはできる範囲のことで対策を立ててみたいものです。髪の…

記事を読む

育毛食事の常識としての栄養素たち

育毛食事
育毛食事の常識としての栄養素解説薄毛を治すには、育毛に役立つ栄養素を暗記しておくことです。まあ、努力しなくとも、育毛の常識なので、いずれ頭に入りますが。1、抜…

記事を読む

髪が生えるための栄養素で薄毛解消だ

栄養素
髪の毛を生やしたい人への私の体験からの情報提供ブログです。髪の毛は身体の一部です。身体は口から取り入れる栄養分で変化します。食べ物によって人の体が作られている…

記事を読む

育毛食事と脱毛食事

抜け毛と食事の関係


抜け毛相談シリーズ その3「この食事に注意。」


質問

育毛食事で注意することを解説してください。



(回答)

いままで、発毛、育毛に効果のある食事をみてきました。しかし、食事については、さらに、重要なことがあるのです。

それは、マイナスを防ぐこと、すなはち、抜け毛を早める食事をしてしまうことをストップすることです。


食事が原因で髪が抜け落ちてしまう恐れのあるものをあげましょう。

まず、過食です。


食事の量をとりすぎると、消化機能を起こし、脾と胃を傷めてしまうのです。

消化機能が減退してしまいますと、育つはずの頭毛が育つことができません。

脱毛の原因となる食事の第二は、


体を冷やすもの。

トマト、キュウリ、ビール、なし、すいか、アイスクリームなど。

栄養分が体内に取り込むことができなくなり、髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

体は温めるべきなのです。足湯などは非常によいのです。


脱毛を呼ぶ食事その3番目は、

刺激物である。


酒、タバコ、ネギ、香辛料など。

刺激物を摂ることで、体は正常に機能しなくなる。そうなると、当然、育毛効果はみられなくなる。

ハゲをよぶ第4のもの。それは、油っこいものである。

ベトベトしたもの、動物性の脂肪たっぷりのものなどが該当する。

せっかく育とうとしている髪の毛も、育つ力を一気に失ってしまうのが、油っこい食事である。

空腹をみたすだけでなく、頭髪の復活をめざすなら、


以上の4項目に該当する食事を避けなければいけないのです。


髪の毛を増やす食べ物をとりつつ、抜け毛を招くものはやめることですね。


当然ですが、マイナス面を防ぐことと、一方で、プラス面を促進することです。


おそらく、あなたには野菜成分がプラス面を増やすには必要だと私は予想します。


回生堂のコラーゲンのなかに「ミレットベジタ」というのがあります。


分け目に自信!カイセイ堂飲む育毛剤『ミレットシリーズ』



野菜が不足する人には、この「ミレットベジタ」コラーゲンなどがよいです。

若ハゲと食べ物

育毛食事で髪の毛は生えます。
これは、確信なのです。
揺るぎようがない、私の実感。

最近ベストセラーになった本の帯に、

「あなたの体は6か月前に食べたものでできている」

というような内容の言葉がかかれていました。
これは、そのとおりなのです。

漢方の育毛の考えでも、髪の毛は食べたものによって変化することが基本なのです。
今日、ネットで面白いサイトをみつけました。

食べ物と人の顔の関係を解説していますね。


「食べ物で顔は変わる!?」様のホームページ

「若ハゲ」を食べ物で治す方法が記載されています。

基本的な部分は、私もこの考えに近いです。
共感します。

髪の毛は食べ物で変わるのです。
育毛食事を毎日続けると、いずれ発毛成果が出てくる。


ところが、なかなか毎日育毛食事をすることができない。
だから、生やすことができない人が多いのです。

そういう人はお金を出して野菜成分を摂ることを考えないといけない。
まずは、回生堂のミレットシリーズのなかの「ミレットベジタ」を飲むことです。

ケラチンの合成を助けます!飲む育毛剤カイセイ堂『ミレットシリーズ』



 カテゴリ

育毛食事と核酸発毛法

育毛食事により薄毛を治すには心身を若返らせることです。
そして、若返ることで髪の毛も若返り、髪が復活するということなのです。
髪の毛のトラブル、つまり薄毛、ハゲ、抜け毛、白髪などは、朝・昼・晩の食事の影響が大きいのです。

あなたは、いったい毎日何を食べているでしょうか。
納豆とキムチ。あるいはカップヌードルあるいはコーラとハンバーガー。
あるいはイワシとブロッコリー。
そんな毎日毎日の食事が、あなたの髪の毛をいつまでも若若くしたり、あるいは老化を早めているわけですよ。

脱毛によるハゲは、やはり遺伝なのですが、その遺伝の影響を強める食事。
あるいは遺伝の影響を抑制する食事があるのです。
そして、それらは、ある程度わかっているのです。
また、クスリも開発されていて、プロペシアはハゲの遺伝子の影響を抑制できるのです。

