Fotolia_64007961_XS.jpg

2015年05月08日

育毛食事で生える100円ショップ活用編

「育毛食事でみるみる髪が生えてきた」を愛読いただきありがとうございます。

さて、今日からしばらく「育毛食事100円ショップ編」を解説していきます。


あなたは100円ショップを利用しますか?

私は週に2回くらいは店に入りますね。

文具品などのちょっとしたものを買ったり、お菓子類やジュースを買います。

予想外の雨が降ってきたらレインコートを購入したりもします。(自転車で会社通勤しています)

で、

100円ショップに入ると、育毛食事のために役立つ商品も数多くあるんですね。

髪の毛が生えるためには、あらゆる場面で「生える」選択をしなくてはなりません。

あなたも是非、そうしてください。

では、さっそく育毛食事「100円ショップ編」として、第1回目をいってみよ〜!!

IMGP1226.JPG

カボチャの種です。

カボチャの種のスナックです。

「カボチャの種のお菓子を食べると髪の毛がフサフサになる」

などとは言いません。

育毛はそんなに生易しくはないからね。

でも、

あなたの育毛をサポートする食べ物なのは間違いない。


では、カボチャの種を食べると、どんな効果かがある?


ずばり!!ハゲ要因を抑え込む効能があるのです。

カボチャの種には薄毛の要因を押さえつけてくれる作用があるのです。

だから食べるべき「100円ショップ商品」の代表なのです。

では、ネット上でどんな評価があるのか、見てみましょうか?

平成27年5月8日現在では、数多くのサイトがヒットしますねぇ。

やはり、

育毛食としてのカボチャの種はかなり知られた存在なのですね!!

1.「飲む育毛剤の効果」様のブログ

http://miretto-mens.seesaa.net/article/380419004.html

ハゲ要因であるDHTを抑制する効果について解説しています。


2.「育毛ブログ」様

http://www.ikumou-blog.info/foods/201306150746.html

このブログもカボチャの種が5αリダクターゼに対する薄毛化の働きをすることをわかりやすく解説しています。


3.「ロケットニュース24」様

http://rocketnews24.com/2014/04/07/429697/

このホームページにはカボチャの種を自宅で食べる方法を写真で解説しています。

「かぼちゃでフッサフッサを目指そう」と書いていますね。


さて、あなたが覚えておくことは、

「100円ショップに行ったら、カボチャの種スナックを買おう」

ということです。

こうした小さな「育毛実践」がいつの間にか効果を生むのです。

よく言うじゃないですか。

「1000万円は1万円札の集まりだ」と。

いきなり「1000万円を稼ぐ!!」というのではなく、

「1万円を積み重ねていくと1000万円になる」

と考えればいいのです。


同様に、

カボチャの種スナックは、あなたの髪の毛フサフサにとって少ししか役立たないかもしれない。


でもね、こうしたことが積み重なって、いつの間にかあなたの髪の毛は復活するのです。


5.jpg


posted by 育毛食事 at 10:31 | Comment(0) | 100円ショップ活用

2015年04月02日

育毛食事に活用したい「黒豆」

漢方の育毛法においては、育毛に良い食べ物、悪い食べ物があります。

育毛に良い食べ物の特徴は「色が黒い食べ物」なのです。

ただし、例外としては「コーラ」があります。

コーラは黒色をしていますが、髪の毛に良くないので注意です。

コーラを飲んで髪が生えるならいいのだけれどもね・・・・・・。

残念!!

漢方の世界において、黒豆は、体の成長や発育、生殖をつかさどる「腎」を補う食材なのです。

また、体内の活性酸素を除去しますからアンチエイジング効果も高い。

しかも血液をサラサラにして体に必要な栄養成分を運びますから、育毛に良いことがわかりますよね。

水分代謝を高めるため、むくみやすい人は黒豆がいいんです。

個人的には黒豆のデザートをよく食べています。

去年の12月から食べていますが、黒豆とお酢でできたデザートなので、髪の毛を増やす食べ物としてはバツグンです。

黒酢と黒豆でダイエット!お試しセット1000円!


