Fotolia_64007961_XS.jpg

2015年08月29日

育毛食事にはアミノ酸を考えよう

育毛食事のポイントのアミノ酸。

あなたの髪が元気なく、少なくなったのはアミノ酸を食事でとっていないからかもしれないね。

ハゲを治し育毛、薄毛の対策としては脱毛を予防することが第一に考えること。


「出を制止し、入るを図る」

ということがお金をためる法則ですが、育毛も同じですよ。

最初にまずハゲ、脱毛の根本原因を知ることです。

抜け落ちる、細く弱る、ということを防ぐことです。

粗悪なシャンプーや育毛剤、そして不規則な生活、バランスの悪い食生活は、髪の毛によくありません。

暴飲・暴食、偏食、インスタント食品の摂りすぎ、タバコの吸いすぎ、

着色量・防腐剤含有食品の摂りすぎなどは、頭皮や毛穴、毛根に悪影響を与えるのは間違いない。


食生活の欧米化も原因として挙げられます。

私もアメリカに旅行で行ったときには、中年以降の薄毛、ハゲの多いことに驚きました。

食事が原因の第一だろうね。

しかし、金髪だと髪の毛が少なくても、なんとなく薄く見えないのですね。

「ハゲていてもカッコイイ」


のでした。



日本人の黒髪ではハゲるとカッコ悪いと思ってしまうんだよ。

ストレスなどの精神的な疲労も育毛、薄毛に大きく関わっており、仕事のストレス、人間関係、受験勉強等、現代社会でのストレスによる疲労は、髪の毛にも悪影響を与えるのです。

ちなみに、私はストレス対策も食事で決まると思っています。

脳に元気成分が豊富にあるとストレスにも負けないと思うです。

ですから、いかに食事が育毛において重要かということがわかります。

さて、

病気や薬による副作用もハゲの原因であるわけです。

病気、ケガに伴い、薬を服用することで、副作用が抜け毛をもたらすことがあります。

育毛、薄毛に関して、遺伝も影響すると言われますが、半分は本当です。


でも、一部は誤解です。

あまり関係ないという人すらいますが、私は8割は遺伝だと感じますね。

あとの2割は、食事を中心とした、日々の生活環境です。


頭皮のマッサージを行うことなども一つの方法ですが、影響は少ない。


こうした外的な育毛、薄毛への心がけ以外に、食事による内的な、体質改善が最も大事です。

育毛、薄毛への対策としての体質改善には、これは、肌、爪にも関連していることですが、バランスの取れたアミノ酸の摂取を心がけることです。

私たちの髪の毛・肌・爪は18種類のアミノ酸の複合体で出来ています。

このため、日々の食事を通して、髪の毛や肌・爪の素となる18種類のアミノ酸をバランス良く摂ることが大事となるのです。

いわし、サケ、卵、ほうれんそう、ゴマなど育毛に効果のある食事、食べ物はたしかにありますが、その食物だけでは効果が出し切れません。

バランスですね、大事なのは。

「バランス良く、かつ、育毛栄養を欠かさない。」

これが、結論。

アミノ酸は、育毛に大事なので食事やサプリで毎日摂り入れることです。


発毛効果の極めて高いシルクアミノ酸が1000円台です。

少しばかり、毎日の食事のメニューを見直して、アミノ酸が毎日、どの程度摂りいれることが出来ているか、チェックしてみるとよいのです。

気軽に毎日アミノ酸を取るにはこちらがおすすめ。




高級品のアミノ酸はこちらですね。


エイジングケア!アミノ酸サプリメント【HGHシールド】









posted by 育毛食事 at 17:57 | Comment(0) | 育毛食事

2015年08月22日

育毛食事としての日常食品

細い髪の毛を太くする日常の育毛食品。

発毛・薄毛対策細い髪の毛を、太く丈夫で、しかもしなやかでツヤのある髪の毛にするには?

