育毛食事,育毛の食べ物

育毛の基本は食事です。昭和56年にハゲ遺伝子が荒れ狂う中、ハゲ絶望感から私を救ってくれた食事を公開します。3カ月で髪が生えるので、あなたの薄毛不安は消え、安心感につつまれるのです。

Fotolia_64007961_XS.jpg

記事一覧

育毛食事における野菜摂取の重要性

育毛栄養学
育毛食事を意識せずして、髪の毛が生えることはないのです。育毛に成功しない場合、それは、「髪の毛は身体の一部である」ということを意識していないのではないでしょう…

記事を読む

No Image

育毛栄養学
育毛についての研究を含めた若返りの研究は、特にアメリカが盛んです。 髪の毛は「見た目」に大きな影響があり、アメリカでは髪の毛を含めた着た目が重視されるからでし…

記事を読む

No Image

育毛食事
女性の髪の毛の若返りに必要な食品。1.いわし(缶詰が核酸が多い。生でも缶詰でもOK)2.サケ(週に1回)3.エビ、カニ、ハマグリ、カキ、イカを週に1回。4.週…

記事を読む

No Image

育毛栄養学
食事療法による体質改善の漢方育毛法の療法を実行しています。平成27年11月現在の 育毛法は大きく分けると「プロペシアを使う方法」「プロペシア以外の方法」という…

記事を読む

No Image

野菜スープ
髪の毛をグングン生やす野菜の育毛効果について質問です。薄毛など髪の毛の悩みには漢方が良いと聞きました。漢方の分野では野菜が大きな要素ですが、野菜ジュースや野菜…

記事を読む

育毛食事に役立つ育毛酒

育毛酒
薄毛の人の発毛、そして、髪の毛を太く生育させるには育毛酒と食事でOKです。右矢印1 育毛酒の作り方発毛には、育毛酒と食事が重要です。髪の悩みを抱えている人の多くは、…

記事を読む

髪の毛が増えるための育毛食事

発毛に良い食べ物
髪の毛を増やすためには、育毛酒(紅くこ、蓮の種など)と、食事が決め手になるでしょう。育毛シャンプーや育毛剤よりも10倍重要度が高いのです。生活習慣病とよばれる…

記事を読む

No Image

育毛食事
食事改善での育毛法を今回は見ていきます。食事改善での育毛法です。私はこれが一番重要なポイントだと考えます。もともと肉食の多い欧米人にはハゲが多いのですが、日本…

記事を読む

育毛食事における野菜摂取の重要性

育毛食事を意識せずして、

髪の毛が生えることはないのです。

育毛に成功しない場合、それは、

「髪の毛は身体の一部である」

ということを意識していないのではないでしょうか。

人間の身体の「原料」は口から入れたものなのです。

「人間の身体は食べたものでできている」

というシンプルな事実。

それを考えると、

「育毛食事を摂取することが、一番重要なことである」

ということがわかります。

では、何を食べるのか?

どんな育毛本でも強調していることは、

「栄養バランスよく、食べ物を食べる」

ということです。

これは正しい。

肉も食べる、魚も食べる、野菜も食べる、キノコも食べる、

乳製品も食べる。

バランス良く食べることが基本中の基本。

では、あなたの食事はバランスがとれているでしょうか?