では、若返るには何が大事なのでしょうか?
いつもいっている「核酸」なのです。
「老化は食べ物が原因だった」という若返り方法の名著で、フランク博士は、「額がせり上がる、頭のてっぺんが薄くなる、あるいはいままで太かった髪が急に細くなるというのは頭髪が老化した明確な証拠である」と言っています。
そしてそれを防ぐには、核酸を摂取して細胞分裂を活発化させる必要があるといっているのです。

5大育毛法の一つである核酸による育毛法は大事なノウハウなので、実行すべきです。

育毛食事の医学的根拠

育毛が証明された近畿大学の研究。
ブロッコリー、スプラウトの育毛効果が証明された
というのですね。

平成26年2月4日の朝日新聞です。

育毛食事の医学的根拠。
育毛食事は漢方の知恵の中から生まれたものなのです。
すなはち「経験則」です。

「こういうものを食べたら、髪が生える」

という経験をもとに育毛漢方は成り立っています。

さて、育毛漢方の中でももっとも重要な野菜成分。
このブログのトップページに書いていますので、読んでくださいね。


>>>育毛食事は野菜スープなのだ

さて、朝日新聞のニュースに

「ブロッコリー、スプラウトの育毛効果が証明された」

と出ています。

>>>http://www.asahi.com/articles/ASG244VPLG24ULFA01P.html


32年前に育毛漢方の教えである育毛食事を実行してハゲからの生還をしたわけですが、

「医学的にも育毛食事の根拠が、今回証明されたわけだな」

と感慨深いですね。

素直に野菜スープを飲めば生える。
ところが誤って育毛剤という方法に固執した人たちはハゲた。
この昭和56年から今日まで、友人知人の頭髪の変遷を見てきましたからわかるのですよ。

漢方の育毛法によって、口から育毛成分と呼ばれる栄養素をとることが大事なのです。
今回の近畿大学の研究は、あらためて、野菜の重要性をわからせてくれたのです。
まあ、育毛や薄毛対策にブロッコリーやスプラウトがよいことは、体験的にはみんな知っていたのです。

しかーし!!

「知っているのに実行しないから、なかなか髪の毛が生えない」

という事実。

野菜成分で髪を生やしましょう
野菜成分で髪を生やしましょう
野菜成分で髪を生やしましょう

何度でも言いたいね。

野菜成分を補い髪を育てるには、

回生堂のミレットコラーゲンのなかの一つ「ミレット・ベジタ」を飲むことですよ。

飲む育毛剤カイセイ堂『ミレットシリーズ』



ミレットベジタを飲むことですよ
ミレットベジタを飲むことですよ
ミレットベジタを飲むことですよ

大事なことを言っても聞き流す人が多いので、3回言いました。

育毛食事になぜ、野菜成分が重要なのか

私がハゲはじめたときに救ってくれたのが、
高橋由美子先生の著書「みるみる髪が生えてくる」でした。
読後、一番印象に残った感想は、

「今日から、育毛食事として、今までの2倍は野菜を食べないといけないな」

という率直な気持ち。

なぜ、野菜が育毛に良いかは、あまり考える必要はありません。

Fotolia_49859549_XS.jpg

漢方の考えでは、
「こうすれば、こうなる」

という考えが大事です。

「野菜を食べないと、髪の毛は生えない」

ということです。

「野菜を食べれば、髪が生える」

ではないです。


なぜ、野菜が髪の毛や身体の健康に良いのか。
昔から「健康のためには野菜を食べよう」という言葉は聞かされてきました。
少し、調べてみましょう。
薄毛に悩んだときに、

育毛するには活性酸素を抑える必要がある。

活性酸素を抑える成分を含む育毛食事によって、活性酸素を抑えるのです。
ビタミンE、ビタミンCなどがよく知られています。
また、緑黄色野菜に多く含まれるβカロチンにも、強力な活性酸素抑制のパワーがあります。
野菜(特に緑黄色野菜)を摂る理由はここにも関連します。

身体を老化させる活性酸素を抑えるには野菜が必要なのです。

厚生労働省によると、野菜の目標摂取量は1日350g、緑黄色野菜はそのうち1日120g摂ることを推奨しています。

ところが、現代の日本人はとてもそのレベルまで緑黄色野菜を摂れていません。(100g弱程度)
薄毛やハゲの人が100g程度の野菜接種にとどまるようだと、髪の毛が生えるはずがないのです。
抗酸化作用を持つ緑黄色野菜のカロテノイドを積極的にとり、
若さを保ち、育毛を目指すべきなのです。