育毛剤よりも体内に栄養素をとるほうがよいのです。

コラーゲンはもちろん髪の毛を太するにはベストのものと思います。

肉の多食は薄毛の原因になりますが、多少は動物性のタンパク質も必要。

髪の毛は含硫アミノ酸という硫黄分を含んだタンパク質でできています。

肉類や、魚類、牛乳、などを摂取しましょう。

また、ビタミンAが髪の毛の生育にとっては非常によいのです。

レバーうなぎ卵黄などを食べましょう。

つぎに、髪の毛を生育させるためには、毛母細胞の働きを促進するビタミンB2、B6も大事です。小松菜ほうれんそう、納豆レバーを食べましょう。

髪の毛を増やすために良いと言われる「定番」は納豆とキムチの同時摂取。


非常に広く知られた育毛食事です。


でもね。

知っていても食べていない人がいるんです。

納豆とキムチの同時摂取がよいとわかったら、1年〜2年は継続できる人でないと髪の毛は生えないです。

薄毛体質の人は、相当の努力が必要なのです。

育毛に良い食事を知っていながら実践しない人は、もったいないことをしているなと思いますが、

私が強制的に納豆とキムチを食べさせるわけにはいかないのです。

納豆とキムチの育毛法を実践できないのなら、

イソフラボンとカプサイシンのサプリを活用してはどうでしょうか。


新育毛栄養補助食品GROW UP(単品)【モテメン】




IMGP1148.JPG




posted by 育毛食事 at 12:55 | Comment(0) | 育毛食事

2015年07月28日

抜け毛体質を、髪の抜けない体質、さらには髪が生える体質にすればよい。

以前はハゲ、薄毛は不治の症状といわれていました。

後戻りのできないものだと考えられていたのです。

ハゲも、例えば、体質に合った育毛剤で生えるという場合もあります。

Fotolia_100167028_XS.jpg

いままで、脱毛に対してあきらめの気持ちを持ったり、ひらきなおったりするしかなかったものが、積極的に育毛に取り組むようになったのです。

私の育毛体験からいうと、薬(育毛剤)やサプリメント、あるいは髪の毛の医者の診断などに頼りきりでは髪は復活しない場合が多い。

本人の努力というか、本人の意志により育毛生活を実践しないと難しい。

よく、育毛は植物の生育に例えられます。

フレッシュでいきいきとした植物ができるには、それなりの作業が必要。

ほったらかしであれば、植物も育たない。

植物と髪の毛の共通点は、植物にとって土壌が大切であるように、髪の毛についても、頭皮をはじめ、体全体が土壌となるわけで、土壌改善で、髪の毛もスクスク育つのです。

土壌改良すなわち、体質改善なのです。

抜け毛体質を、髪の抜けない体質、さらには髪が生える体質にすればよい。

しかし、このことは容易ではありません。

育毛剤でかんたんに体質が変わり、抜け毛が止まり、髪の毛がグングン生えれば、それは幸せなことです。

例えば、「植毛」で、自分の髪の毛の元気な部分を、髪の毛の少ないひたいや、頭頂部に植える、という方法があります。

しかし、体質が抜け毛体質のままなら、いずれ抜け落ちるのは明らかです。

Fotolia_98306265_XS.jpg

どこの毛であろうと、体質を改善しなければ、その体質の命ずるままに、体は応じていくのです。

結論を言えば、体質改善は食事で決まる。


糖尿病、高血圧症をはじめ、非常に多くの病気には「食事療法」というものが必要になります。

それくらい食べ物は影響を持つのです。

では、ハゲ体質を改善するにはどうすればよいか?

ずばり、漢方療法による髪の生える体質に自分を変える必要があります。

お金はあまりかかりません。

しかし、努力は必要です。

カンタンか?と問われれば、カンタンではありません。

かんたんなら、これほど抜け毛に悩む人はいないはず。

誰もがかんたんな育毛剤に走り、土壌改善をしない植物のように、枯らしてしまっているのです。

漢方育毛法はカンタンではないが、効果は大きい。

まずは基本であることを実践。

1.7時間以上寝てないなら、育毛体質になれない。

2.髪の毛に血液が流れるように、非常にソフトなタッチでのマッサージを機会をみておこなう。

3.サバ、イワシ、大豆、緑の野菜、スピルリナ、レシチン、どくだみ茶、ビタミンEを摂取する。

以上をまずは習慣づける。

すると、明らかに髪の毛は変化するのです。

これは、あくまでも最低限の実践である。

とにかくネットをはじめ、健康雑誌で、情報を仕入れること。

髪の毛だけでなく、肌、目によいものを、試していくことで髪の毛が生える条件が徐々に出来上がってくるのです。

そのうえで、自分にフィットした育毛剤と育毛シャンプーを利用することで、発毛はブーンと加速するのですね。
タグ:育毛体質
posted by 育毛食事 at 00:00 | Comment(0) | 若ハゲ対策

2015年07月26日

ハゲを呼ぶおそるべきジャンク食生活

「セレブ」と呼ばれる人々がいます。

お金持ちで、品性も高く、知性も高い人々。

私はセレブではないのですが、テレビや雑誌で、セレブの人々の生活の一端をみかけます。



セレブの特徴としては健康に気を使い、特に食事にお金と労力を割いていることです。

また、野菜なども、通常の何倍も値段の高い無農薬の野菜を購入していますね。

一方、こういう言い方は失礼なのかもしれないけど、「非セレブ」の多くがお金と時間を食事に充てることができないのです。

その結果、しばしば「ジャンクフード」と呼ばれる種類のものを口に入れているのです。

朝も昼もコンビニの弁当やハンバーガーとコーラ。

あるいは、カップラーメンとジャムパンでで昼を済ませるというようなことがあるわけです。

薄毛の人が昼食にカップラーメンと缶コーヒーで済ませているのを見たときには、

思わず、「ハゲが進むよ!!」と注意したくなったものです。

もちろん、そんなことは口に出しては言えません。

言えませんが、

「なぜ、30代半ばでこんなにハゲが進行しているのか」

がわかったような気がしました。


健康に関心がある人なら良くわかると思うのですが、

「あなたの体は、今まで食べた食べ物でできている」

ということばはまさしく真実。

カップラーメンと缶コーヒーを食べてできた身体。

髪の毛や肌、内臓などなど、あまり良いものにならないようなことは「直観」でわかるはず。

薄毛対策をする人は、自分が食べたものが血液となり、毛母細胞でどんな働きをするのか、よく考えるべきなのです。

さて、髪の毛のことを考えると毎日、確実に野菜を摂ることのできない人もいると思うのです。

そんな人は、一日の終わりに、帳尻を合わせるようにせめて野菜ジュースを飲みましょう。

できれば育毛に役立つレベルの野菜ジュースがいいのです。

私の飲んでいるのはサンスターのものですが、製造方法においても、成分的にも申し分ないです。

ハゲたくないなら、手元に置いておいて1日2本は飲みたいものです。

健康道場 おいしい青汁


Fotolia_41683422_XS.jpg

posted by 育毛食事 at 14:15 | Comment(0) | 育毛食事

2015年06月07日

育毛のための毛髪食品とは何なのか

育毛を促進する育毛食品と育毛飲料で髪が生えてくる、という話です。

あまり人気のない古本なので現在価格は1円です。

私は数年前に書店で買いました。

本の内容は良かったです。




「育毛剤はリピート率が低い」ということを考えてみましょう。

育毛剤のリピート率が低いその理由は、「髪が生えてくる効果が少ないため」と考えるのが妥当でしょう。

毎月のように新しい育毛剤が生まれています。

新聞や雑誌の広告。

あるいはネット上でも育毛に関する商品は、多種多様です。

育毛剤がなぜ、そんなに多くの種類があるのか?

答えは「リピート率が少ない」ので、次々と新しい商品を出さねばならないのです。

発毛効果が感じられたのなら、その同じ育毛剤を継続して愛用することでしょうね。

ただ、効果の高い育毛剤であっても、個人個人での相性もあるので、一つの商品を限定するのは難しい部分はあります。

いろいろな育毛剤を試していく必要があると思います。

実際に私はよく育毛剤の「お試し」をします。

副業の「ゲーム道具」のネット販売が好調なので、いろんな育毛商品を買えるわけです。

こういっては、なんですが、


「お金がないと、育毛は難しい」ともいえるのです。


それは、相性のよい育毛剤と育毛シャンプー、あるいはサプリメントに出会うための「お試し」の回数が圧倒的に少ないからです。


お金をかけないと。

私の意見では育毛剤はそれだけでは大きな発毛の成果はでないので、


「毛髪食品」を摂取し、体内から髪を生やしていこうとすることは良い方法です。

この育毛コンセプトが重要です。


体が髪を育てる「工場」であるから、体によい原料を供給すると、よい製品がうみだされます。

髪の毛をどんどん生み出したいものですね!!

ネットで「育毛食品」が販売されています。

発毛効果の大きいという「毛髪食品」とのことですが、その成分はどのようなものか、みてみました。

アミノ酸(これがメイン)
ビタミン
大豆レシチン
ギムネマエキス
クチナシエキス

が主成分です。

この「毛髪食品」を、牛乳などで飲むということです。

最初の数ヶ月は大量摂取することで、効果は早くでてくるらいい。

体内から髪の毛を生やすことが私の主張とも一致しますね。

血行を良くしても、髪を作る栄養素が体内に作用する必要があるのです。

たしかに、育毛情報に詳しい方なら、上記の育毛食品の成分が、育毛に効果が出ることは理解できることでしょう。

育毛に必要なものが含まれていると、私もわかります。

結局、食事だけでは、発毛に必要な栄養素が十分には摂取できないのです。

栄養面に注意しないと、栄養が偏るのです。

ネットでの資料請求でサンプルをもらいました。

味はコーヒー味で飲みやすく毎日続けることができます。

おいしいともいえますからね。

ただ、費用面では高くつきますので、継続は難しいでしょう。

なにか副業でお金を自由にできないと、育毛をつづけられない。

摂取量によって違うでしょうが、継続してお金を払うのは困難に思える価格設定です。

私は、アミノ酸を近くの薬局で購入しています。

アミノ酸がこの育毛に効く育毛食品のメイン成分です。

私は毎月2000円程度、アミノ酸だけで出費しています。

髪を増やすだけでなく、体全体にもよいものですからね。

もちろん、資金的に余裕があればこの「毛髪食品」を買いたい気の地はあります。

髪の毛を生やす方法でも「塗る」よりも「飲む」ほうが効果が出るように思いますね。体験的に。

ただ、いくら毛が生えても、身体に危険なものは口にしないことは注意すべきでしょうね。

当然ですが。

育毛のためには栄養だけでなく、睡眠やマッサージ、心のリラックスが重要。


この毛髪食品では、ハゲの遺伝的要素を認めつつも、早い対応で克服できるとの見解を示している。

髪の毛として生えてきたウブ毛をこの「毛髪食品」で太く、たくましくしていこうというアイデアです。

たしかに髪の毛が太く育つといいわけですね。

髪の毛を生やすにはいい情報が一番大切です。

「飲む育毛剤」「育毛食品」「毛髪食品」などで検索して、この手法を調査することは、あなたの頭髪の活性化と育毛にとって大きな力になると思いますよ。

右矢印1 毛髪食品レビュー


yubi-man01-2_l.png


タグ:毛髪食品
posted by 育毛食事 at 10:41 | Comment(0) | 毛髪食品

2015年06月04日

育毛食事で若ハゲ対策

若ハゲ対策としての発毛食品

若ハゲを予防し、抜け毛を治す食事について。

若ハゲにとってに悪い食事とよい食事があります。

平成27年現在では、かなり明確に、その判別ができます。

育毛に役立つ情報のなかでも「食」にかんするものは非常に大切ですね。

若ハゲや薄毛、抜け毛などの各種の症状にあわせた効果的な食事というものがあるのです。

単純に考えてみて、髪の毛は体の一部であるので、食事が体を作っていることから、若ハゲ対策に食事が大切であることは当然なのです。

脱毛の原因としてビタミンAの取りすぎがあるのですが、私は

「なにか過剰にやりすぎると、育毛にはよくない」

と思いますね。

ビタミンでも、たんぱくいつ質でも、ミネラレでも「過剰」がいけないのです。

さて、多くの育毛関係者が指摘するように、脱毛の一般的な原因としては、遺伝のほかには、

血行不良および
含硫アミノ酸
ビタミン
ミネラル類
の不足

だといえます。

若ハゲにとって大敵のストレスが加わって、血行が滞り、毛根の代謝が止まると、いっきに薄毛、ハゲが進行していくのです。

対策としては、

栄養素の補給

マッサージ

が必要となります。

私は、根本的に「脱毛は遺伝的要素が強い」と考えるので、栄養とマッサージだけでは抜け毛、薄毛は完治しないと思うけれども、最低限これは実行するべきなのです。

ある育毛関連の学者はイヌイットの例をあげ、

「イヌイットは頭のはげる人がきわめて少ない民族である。その理由は定かでないが、魚を生で食べる食生活が関係しているのではないかといわれている」

と述べています。


「アメリカ・インディアンにハゲはいない。なぜ?」という某有名シャンプーの言葉ではないが、民族によりハゲの割合の差は大きい。

欧米の白人には、ハゲの人の割合が多いと報告されています。

イヌイットについては、魚を生で食べるので、ミネラルが多く取れるのだとしているわけで、私たちももっと魚を食べることが重要ポイントです。

若ハゲ対策にとっていいことはすぐに、取り入れましょう。

また、ミネラルが発毛・育毛に必要なのも覚えておきたい事項ですね。

日本人は魚の内臓はたべないので、イヌイットと比べ、魚をたべてもハゲる割合が高いのかもしれない。

ミネラルはサプリメント等で補うこともできます。

野菜などのミネラルは昔と比べて含有量が非常に少なくなったのです。

食料を若ハゲ対策用の塗り薬にも使用できます。

一つはゴマ油と塩を良く混ぜ合わせ、毛の薄くなったところにすり込むまたは、にんにくとしょうがをすりおろし、布でこした汁を良く混ぜ合わせ、軽くマッサージしながら毛の薄くなった地肌にすりこみ、15分で洗い流す。

週に2回を3か月続けるといいのです。

アロエなども食料、飲料としても育毛効果があるのですが、塗り薬としてもいいのです。

「酢」も、飲んでよし、塗ってもよしという育毛食材になるのです。

黒酢とバナナの同時摂取が育毛に大きな効果があると健康雑誌の特集に出ていました。

値段も安いので実行しています。

私の愛用はこれ。


おいしい。


黒酢と黒豆でダイエット!お試しセット1000円!


IMGP1225.JPG


posted by 育毛食事 at 07:17 | Comment(0) | 若ハゲ対策

2015年05月24日

育毛食事には野菜を使う

育毛のための食事では野菜が主体となります。

髪の毛を増やすのに有効な野菜はピーマンやニンジンがあります。

ブロッコリーもいいですね。

育毛に良い野菜の一つのにんじんには、β‐カロテンが大変豊富に含まれています。

β‐カロテンは、体内に入ると必要な量だけビタミンAに変換されます

一般的に、にんじんを50g食べれば、成人の1日に必要なビタミンAが摂れます。

ジュースで摂取してもいいでしょう。

ビタミンAは、皮膚や粘膜の保護、風邪予防、高血圧、夜盲症、乾燥肌、冷え症、疲労回復に有効です。

ニンジンの漢方的なパワーとしてその効果は、血液の浄化や循環をよくするなどの作用、作用、活性酸素を中和させる抗酸化作用など、多数あるのです。

効果が総合的に働いて、薄毛治療や体のあらゆる不調を改善してくれるのです。

西洋系とは、アフガニスタンからヨーロッパに到達し、江戸時代後期に長崎に入ってきたものと、アメリカを経由して日本に入ってきたものをいいます。

これらか現在日本で栽培されるにんじんの主流で、西洋系のにんじんの色素はβ‐カロテンによるものです。


一方東洋系は、中国を経て、江戸時代初期に日本に入ってきたにんじんのこと。


現在東洋系で唯一残っているのが金時にんじんで、深い紅色をしています。

赤色はリコピンという色素こよるものです。

にんじんの旬は秋〜冬ですが、1年じゅう手に入りやすいのも大きなメリット。

β‐カロテンの含有量は、青、モロヘイヤに続き3位ですが、食べやすさ(調理のしやすさ)を考えると、薄毛治療に必要な栄養を摂りやすい野菜です。

野菜を摂る量が少ないのではないか、と感じる場合には、野草酵素で補うことです。

野菜酵素、野草酵素が「ダイエット」で大人気ですが、むしろ育毛において役立つんです。

ベジミックスビューティ


Fotolia_59946_XS.jpg


posted by 育毛食事 at 09:05 | Comment(0) | 育毛野菜

2015年05月23日

育毛食事で薄毛対策

若者や女性に薄毛や脱毛が増えているのはなぜか。

一番には食べ物ですよ。

現代の大きな特徴として若い人や女性の薄毛の割合が急速に増加していることが挙げられます。

食生活が欧米化し、動物性タンパク質肉類や脂分を多く摂取するようになったことが、主な原因だと思われます。

加えて、日本の社会が複雑化し、また、多様化したので、サラリーマンや学生も若いうちから大きなストレスにさらされています。

アベノミクスで景気がよくなってきたとはいえ、まだまだ、ムードだけなのですね。

若者の就職などはまだ明るさが見えていません。

女性の社会進出が増え、男性と同様のレベルの仕事を任されてきたことも、かなり影響しています。

アトピーや環境ホルモンの影響で薄毛、ハゲになるのだと思われているケースもあります。

化学物質に囲まれた日本では、複合的な未知の原因による若い人や女性の薄毛化の進行が予想されます。

育毛には食事が大事ですが、食事そのものに化学物質が入ってくる恐れがあるのです。

安全なものを選択すことは大事なのです。

では、薄毛脱毛にはどのような予防方法があるのか?

ハゲ、薄毛、脱毛というのは根本的に遺伝なのです。

近年発達が進んでいる遺伝子研究でも染色体のなかに円形脱毛症に関係する遺伝子が発見されているというのです。

一方で、脂分が原因で実際に薄毛脱毛として症状がでるのは、後天的な環境要因があるのも事実。

遺伝に環境要因がマッチすると、一気にハゲ上がるので注意しましょう。

たとえば、

ハゲ遺伝プラス「睡眠不足」

とか、

ハゲ遺伝プラス「ストレス」

あるいは、

ハゲ遺伝プラス「野菜不足」

などですよ。

遺伝ではない薄毛・ハゲ原因も数多くあります。

ですから、食事内容の見直しや、日常生活の改善によって薄ハゲを予防し治療することができます。

気長に、育毛の食事を含めた生活改善にとりくみ、また、健康に気を使うことでハゲは治せるのです。

実行できることから無理なく取り組むといいのです。

\若々しい毎日に!/セサミン高含有黒ゴマ使用。小林製薬≪セサミンGOLD≫



Fotolia_55789779_XS.jpg



posted by 育毛食事 at 11:52 | Comment(0) | 育毛食事