おそらく「圧倒的な野菜不足」なのではないでしょうか。

今の日本の生活においては、圧倒的な野菜不足にならざるを得ない環境にあるから。

コンビニの弁当や、ホカホカ弁当の中身を考えてみればわかるはず。

また、外食でも、

ラーメン、牛丼、パスタ、ハンバーガーなど、野菜不足の要因があちらにも、こちらにも。

よく、テレビ通販番組で、クロレラや青汁の宣伝で、


小さなバケツ一杯の野菜を見せて、

「これだけの量を撮らないと、一日に必要な野菜は摂取できないのです!!」

と宣伝をしています。

fd400666.jpg

小さなバケツいっぱいに入った野菜を見ると、

「これは、なかなか難しい」

と誰でも思うはず。

でもね、

育毛においては、その必要量は最低でも食べないといけないのです。

早く成果を出すには、それ以上の野菜が必要とまで言えるのです。

ですから、バランスのとれた食事というのを、あなたが

「これくらいでいいだろう」

と思う場合には、

大幅な野菜不足

だと思わないといけないのです。

あなたが確実に髪を増やしたいのなら、育毛食事として、野菜成分を十分にとる。


そして、ストレスの少ない心の平安を維持する。

睡眠時間は7時間をキープ。

そのうえで、育毛コラーゲンなどの育毛成分を加えることで、

3か月〜6か月で見違えるレベルの育毛成果を得ることができるのです。

回生堂メンズミレット


コラーゲンで髪の毛を太くすることが、手っ取り早く薄毛を治すコツ。

メンズミレットの場合、男性型脱毛症を押さえつける効果と、髪の毛を増やす効果の二つがあるから、

勝負が早いのです。

ハゲたくないなら食事で栄養を摂ることです

育毛についての研究を含めた若返りの研究は、特にアメリカが盛んです。
髪の毛は「見た目」に大きな影響があり、アメリカでは髪の毛を含めた着た目が重視されるからでしょう。
育毛剤や育毛ピルについても、アメリカは最先端の開発がすすんでいるようです。



欧米での育毛の成果として「核酸」を摂取する育毛法があります。
具体的にはイワシの缶詰やサケを食べるものです。
核酸食品を摂取することは、髪の毛の生育にとって効果があり、私は体験済みです。


核酸食品を食べることがアメリカ龍なら、日本の「育毛漢方」も、非常に高い発毛効果を持ったノウハウなのです。
育毛法はいくつかの種類があるのですが、漢方によるものは成果が出やすいのです。
育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリメント、発毛促進マッサージなど、どれも漢方治療の補助的な存在だと、私は考えているのです。


薄毛、ハゲは体質です。
体質は遺伝がかかわります。
ということは、結局、男性型の抜け毛は、遺伝的要素であるといえるのです。
薄毛、抜け毛は血行が不良であるため、というのは認識が甘いです。
薄毛、若ハゲの一要素でしかありません。だいたい10%くらいの影響があるのでしょうか。



薄毛、抜け毛体質の遺伝的要素を、漢方療法によって弱める、あるいはなくする。
それが大事です。
育毛漢方療法のキモは「体質改善」ということになります。
薄毛体質から発毛体質に。
「体質」は決定的と思うかもしれませんが、薄毛体質は変わるのです。


「ハゲ体質は変わるのです」



薄毛、抜け毛体質として生まれてきたとしても、努力で変えられるのです。
「男性型脱毛症の人が、いっきに髪の毛がぼうぼうになる」とはいいません。
けれども、髪の毛が気にならない程度になることは、無理なことではありません。
では結論を言いますと、ハゲ体質改善の第一は食べ物です。


長年の食生活によって、自分の体質は形成されたわけです。
体質作りという点から見ると、西洋型の食生活は、薄毛、抜け毛など髪にとっては良くないものといえるでしょう。
ここで、体質改善の一つの参考例が、赤ちゃんの「男女産み分け」です。
私たち夫婦は、かかりつけの病院でその方法を教えてもらい、結果としては、思い通りの男女で、子供を授かることができました。



男女の産み分け方法のポイントは、食事による「酸性とアルカリ性」の体質づくりでした。
このことからもわかるように、やはり食べ物で、体質は変わるのです。
非常に貴重な経験であり、薄毛、若ハゲの体質改善のヒントにもなりましょう。
育毛漢方療法のノウハウによって生まれつきの薄毛体質は、変えることが可能です。
というか、きっと薄毛体質を改善することができると思います。



漢方療法は、きっとあなたの想像以上に大きいのです。
具体的な事例を考えてみましょう。
若ハゲの人がいたとして、



(Aコース)西洋風の食事、ファーストフード中心、たとえば、やき肉、カップラーメン、コーヒー、ハンバーガーなど。



(Bコース)日本風の食事。具体的にはいわし缶詰、サケ、さば、味噌汁、ドクダミ茶、ほうれんそう、納豆など。



AとBで、同じ遺伝的脱毛症の人が、どちらの食事を選択するか、1年後、かなりの髪の量が違ってくることは間違いないでしょう。
とくに育毛漢方では、薄毛体質とサヨナラするための、育毛食材もあるのです。
紅くこ、黒なつめ、山の芋、はすの実、蜜脾など。