野菜・果物の機能としては、
1.ビタミン、ミネラルの供給

2.カロリーや脂肪が少ないので、頭皮の皮脂を増加させない。

3.様々な機能性成分を含んでいるので、各種疾病のリスクを低下させる

人間の体は自身の力だけで作れる栄養素もありますが、作れないものもありますからね。

ビタミン類などは作れないものが多いのです。

また髪の毛を育てるには、さまざまな栄養素が必要なのです。
それらが含まれている栄養素の多くが野菜にあるので、髪の毛のために良いわけです。
野菜を摂らずに肉中心の食生活を続けていると当然ハゲが促進されますし、薄毛、脱毛にもつながります。
薄毛のためには育毛食事としての野菜がよいと言っても、知識だけでは無力。

大事なことは、

「ピーマンやニンジン、ブロッコリーなどの野菜を食べる」
という行動、つまり実践です。

実践が大事です

そして、平均的な日本人の2倍以上の野菜を摂ることができないなら、野菜酵素などを検討したらいいのです。

生きた野菜酵素が、身体を改善します。
 カテゴリ
 タグ

薄毛対策に良い食事をしよう

薄毛対策というと、服薬治療やサロン通いを思い浮かべる方も多いかもしれません。


しかし、費用も掛かるので、まずはできる範囲のことで対策を立ててみたいものです。



髪の毛を育てるためには、食事の質を高めることが重要です。



私の昭和56年からの育毛成果の到達点は、ここなのですよ。



いままで薄くなる一報だった髪の毛に対して、「発毛スイッチ」をオンにするには、食べ物なのです。



5.jpg


最新のアンチエイジングの研究でわかったことは、


「脳は血液の状態から、自分が何歳であるかを判断する」というのです。



だから、食べ物が大事なのです。


漢方育毛法においても、



「髪の毛は血液からできてくる」


という解釈をしてきました。



昔からそういうふうに漢方では考えていた。




すばらしい直観というか、洞察力ですよね!!



つまり、結論を言えば、



血液を髪の毛が生える健康な内容の血液にすれば、



あなたの脳が


「自分はまだ若いから、髪の毛も多くあるべきなのだ」


と判断します。


そうすると髪の毛が増えてくるのですよ。



だから、育毛成分を口から摂取して、血液を良好なものにしたいのです。



また、



食事の時間が不規則だったり、外食が多い場合には、できるだけ決まった時間に自宅で摂るようにしていきましょう。


3食でバランスを取るという観点から、オフィスでの昼食も外食ではなく、お弁当を持参すると内容が改善されます。



薄毛対策のため、特に気を付けたいのは、油ものの摂り過ぎに注意することと、アルコールを飲みすぎないことです。



脂っこいものを食べすぎると皮脂の分泌が活発になり、毛穴が詰まりがちになります。




また、アルコールは少量ならリラックス効果もありますし、血行も良くなりますが、




摂取しすぎると分解しきれなくなったアセトアルデヒドが男性型脱毛を促すDHTを増加させてしまう恐れがあります。


食事内容については、特定のものに偏らず、まんべんなく栄養を摂取することで、相互に吸収が良くなります。




ビタミンやミネラル、たんぱく質など必要な栄養素を意識するとともに、




夕食は早めの時間に済ませると、成長ホルモンが効率的に分泌され、髪の毛にも良い影響があります。



追伸


ドクダミ成分、ごま、レシチン

を摂取し、血液に溶け込ませましょう。


これであなたの「血」は髪の毛を育てるパワーを持った血液となり、



それが毛母細胞に到達して、髪の毛を増やす働きをするのです。

 カテゴリ

育毛食事の常識としての栄養素たち

育毛食事の常識としての栄養素解説




薄毛を治すには、育毛に役立つ栄養素を暗記しておくことです。



まあ、努力しなくとも、育毛の常識なので、いずれ頭に入りますが。



5.jpg




1、抜け毛対策の為に摂りたい栄養素は?