「これだけで生える」

とは言いませんが、楽しみながら髪の毛を生やすという意味で、とても役立っていますよ。


IMGP1224.JPG


IMGP1225.JPG
posted by 育毛食事 at 10:16 | Comment(0) | 育毛食事

2015年04月01日

育毛食事に「ひじき」を活用だ

漢方の育毛法で「黒色は髪の毛を増やす」と解釈します。

実際に、黒い色の食べ物であるひじきは、腎機能を高めます。

髪の毛は腎機能に左右されますから、ヒジキによってて髪の健康を保つことができます。

水分代謝を高めてホルモンをコントロールし、髪の乾燥を防ぐとともに、抜け毛を防ぐ効果が期待できます。

 加えて、ひじきの豊富な鉄分が「血」を補い、血行を促進しますから、みるみる髪が増えてくる人もいます。

食べ物による薄毛対策は、は効果が出やすいんです。

ビタミンCを含む野菜などと一緒にとると、育毛に必要な「血」を補うことがでるのです。

posted by 育毛食事 at 23:27 | Comment(0) | 育毛食事

2014年12月27日

育毛の食事で髪が生える栄養を摂る

育毛のための食事で、髪が生える栄養を摂るべし。

2014年もあと5日で終わります。

あなたの髪の毛は2014年に増加しましたか?

2015年は、さらに、育毛のための食事を心がけ、太く元気に育ててほしいです。

さて、

髪の毛が少なくなってきますと、できるだけ早く、原因追究と対策を実施しなくてはなりません。

ハゲ始めはすごく速いスピード感で薄くなっていきますから。

私の20代の薄毛化の原因はストレスだったと思うのです。

それに加えて、毎日が残業残業で、適切な栄養も摂れなかったのです。

薄毛に悩む人に人に共通していること。

それは「栄養」なのです。

育毛のためには必要な栄養があります。

育毛に重要な栄養を食事によって確実に摂ることで、薄毛化は防げるのです。

毛髪はタンパク質を材料として作られています。

そして亜鉛がタンパク質を髪に変えるのです。

身体内のタンパク質を毛母細胞に撫で送り届けるのがビタミンです。

栄養素だけで考えると、

タンパク質、

亜鉛、

ビタミン

が育毛には重要なのです。

上記のの栄養は薄毛対策だけではなく、人間にとって健康には必要なものばかりです。

薄毛対策というと、すぐに育毛剤を思い浮かべるかもしれません。

でも、食事を重要視して、栄養を摂ることの方が、結局は早く髪が生える。

育毛食事で栄養を摂るだけではパーフェクトとは言えません。

たとえば大きなストレスを受けると効果が出ません。

睡眠不足の場合も同様に、効果が十分に発揮できません。

食事により、育毛の栄養を取り、栄養成分が効果を発揮できるようにしましょう。

そうしているうちに、

「おおっ! いつの間にか髪の毛がずいぶん増えてきているよ!!」

とうれしい驚きの時がくるわけです。

育毛剤を活用して頭皮を守り髪を増やす考え方もあります。

でも、育毛漢方療法の教えから言うと、身体内から髪を育てることが効果が大きい。

せっかくの育毛努力を無駄にするものとして、

「タバコ、深酒、心の乱れ」

が挙げられます。

自分で解決しなくてはなりませんが、サプリメントの活用もいいでしょう。

眠れるサプリ

禁煙サプリ

禁酒サプリ

ストレス解消サプリ。

などなど。

どれも無駄ではないです素。

あなたができるところから改善をスタートさせてください。

思うように2014年に成果が出なかった人は、5大育毛法の一つ。

核酸育毛法を実行してはどうでしょうか。

これは効果が出ます。

参考
1.5大育毛法

2.核酸育毛法


(核酸を摂取したら、3か月後の美容室の鏡が楽しみになるよ)
Fotolia_55789779_XS.jpg

posted by 育毛食事 at 14:24 | Comment(1) | 栄養素

2014年11月20日

育毛のための毛髪食品で生える

「新・毛髪食品発見」  医療ジャーナリスト 遠山恭司著 を読みました。

この本では、まず「育毛剤はリピート率が低い」ということから話が進む。

育毛剤のリピート率が低いその理由は、「髪が生えてくる効果が少ないため」である。

効果が認められれば、同じ育毛剤を継続して愛用するはず。

じっさい、効果の高い育毛剤もあるのだが、これは相性もあるので、一つの商品を限定するのは難しい。

いろいろ試していく必要は、どうしてもあるのです。

Fotolia_64007961_XS.jpg
(いい育毛商品に出会うと、理容室の鏡を見るのが楽しくなるんだね)

この本では、育毛剤は期待薄なので、「毛髪食品」を摂取し、体内から髪を生やしていこうとするものです。

この育毛コンセプトには、私は大賛成です。

体こそが髪を育てる「工場」であるから、体によい原料を供給しようというわけです。

育毛に大きな効果をもたらす「毛髪食品」であるが、その成分は?

アミノ酸(これがメイン)
ビタミン
大豆レシチン
ギムネマエキス
クチナシエキス
である。

この「毛髪食品」を、牛乳などで飲む。

最初の数ヶ月は大量摂取することで、効果は早くでてくるという。

血行を良くしても、髪を作る栄養素が体内に作用する必要があるのです。

たしかに、育毛情報に詳しい方なら、成分的に育毛に効果が出ることはよくわかると思います。

育毛に必要なものが含まれている。

毎日の食事だけでは、発毛に必要な栄養素が十分ではないのです。

よほど注意しないと、栄養が偏るでしょう。

この本に載っている資料請求でサンプルをもらいました。

味はコーヒー味で飲みやすく毎日続けることができます。

ただ、費用面では高くつきます。

摂取量によって違うでしょうが、継続してお金を払うのはキツイ面があります。

私は、アミノ酸を近くの薬局で購入しました。

アミノ酸がこの育毛に効く食品のメイン成分なのです。

2ヶ月3000円程度、アミノ酸に出費しています。

髪を増やすだけでなく、体全体にもよいものです。

もちろん、資金的に余裕があればこの「毛髪食品」を買いたい。

育毛には「塗る」よりも「飲む」ほうがよいと思う。

育毛成分も自然なものであり、安全です。

いくら生えても、危険なものは口にしないことです。

もちろん、育毛のためには栄養だけでなく、睡眠やマッサージ、心のリラックスが重要。

そのことも記載されており、良心的な書籍である。

QアンドAのコーナーで「遺伝的ハゲ」についての解答がある。

回答として、遺伝的要素を認めつつも、早い対応で克服できるとの見解である。

ウブ毛をこの「毛髪食品」で太く、たくましくしていこうというアイデアなのである。
本の中で紹介されている体験者の「ハゲから生還した」写真を見ると育毛に対する情熱がわきあがってきます。
育毛・発毛にはよい情報が一番大切です。
「飲む育毛剤」「育毛食品」「毛髪食品」で検索して、この手法を調査することは、非常に育毛にとって力になるはずです。

食べ物で、髪を生やすことは、漢方流の育毛の考えとも共通します。

食べ物ではないがサプリとして、ボストンやGROW UP、そしてフェルサのどれかは、毎日飲みたい。

新育毛栄養補助食品GROW UP(単品)

まだ育毛サプリで栄養を補助してないなら、安価なGROW UPを一袋飲んでみて、あなたにフィットするか試しみたらよいのです。
posted by 育毛食事 at 21:53 | Comment(0) | 毛髪食品

2014年11月01日

育毛食事に育毛酒を付け加えれば、さらに発毛効果は倍増

育毛食事に育毛酒を足せば効果が倍増。

髪の毛を、確実に生やす2大育毛漢方療酒の記録。

髪の毛 どちらの酒で生やすか選択するべし。

育毛と漢方は密接な関係にあります。

漢方は育毛、発毛に関しては、得意分野なのです。

私が33年前に、男性型脱毛の兆候に恐れおののいたとき、救ってくれたのが漢方による育毛法だったのです。

そのときに、やみくもに薬局で売られている育毛剤のみにすがるようであったら、いったいどうなっていたのかと、いまでも思うことがあります。

もちろん、育毛剤も無駄ではない。。

体質改善をしつつ、自分にあった育毛剤と出会うと、発毛には役立ちます。

ネットで育毛シャンプーや、育毛剤の情報を収集することは、あなたにとって、大きなメリットがあるでしょう。

雑誌広告の育毛剤や発毛シャンプーなどは、限られたものしか宣伝されておらず、私は大いに不満です。

やはり、ネットの情報を活用し、体験者、使用者の声をよく聞くことが、髪の毛復活の第一歩です。

さて、私が出会った「漢方による育毛」は、あなたもご存知と思いますが、「みるみる髪が生えてくる」の著者、高橋由美子先生のノウハウであります。

33年たった今でも、そのノウハウの価値は、いささかも減少はしないのですね。

そして、もう一人、漢方ではこれまた有名な、葛原黄道先生。

この先生の著書でも感動的な体験をしました。

では、私の好きな漢方界の2大巨星の、「髪を生やす酒」の造り方を比べてみよう。

どちらも基本は同じですが・・・・・・・。

とにかく、造り、そして飲んで、髪の毛をぼうぼうに生やしてください。

ではまず、

高橋式 育毛酒


竜眼肉(胃炎のある人はやめておく)

黒豆

黒ゴマ

赤首烏(せきしゅう)

桑の葉

蓮の実

これを、酒につける。

漢方のエキスが最高に抽出され、体質が変わり、遺伝的脱毛体質を制御できる。


次に、

葛原式 育毛酒

(著者は特に育毛のためにこの酒を紹介しているのではないが、体の調子をととのえ、結果的に育毛につながると、私の経験上言えるので、ここに紹介します。)

みつひ
黒なつめ
紅くこ
山の芋

このエキスが、あらゆる体調の悪さを引き寄せるところの「冷え」
を取り除くので、体がベストコンディションになる。


私個人的には、昭和56年〜60年ころは高橋式の漢方法により、主に煎じて飲んでいました。

育毛効果は大きかったです。

その後、昭和61年ころから、葛原式漢法の材料を利用し、「良い血」を全身に巡らせるようにしています。

酒を作るのが面倒であれば、煎じて飲めばよいです。

育毛食事に、この酒を加えることで、効果は相乗的になりますよ。

4ヵ月後、あなたの髪の毛を見て、多くの人たちがカツラと間違うかもしれません。

そんなシーンを想像しつつ、楽しみながら実践してください。

育毛漢方を、4か月実行してみましょう。

無名の私が言っていると思わずに、育毛法の最高峰の高橋先生が、教えてくれたことを、私は実行し「再現性のある育毛法だ」と確信できたので、ただ伝えているということを、わかっていただきたいのです。

育毛の食事に育毛酒を加えてみて下さい。
想像以上の効果がきっと出るはずです。


追伸でーす。
この育毛法は実行の難易度が高いです。
ハゲ要因を押さえつける効果が非常に高いのですが、実行が難しい。
酒を造る手間が面倒。
私も長年飲んできましたが、平成20年頃には育毛サプリ、および育毛コラーゲンに、切り替えた経緯があります。
効果はコラーゲン並にありますので、ハゲ体質の人には実行してほしい。
また、私自身について言えば、昭和56年頃〜平成2年頃まで、漢方薬の材料販売店の店主と仲良くなり、育毛酒の材料について、材料を買いに行くたびに、いろいろとアドバイスを受けたことが、非常に役立ったのです。
力のある漢方薬のお店の人に、育毛酒ついて、アドバイスしてもらうことは、かなりお勧めしたい方法です。
posted by 育毛食事 at 00:15 | Comment(0) | 日記

2014年10月04日

育毛食事イワシ

育毛食事イワシ。

あなたは、この育毛法を知っているでしょう。

でも・・・、

実行してる?



今回は、イワシを食べる発毛法を解説します。

イワシという発毛食品での発毛方法を考えるわけです。

ハゲ予防と発毛のための食品が、ベンジャミン博士により紹介されています。 

アメリカのアンチエイジングの見地から、ハゲ対策および発毛について食品の効果は大きいのでしょうか?

結論から言うと、イワシを食べることの育毛効果は、大きいといえるのです。


ベンジャミン先生のおっしゃるには、

ハゲを予防し、発毛を促進するためには、イワシの缶詰を食べて核酸を摂取せよ

というのが第1のポイントでした。


ここを読んでいる方のうち、何人かはイワシを食べていることと思います。

でも、何人かの方々は、イワシ缶詰育毛法を実践せず、成果も現れていないことでしょう。


でも、気づいた時から、再びスタートすればよいのです。

まだ、イワシ週に4回食べる育毛法を試していないのなら、ぜひ試してほしいのです。

私は、ただ単にイワシ発毛法を薦めているだけはありません。

私は体験者です。

育毛効果があったと感じるので、こうして素直に、正直に体験を述べています。


イワシを週に4回食べる発毛法は、アメリカのアンチエイジング、すなわち不老科学の最高権威でもある、ベンジャミン・S・フランク先生が言っているのですよ!!


20年以上にわたる緻密な研究と膨大なデータから導き出された結論なのですよ!!

この圧倒的な実証があるノウハウに貴方は出会えたのですよ。

アメリカの最高権威がそのノウハウの第1に

「イワシを缶詰で、あるいは生で、週に4回食べる」

と明快に述べている。

その天からの救いの声とも言える「髪を増やし若返る処方」を聞きながらも、実行しない人には、

私は、もう何も言うことはできません。

実行すれば、結果は出るノウハウなのにね。

イワシ食事による発毛法を実行すれば髪の毛は生え、実行しなければ生えないのです。

では、発毛食品のイワシに続き、その他の食品もみてみましょう。

若返りに必要な食品です。

これらの発毛法も、ぜひ、実行してください。

私のノウハウではないことを、再度確認してください。

(アメリカの不老科学の最高権威の言う言葉と思って聞いてください。)


以下5項目を守り、あなたの髪の毛をふさふさにしてください。


1.いわし(缶詰が核酸が多い。生でも缶詰でもOK)週に4回。

2.サケ(週に1回)

3.エビ、カニ、ハマグリ、カキ、イカを週に1回。

4.週に1回その他の魚をたべる。

5.週に1回牛のレバーを食べる。


まだ、ありますが、適当な項目数でないと、かえって実行が難しくなるりますので,止めておきます。

いったん、ここでストップします。

まずは上記のベスト5を育毛実践の習慣にしてほしいのです。

この方法は、医学博士のベンジャミン・フランク先生の説ですが、

先生の著書「老化は食べ物が原因だった」は、西洋的な考えでまとめられた良書です。

ベンジャミン先生はほかにも、「若返りの野菜」も紹介しています。

私は、高橋由美子先生の「みるみる髪が生えてくる」を、頭髪関連書籍では最高のものだと思っていますが、このベンジャミン博士の本も、実践して成果が確実に出ていると思い、あなたには実践をしてほしく思います。

3ヶ月後、髪の毛が復活するのが、あなたにも予想できるのではないでしょうか?

この育毛法、つまりアメリカ不老科学の食事療法を実行さえすれば。

育毛成果の再現性のあるノウハウなのです。


ベンジャミン先生の核酸食事による育毛法。

高橋由美子先生による漢方育毛療法。

そして、

血行促進。


これですよ、これ。

髪の毛を生やす確実な方法は、

「髪の毛の生育に良い食べ物を摂り、血行を良くして毛母細胞まで届ける」

ことなのです。


これらのノウハウを実践することで、克服困難と言われる、遺伝性の若ハゲも解消できるわけです。

具体的には、私のおすすめブランドを楽天で購入し、食べて飲んでほしい。

イワシ缶詰と野菜スープは両方とも育毛効果が大きいです。

実践を続けてください。




posted by 育毛食事 at 08:08 | Comment(1) | いわし

2014年08月09日

育毛食事で若ハゲ対策

若ハゲの恐怖を、今、味わっている人は、

「若ハゲで、なぜ、この俺がこんな目にあうんだよぉ」

という恐怖と怒りが混合したような感情を、持ったことがあるのでは?

Fotolia_59946_XS.jpg

私は体験しているので、よくわかります。


ハゲを体験した人同士の「共通体験」なのです。


「オレは正直に生きてきた。人にも迷惑をかけずに。なのになぜハゲが進行するのか」

と思ったとしても、しかたがないのです。


ハゲ遺伝子を持ったご先祖様や親をうらんでも、しようがない。

親も、ご先祖様も好きで薄毛だったわけではないはず。

同じように苦しんだのかもしれません。

たぶん、そう・・・・・・。


けれども、そういう気持ちから解放される最良の方法は薄毛改善に成功し、

ハゲの恐怖から自由になることなのです。

それとも、あきらめの境地でハゲを受け入れるか。

さらには自分の器が大きくなり、自分の頭髪に対し寛大になったときでしょうね。


「99%は遺伝子でわかる!」 ティム・スペクター著

大和書房  2007年9月発行 1600円

という本を読みましたよ。




この本の中で、

「ハゲるのは偶然? 必然?」という質問がある。

著者は、

「男性がハゲてしまうかどうかは、遺伝子が決定的役割を握っている」

と回答しているね。

これには同意します。

遺伝なのですよ、薄毛、若ハゲは。

本の著者は、「将来自分がハゲてしまうかどうかは、父親の頭を見たり、さらには祖父や曽祖父の頭がどうだったか聞いてみればよい」

と書いています。


ハゲに苦しむ人は、言われなくともわかってる。


冠婚葬祭で、親類が集まると、高校生くらいになると、

「オレも、いずれは、あんな頭になるのか・・・・」

という暗い気持にもなるのです。


著者は、「古代西洋では、ハゲていても胸毛があるほうが女性にモテていた」ことを例に挙げ、

「ハゲ頭の男性は、再びその時代の流行が復活するように祈ってもらいたい」

と言っている。

残念ながら、今の日本では、ハゲはますます肩身が狭いのです。


見た目重視の世の中。



ハゲ、チビ、デブは生きづらい。

だったら、「ビューティーコロシアム」ではないですが、見た目をよくする努力をしてはどうでしょう。

男も女もルックスが大事です。

ハゲは遺伝とは言え、なんとかなります。

それは、もう事実。

あたかも「地球は丸いんだよ!!」というレベルで確実。


遺伝的要素を克服した事例はあるのです。

その一人が私です。

24歳で若ハゲの兆候が出てきましたが、漢方育毛療法で、50代になっても、自分は満足できる頭髪量です。

ただし、

「こんなに努力しているのに、これだけの髪の毛のボリュームか」

と思うこともあります。

こんなにも発毛を促進するよう努力しているのに、遺伝的要素のない人には負けます。

でも大丈夫。

このまま、死ぬまでカツラや植毛は不要なレベルです。

特に、40代以降になると、男性ホルモンの影響が少なくなったようです。

男性型脱毛は、20代なかばが、強烈でした。

ハゲを招く男性ホルモンが盛んに分泌されていたのでしょうね。

私だけでなく、プロピアシャンプーの水道橋博士もまた、髪の毛を復活させた一人ですね。

ここで、遺伝的なハゲ克服のヒントを述べましょう。

(ハゲ遺伝子克服のヒント)

イメージしましょう。

1000人の赤ちゃんが、同じような食事、同じような環境、同じような精神ストレスのもとで暮らしたとしても、30歳になったとき、髪の毛には大きな違いが起こっているに違いありません。

この現象が「遺伝的男性型脱毛症」の影響なのです。

1000人のなかで、環境、食事が同じだったとしても、頭髪状況に差が出るのは、まさしく遺伝的要素によるからですね。

ハゲだけではないでしょうが。

しかし、多くの病気が食事療法で改善できるように、薄毛、抜け毛も食事によって、大きく改善できます。

漢方の育毛法では明確に事例を積み上げてきた先人たちがいるのです。(高橋由美子先生など)

育毛には食事を改善して、血液にハゲを抑制する成分、また、髪の毛の生育を促進する成分を溶け込ませていくのです。

まずは、野菜、野草の成分を摂るのです。

野菜のチカラに感謝!

野菜成分は最低条件。
posted by 育毛食事 at 21:59 | Comment(0) | 育毛食事生活