これらを食べることで発毛効果は出ると思います。
遺伝的要素は、食べ物の工夫で、「なくなる、あるいは非常に薄められてくる」というわけです。


なお、核酸食事による育毛を解説したベンジャミン・フランク博士の核酸育毛法ですが、

納豆とキムチが定期的に食べられない人は核酸サプリの活用を考えましょう。



 カテゴリ

女性の髪の毛を豊かに生やす育毛食事

女性の髪の毛の若返りに必要な食品。

1.いわし(缶詰が核酸が多い。生でも缶詰でもOK)

2.サケ(週に1回)

3.エビ、カニ、ハマグリ、カキ、イカを週に1回。

4.週に1回その他の魚をたべる。

5.週に1回牛のレバーを食べる。

などです。

適当な項目数でないと、かえって、実行が難しくなるりますのでね。

これくらいから育毛を実行しましょう。

このいわし育毛療法は、医学博士のベンジャミン・フランク先生の説です。




先生の著書「老化は食べ物が原因だった」ですが、西洋的な考えでまとめられた良書です。

一方の、東洋的な漢方育毛法でも、食事は非常に重要視しています。

食事によって体質改善ができれば、体の症状は変化させられるからです。

遺伝的な体質を漢方の考えなら対処できます。

魚が重要という点では漢方療法も西洋の若返り法も、共通するのですね。

当然、野菜も重要です。

ベンジャミン先生も、若返りの野菜も紹介しています。

野菜が料理として食べるのが難しい人は、サンスターのこのジュースを強くお勧めします。


サンスター おいしい青汁


野菜なくして発毛なし。

ただし、野菜だけで生えるわけでもない。

髪が生える要素を一つでも多く取り入れることが大事なのです。

ハゲたくないなら育毛成分を食事とサプリで補おう

食事療法による体質改善の漢方育毛法の療法を実行しています。

平成27年11月現在の 育毛法は大きく分けると「プロペシアを使う方法」「プロペシア以外の方法」

という大きな二つの分類ができます。

「どちらか一つを選べ」


といわれたら、私は、プロペシア以外の方法です。

なかでも、漢方療法を選びます。


それほど私にとって、漢方育毛法は効果があったのです。

さて、ハゲ体質の人は薄毛対策のために、育毛の基本を実行すべきです。

かんたんに、お話ししましょう。

育毛のためにはインスタントの食べ物はできるだけ避けることが重要となります。

基本的に間食は避けることです。生活リズムが重要なのです。

薄毛治療だけではなく健康のためには休日などは、軽い運動を行い、


体を動かす生活にて、血行を良くしましょう。

血行をよくするには半身浴や足湯をしましょう。

ぬるめのお湯で20分くらい。

食事では脂分の多い食品は避けることが基本です。


私はある時期、肉の多食をしたために、髪の毛が細く、よわよわしくなり、あせったことがあるのです。

そのときは野菜スープを毎日飲んで、3カ月で元に戻しました。

危なかった。

日常の生活では、髪の毛の栄養が不足するので足りない栄養素はサプリメントなどで補うことは、

やはり、必要なのです。

スピルリナやレシチン、コラーゲン、ノコギリヤシなどなど。

右矢印1 薄毛を治すための栄養成分


髪の毛は、心の中が青空のように明るいと、生えやすいです。


ですから、日ごろから明るい、温厚な性格でいるように心がけましょう。

毎日決まった時間に起き、決まった時間きっかりに床につく生活が大切です。

睡眠は7時間はほしいものです。

 カテゴリ

髪の毛を生やす野菜スープが育毛食事の要です

髪の毛をグングン生やす野菜の育毛効果について質問です。

薄毛など髪の毛の悩みには漢方が良いと聞きました。

漢方の分野では野菜が大きな要素ですが、野菜ジュースや野菜スープで野菜を摂ればよいのでしょうか。

(回答)