髪の毛に育毛剤や発毛剤などを塗布することも薄毛・抜け毛対策のひとつですが、



やっぱり人の身体を作っているのは食べ物ですから、髪の毛を育てるのに必要な栄養素をしっかりと取り入れるようにしましょう。




抜け毛対策で摂っておきたい栄養素は



タンパク質、


亜鉛、



ビタミンB群、



ビタミンA、C、E、



イソフラボン、



プラセンタ



コラーゲン


ノコギリヤシ



カプサイシンなど。



最近ではコラーゲンの摂取によって髪の毛を太くする効果があることがわかっています。



そのため、コラーゲン育毛の人気が急上昇中ですね。



上にあげた栄養素を普段から意識しておきたいですね。





2、具体的に食べておきたい食べ物たち



髪の毛が育つのに必要な栄養素はどんな食物に含まれているのでしょうか。



タンパク質は肉類や魚類、乳製品や卵、大豆などです。




納豆や豆腐にも植物性のタンパク質が含まれており、これらの摂取は薄毛に悩む人は欠かせません。





亜鉛はアーモンドや海藻類から摂取できます。



ビタミン類は野菜や果物などから摂取可能。



イソフラボンは大豆製品でカプサイシンは唐辛子に多く含まれています。




キムチなどが食べやすいかもしれません。




コラーゲンは鮭やうなぎ、牛すじ、鶏皮や軟骨など。



豚足もいいでしょう。



ただし、コラーゲンに関しては、私の体験ではドリンクタイプが効果が早いです。



3、育毛サプリメントとのバランスを考えよう




栄養素は基本、食物から摂取する意識は大切にしましょう。



サプリだけではよくないのは当然だからね。



食事でならいろいろな栄養素をいっぺんに取り入れることができるからです。




肉や魚にはタンパク質、ビタミン類、コラーゲンが入っていますから、是非積極的に食べて欲しいものです。



しかしそれが難しい人もいるでしょう。



忙しかったり食欲が無かったりなど。そういった時にはサプリメントに頼るのもいいかもしれません。




ただ、薄毛対策や抜け毛対策用のサプリメントも悪くはないのですが、



自分に不足していると思われる栄養素の入っているサプリメントを選んで飲んだ方が効率的にはいいと思われます。



育毛サプリメントではボストンまたはフェルサがよいでしょう。


食事だけでは育毛成分は十分に取れないので、サプリにより補助が必要なのです。
 カテゴリ
 タグ

髪が生えるための栄養素で薄毛解消だ

髪の毛を生やしたい人への私の体験からの情報提供ブログです。



髪の毛は身体の一部です。


身体は口から取り入れる栄養分で変化します。



食べ物によって人の体が作られているといっても過言ではありません。


体に良い食べ物を食べていれば体も健康になりますし、悪い食べ物ばかり食べていれば当然体の状態は悪くなっていきます。



3.jpg



自分では体の中までチェックすることができませんので、常にバランスの取れた食生活を意識することが大切です。



最近では乱れた食生活が原因で若いうちから薄毛になる方が増えてきているのです。



お菓子や脂っこい食べ物ばかりでは栄養が足りませんし体に毒素ばかり溜まってしまいます。




育毛をするのであれば髪の毛のために良い食べ物を食べることが大切なのです。




たとえば人間の体、主に筋肉や髪の毛を生成しているのはたんぱく質ですから必ず毎日摂取する必要があります。



たんぱく質が多く含まれているのは牛乳や豆腐、鶏肉など。



またビタミンも育毛には欠かせません。



ビタミンB2は髪を育て、ビタミンEは血行を良くしてくれます。



他にも亜鉛が含まれている食材も重要。



うなぎやレバーなどは髪に良い栄養が豊富に含まれています。



さて、以上が基礎部分です。



ここまで読み続けていただいたので、あなたには育毛成功の奥義とでもいう部分を説明しましょう。

ここから、非常に大事ですよ。



私の経験では「基礎」だけではなかなか満足のいく育毛実績はあがりません。



育毛本によく書いている「育毛にはバランスのとれた食事が大事」とありますが、



それだけでは生えないです。(キッパリ!!)



基礎部分にプラスする「育毛成分」とでも呼ぶべきものがあり、それを摂取することで、髪の毛が生えてくるのですよ。



詳しくは「5大育毛法」の記事を読んでください。



5大育毛法記事



育毛成分を摂らないと髪が増えないです。



シャンプーや育毛剤を、あれやこれやと、こねくり回しても、髪は生えないのです。


先日(平成25年10月)、シャンプーをやめたら、髪が生えるという本を読みました。






内容は、シャンプーが薄毛やハゲ原因なので、水洗いにしたら髪の毛が増えるという内容です。



関心のある方は、私の読書レビューをお読みください。




育毛本レビュー「シャンプーをやめたら髪の毛が増える」
http://stophage.minanotame.net/?eid=1227647



まあ、私の経験からは、ハゲ遺伝子を持っていたら、水洗いにしようが、どうしようが、




そんな単純なものではないのですよ!!



髪の毛を生やすということは!!!



私は断言します。




髪の毛を確実の生やす原則は、



「口から取り入れた育毛成分を血液に溶け込ませ、毛母細胞に到達させる」



ということなのですよ!!



シャンプーを止めて、水洗いにしても、血液に変化なければ、成果がでないわけですよ。



口から取り入れる栄養素が大事なのです。



このなかでも、私が欠かさず実践している「ドクダミ、ごま、レシチン育毛法」を解説します。



まあ、解説するというほどのものでもなくて、



ドクダミ


ゴマ



レシチン



を摂取すると髪が生えるというノウハウです。



関心のある方は、



1.ドクダミ育毛:理論編ブログ

2.ドクダミ育毛:書籍レビュー編



を、ぜひ、お読みください。
 カテゴリ
 タグ
Copyright © 育毛食事でみるみる髪が生えてきた All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます