�J�e�S���[�F若ハゲ対策

Fotolia_64007961_XS.jpg

2015年07月28日

抜け毛体質を、髪の抜けない体質、さらには髪が生える体質にすればよい。

以前はハゲ、薄毛は不治の症状といわれていました。

後戻りのできないものだと考えられていたのです。

ハゲも、例えば、体質に合った育毛剤で生えるという場合もあります。

Fotolia_100167028_XS.jpg

いままで、脱毛に対してあきらめの気持ちを持ったり、ひらきなおったりするしかなかったものが、積極的に育毛に取り組むようになったのです。

私の育毛体験からいうと、薬(育毛剤)やサプリメント、あるいは髪の毛の医者の診断などに頼りきりでは髪は復活しない場合が多い。

本人の努力というか、本人の意志により育毛生活を実践しないと難しい。

よく、育毛は植物の生育に例えられます。

フレッシュでいきいきとした植物ができるには、それなりの作業が必要。

ほったらかしであれば、植物も育たない。

植物と髪の毛の共通点は、植物にとって土壌が大切であるように、髪の毛についても、頭皮をはじめ、体全体が土壌となるわけで、土壌改善で、髪の毛もスクスク育つのです。

土壌改良すなわち、体質改善なのです。

抜け毛体質を、髪の抜けない体質、さらには髪が生える体質にすればよい。

しかし、このことは容易ではありません。

育毛剤でかんたんに体質が変わり、抜け毛が止まり、髪の毛がグングン生えれば、それは幸せなことです。

例えば、「植毛」で、自分の髪の毛の元気な部分を、髪の毛の少ないひたいや、頭頂部に植える、という方法があります。

しかし、体質が抜け毛体質のままなら、いずれ抜け落ちるのは明らかです。

Fotolia_98306265_XS.jpg

どこの毛であろうと、体質を改善しなければ、その体質の命ずるままに、体は応じていくのです。

結論を言えば、体質改善は食事で決まる。


糖尿病、高血圧症をはじめ、非常に多くの病気には「食事療法」というものが必要になります。

それくらい食べ物は影響を持つのです。

では、ハゲ体質を改善するにはどうすればよいか?

ずばり、漢方療法による髪の生える体質に自分を変える必要があります。

お金はあまりかかりません。

しかし、努力は必要です。

カンタンか?と問われれば、カンタンではありません。

かんたんなら、これほど抜け毛に悩む人はいないはず。

誰もがかんたんな育毛剤に走り、土壌改善をしない植物のように、枯らしてしまっているのです。

漢方育毛法はカンタンではないが、効果は大きい。

まずは基本であることを実践。

1.7時間以上寝てないなら、育毛体質になれない。

2.髪の毛に血液が流れるように、非常にソフトなタッチでのマッサージを機会をみておこなう。

3.サバ、イワシ、大豆、緑の野菜、スピルリナ、レシチン、どくだみ茶、ビタミンEを摂取する。

以上をまずは習慣づける。

すると、明らかに髪の毛は変化するのです。

これは、あくまでも最低限の実践である。

とにかくネットをはじめ、健康雑誌で、情報を仕入れること。

髪の毛だけでなく、肌、目によいものを、試していくことで髪の毛が生える条件が徐々に出来上がってくるのです。

そのうえで、自分にフィットした育毛剤と育毛シャンプーを利用することで、発毛はブーンと加速するのですね。
タグ:育毛体質
posted by 育毛食事 at 00:00 | Comment(0) | 若ハゲ対策

2015年06月04日

育毛食事で若ハゲ対策

若ハゲ対策としての発毛食品

若ハゲを予防し、抜け毛を治す食事について。

若ハゲにとってに悪い食事とよい食事があります。

平成27年現在では、かなり明確に、その判別ができます。

育毛に役立つ情報のなかでも「食」にかんするものは非常に大切ですね。

若ハゲや薄毛、抜け毛などの各種の症状にあわせた効果的な食事というものがあるのです。

単純に考えてみて、髪の毛は体の一部であるので、食事が体を作っていることから、若ハゲ対策に食事が大切であることは当然なのです。

脱毛の原因としてビタミンAの取りすぎがあるのですが、私は

「なにか過剰にやりすぎると、育毛にはよくない」

と思いますね。

ビタミンでも、たんぱくいつ質でも、ミネラレでも「過剰」がいけないのです。

さて、多くの育毛関係者が指摘するように、脱毛の一般的な原因としては、遺伝のほかには、

血行不良および
含硫アミノ酸
ビタミン
ミネラル類
の不足

だといえます。

若ハゲにとって大敵のストレスが加わって、血行が滞り、毛根の代謝が止まると、いっきに薄毛、ハゲが進行していくのです。

対策としては、

栄養素の補給

マッサージ

が必要となります。

私は、根本的に「脱毛は遺伝的要素が強い」と考えるので、栄養とマッサージだけでは抜け毛、薄毛は完治しないと思うけれども、最低限これは実行するべきなのです。

ある育毛関連の学者はイヌイットの例をあげ、

「イヌイットは頭のはげる人がきわめて少ない民族である。その理由は定かでないが、魚を生で食べる食生活が関係しているのではないかといわれている」

と述べています。


「アメリカ・インディアンにハゲはいない。なぜ?」という某有名シャンプーの言葉ではないが、民族によりハゲの割合の差は大きい。

欧米の白人には、ハゲの人の割合が多いと報告されています。

イヌイットについては、魚を生で食べるので、ミネラルが多く取れるのだとしているわけで、私たちももっと魚を食べることが重要ポイントです。

若ハゲ対策にとっていいことはすぐに、取り入れましょう。

また、ミネラルが発毛・育毛に必要なのも覚えておきたい事項ですね。

日本人は魚の内臓はたべないので、イヌイットと比べ、魚をたべてもハゲる割合が高いのかもしれない。

ミネラルはサプリメント等で補うこともできます。

野菜などのミネラルは昔と比べて含有量が非常に少なくなったのです。

食料を若ハゲ対策用の塗り薬にも使用できます。

一つはゴマ油と塩を良く混ぜ合わせ、毛の薄くなったところにすり込むまたは、にんにくとしょうがをすりおろし、布でこした汁を良く混ぜ合わせ、軽くマッサージしながら毛の薄くなった地肌にすりこみ、15分で洗い流す。

週に2回を3か月続けるといいのです。

アロエなども食料、飲料としても育毛効果があるのですが、塗り薬としてもいいのです。

「酢」も、飲んでよし、塗ってもよしという育毛食材になるのです。

黒酢とバナナの同時摂取が育毛に大きな効果があると健康雑誌の特集に出ていました。

値段も安いので実行しています。

私の愛用はこれ。


おいしい。


黒酢と黒豆でダイエット!お試しセット1000円!


IMGP1225.JPG


posted by 育毛食事 at 07:17 | Comment(0) | 若ハゲ対策