薄毛を太く健康な髪にするにはには野菜スープが効くのは、そのとおりです。

薄毛やハゲに野菜がよいことは経験的に知られており、育毛に成功した人は、必ずと言っていいほど、


「野菜を摂るようにしましょう」

と発言しています。

まあ、このことは、あなたもご存じのはず。


大切なのは、

「では、十分に野菜成分を摂取していますか?」

ということなのです。


ほとんどの人が野菜不足です。

ですから、意識して野菜を食べて、不足分は何らかの形で補わないと、髪が生える基礎が出来上がらないのです。

野菜ジュースも髪にとって、もちろん悪くないです。

私もこのジュースを愛飲しています。


サンスター おいしい青汁


コーラや缶入りコーヒーを飲むのと、カゴメの野菜ジュースのどちらが健康に、


そして頭髪に良いのかは、考えるまでもなくわかりきったこと。


私は野菜スープ野菜ジュースで大きな発毛の手ごたえを得た気がします。


たとえば野菜スープにもいろんな作成方法がありますが、


この方法は簡単です。


ダイコン、ゴボウ、ニンジン、シイタケを煮込んだ汁を飲むだけ。

育毛効果は本物と私は判定しています。


あるいは、

スプラウト、ブロッコリー、ニンジン、ピーマン、ほうれんそうなどでもいいでしょう。

野菜スープは、多くの症状に効き目があり、

薄毛を太く健康な髪の毛にする効果があるのです。

抜け毛改善効果について書籍に、体験談入りで紹介されています。

体験談は43歳男性。
10年前から前髪が薄くなってきて気にしていた。
その男性は次のように、野菜スープの育毛効果を語る。

〜引用ここから〜

「抜け毛がおさまり、なんと最近は産毛が生えてきました。
若返り現象で、毛根が活発に活動しだしたのが自覚されます。
さらに天然パーマのような髪質の悪い縮れ毛が、このごろはまっすぐな健康な毛になってきました。
そういえば、ストレス性の下痢も治り、習慣化しつつあったギックリ腰まで、最近は影をひそめてしまいました」

〜引用 ここまで〜

この体験者は、1日最低マグカップ1杯を飲むということです。

一時期、この野菜スープは大人気であったが、発案者が少しいかがわしい人物であり、そのことが一つの原因で人気は下火になったという私の記憶があります。

もったいないことです。

以前にも(平成19年はじめ)、納豆がダイエットに効くというのがテレビ局の「やらせ」だったということで、爆発的な人気のあと、急速に納豆の評価が下がるという出来事がありました。

決して納豆のパワーは少なくないのに、そんなことで関心をもった納豆をたべなくなる、というのはもったいない。

この野菜スープも同じだと思います。

髪の毛をはじめ、体にとって悪いはずがないのです。
髪の毛の生育にも効くことは決まっています。

一時期、(平成16年ころ)、ネット上で「ハゲなんか、すぐ治る。野菜ジュースを毎日飲めばよい」ということに論議が起こっていました。

スープとジュースでは、効能は違いますが、関連なので私見を述べます。

野菜ジュースだけで髪の毛が生える、髪の毛が太くなるとは私は思いません。

しかし、はじめに述べたとおり、コーラや缶コーヒーを飲むのと、野菜ジュースを飲むのとで、髪の毛にどういう違いが起こるかを考えれば、答えは明白でしょう。

飲む人が、遺伝的若ハゲの体質でなければ、どちらも大きな違いが髪の毛に現れることはないかもしれません。

しかし、その人が、遺伝的に抜け毛体質であったなら、コーヒーを飲むのか、野菜ジュースを飲むのか、運命の分けれ目となります。

若ハゲ体質の人が毎日2回、どちらかの飲み物を飲むとした場合に1年後は? さらに3年後は? 5年後は?

おそらく非常に大きな差になって髪の毛の太さと量に反映されます。

ネット上では「野菜ジュースなんかでは髪は生えない」という反対意見も多かったのですが、私は以上の見地から、「同じ飲むなら野菜ジュースを選べば髪のためによい」と判定します。

髪の毛を増やすには、情報を大量に仕入れ、少しずつこうしたことを積み重ねる必要があるのです。

しかしそのことは、後になって、大きな見返りがあるのです。

のどが渇き、何か飲みたくてコンビニに入ったとき、あなたが、遺伝的薄毛体質であったなら、缶コーヒーではなく、ニンジンジュースなどの野菜ジュースを選択すべきなのです。

ちなみに、野菜スープの作り方はカンタンです。
ダイコン、ニンジン、ゴボウ、シイタケを煮込んだ汁を飲むだけです。

私は冬になると、通販で、缶入りの野菜スープを購入しています。

「ベータ食品」という会社の商品です。

ずいぶん前から販売しておりロングセラー商品です。

良いから売れ続けているのでしょう。




育毛食事に役立つ育毛酒

薄毛の人の発毛、そして、髪の毛を太く生育させるには育毛酒と食事でOKです。

右矢印1 育毛酒の作り方

発毛には、育毛酒と食事が重要です。

髪の悩みを抱えている人の多くは、生活習慣の乱れが原因であることが多いのです。


髪の毛の健康と生活習慣は密接に関係しているのです。

髪の毛に影響を与えるような生活習慣を慎み、体質改善をすれば、髪の毛は太く生育でき、発毛します。

細くやせ衰えた髪の毛を太くするにはとくに食事は大切です。

髪を生やす食事
薄毛の悩みを抱えている人は食生活に原因がある人が多いと思います。

ダイエットなどでちゃんとした栄養がとれていないと、抜け毛を招くことになります。

正しい食生活を送らないと髪の悩みばかりか、メタボリックシンドロームやそれに付随してくる生活習慣病などにも影響が出てきます。

今のうちにきちんとした食事をする習慣をつけておくことですね。

髪の毛に悪い影響を与える代表的な食べ物は以下のものです。

・塩分過多の食べ物
 塩分は動脈硬化の原因となります。動脈硬化は老化を早めることになりますので 脱毛を助長する可能性があります。

・動物性脂肪を含んだ食べ物
 脂肪を摂取しすぎると毛穴を詰まらせ、抜け毛を引き起こしてしまう可能性があります。

大量に食べないようにします。

髪の毛に良い影響を与える食べ物は以下のようなものです。
・たんぱく質を含んだ食べ物
・亜鉛を含んだ食べ物
・銅を含んだ食べ物
・ビタミンAを含んだ食べ物
・ビタミンBを含んだ食べ物
・ビタミンCを含んだ食べ物

いずれも髪の毛を形作るのに必要な栄養素です。これらを多く含む食べ物である、
大豆、魚類(とくにイワシ、サケ)、玉子、鳥肉、牡蛎、ワカメ、ひじき、牛レバー、牛もも肉、野菜、果物などを摂取することで、髪の毛の健康を維持し、発毛が期待できます。

(注意)
育毛に役立つ食べ物を上記に記載した。こういう部分を「読み流さない」ことが発毛成功の秘訣なんですよ。
多くの人が「ああ、そうか」と読み流す。
生える人は「今から、これらの食材を買いに行こう」とすぐに行動する。
この差は大きいよね。


正しい食生活の基盤ができていれば、髪の毛を太く育てるのに育毛酒が大いに効果を発揮できます。

右矢印1育毛酒をマスター


Fotolia_84656599_XS.jpg
 カテゴリ

髪の毛が増えるための育毛食事

髪の毛を増やすためには、育毛酒(紅くこ、蓮の種など)と、食事が決め手になるでしょう。

育毛シャンプーや育毛剤よりも10倍重要度が高いのです。

生活習慣病とよばれる病気、症状にはまず食事療法をとるのいが「王堂」です。

私も先日、会社がお金を出してくれて「人間ドック」に行っていました。

人間ドックの後で知人らと数人で話し合ったたのですが、糖尿病のおそれのある人は、保健婦さんの面談では、とにかく食事療法を勧められたようです。

髪の毛も同様です。

人間の体は食事から作られていくわけですので、まずは原料を目的にかなったものにしなければなりません。

髪の悩みを抱えている人の多くは、生活習慣の乱れが原因であることが多い。


髪の毛の健康と生活習慣は密接に関係している。

髪の毛に影響を与えるような生活習慣を慎み、体質改善をすれば、髪の毛は発毛します。


とくに食事は大切です。

髪を生やす食事


髪の悩みを抱えている人は食生活に原因がある人が多いはず。

女性なら、ダイエットなどでちゃんとした栄養がとれていないと、抜け毛を招く。

正しい食生活を送らないと髪の悩みばかりか、メタボリックシンドロームやそれに付随してくる生活習慣病などにも影響が出てきますので、今のうちにきちんとした食事をする習慣をつけておくことですね。

髪の毛に悪い影響を与える代表的な食べ物は以下のものです。

・塩分過多の食べ物
 塩分は動脈硬化の原因となります。動脈硬化は老化を早めることになりますので 脱毛を助長する可能性があります。

・動物性脂肪を含んだ食べ物
 脂肪を摂取しすぎると毛穴を詰まらせ、抜け毛を引き起こしてしまう可能性があります。大量に食べないようにします。

髪の毛に良い影響を与える食べ物は以下のようなものです。
・たんぱく質を含んだ食べ物
・亜鉛を含んだ食べ物
・銅を含んだ食べ物
・ビタミンAを含んだ食べ物
・ビタミンBを含んだ食べ物
・ビタミンCを含んだ食べ物

いずれも豊かな髪の毛を創生するのに必要な栄養素です。

これらを多く含む食べ物を具体的に言いますと、
大豆、魚類(とくにイワシ、サケ)、玉子、鳥肉、牡蛎、ワカメ、ひじき、牛レバー、牛もも肉、野菜、果物などを摂取することで、髪の毛の健康を維持し、発毛が期待できます。

99049102-S-imagenavi.jpg

正しい食生活の基盤ができていれば、育毛酒が発毛に効果が大きくなります。

「食生活の基盤」ができていないと、育毛酒や育毛サプリなども効果が少なくなるのです。

私はサプリメントもぜひとるようにお勧めしますが、サプリメントよりも前に、毎日の食事が、発毛を促進するものであること。


毎日の食事が「ハンバーガーとコーラのセット」なのか、


あるいは「イワシやサケなどの魚とブロッコリーなどの野菜中心の食事」なのかで、

1年後の髪の毛は大きく違ってくるのです。

薄毛対策は食事改善から始めよう

食事改善での育毛法を今回は見ていきます。

食事改善での育毛法です。

私はこれが一番重要なポイントだと考えます。

もともと肉食の多い欧米人にはハゲが多いのですが、日本人も欧米化が進み、それにともなって薄毛、ハゲが多くなったのです。

日本人も薄毛化が進行しているのです。

薄毛の進行は、あきらかに食事の影響があります。

身長などは欧米化によって改善が見られたわけですが、こと髪の毛について言えば、改悪としかいいようがありません。

そこで食事を改善することで、髪の毛を増やそうとするならば、


基本的には、「日本食」ということになります。

なっとう、ひじき、いわし、サケ、味噌汁、など、髪の毛によい食材を利用した日本食こそが、髪の毛を蘇らせることになります。

肉をやめ、魚をたべる。

野菜を中心とし、ファーストフードをやめる。

タバコ、酒をひかえる。

髪の毛に良い育毛酒を飲む。

などの努力で、薄毛は改善できます。

一気に髪の毛を生やそうとすれば、頭皮マッサージや、発毛サプリメント、育毛剤の使用なども、重要になります。

発毛サプリメントではスピルリナ、レシチン、ビタミンE、あるいは最近人気の「パルテノライド」などもよいでしょう。

ただし、繰り返しますが、ハゲは体質改善が必須であることから、食事はもっとも重要といってもいいのです。

抜け毛の原因を考えると、皮脂が原因ではないかという説があります。

人の頭はハゲるとハゲ部分がテカテカと光り輝き始めます。

これは、皮脂の影響なのです。

頭の表面に皮脂が多くなると、脂性のフケが出てきて、毛穴がつまり、栄養障害をおこすのではないかという説があるのですね。

解明はされていませんが、食べ物が関連して、皮脂が多くなってくることは、ありうる話です。
Copyright © 育毛食事でみるみる髪が生えてきた All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます