�J�e�S���[�F育毛食事生活

Fotolia_64007961_XS.jpg

2014年08月09日

育毛食事で若ハゲ対策

若ハゲの恐怖を、今、味わっている人は、

「若ハゲで、なぜ、この俺がこんな目にあうんだよぉ」

という恐怖と怒りが混合したような感情を、持ったことがあるのでは?

Fotolia_59946_XS.jpg

私は体験しているので、よくわかります。


ハゲを体験した人同士の「共通体験」なのです。


「オレは正直に生きてきた。人にも迷惑をかけずに。なのになぜハゲが進行するのか」

と思ったとしても、しかたがないのです。


ハゲ遺伝子を持ったご先祖様や親をうらんでも、しようがない。

親も、ご先祖様も好きで薄毛だったわけではないはず。

同じように苦しんだのかもしれません。

たぶん、そう・・・・・・。


けれども、そういう気持ちから解放される最良の方法は薄毛改善に成功し、

ハゲの恐怖から自由になることなのです。

それとも、あきらめの境地でハゲを受け入れるか。

さらには自分の器が大きくなり、自分の頭髪に対し寛大になったときでしょうね。


「99%は遺伝子でわかる!」 ティム・スペクター著

大和書房  2007年9月発行 1600円

という本を読みましたよ。




この本の中で、

「ハゲるのは偶然? 必然?」という質問がある。

著者は、

「男性がハゲてしまうかどうかは、遺伝子が決定的役割を握っている」

と回答しているね。

これには同意します。

遺伝なのですよ、薄毛、若ハゲは。

本の著者は、「将来自分がハゲてしまうかどうかは、父親の頭を見たり、さらには祖父や曽祖父の頭がどうだったか聞いてみればよい」

と書いています。


ハゲに苦しむ人は、言われなくともわかってる。


冠婚葬祭で、親類が集まると、高校生くらいになると、

「オレも、いずれは、あんな頭になるのか・・・・」

という暗い気持にもなるのです。


著者は、「古代西洋では、ハゲていても胸毛があるほうが女性にモテていた」ことを例に挙げ、

「ハゲ頭の男性は、再びその時代の流行が復活するように祈ってもらいたい」

と言っている。

残念ながら、今の日本では、ハゲはますます肩身が狭いのです。


見た目重視の世の中。



ハゲ、チビ、デブは生きづらい。

だったら、「ビューティーコロシアム」ではないですが、見た目をよくする努力をしてはどうでしょう。

男も女もルックスが大事です。

ハゲは遺伝とは言え、なんとかなります。

それは、もう事実。

あたかも「地球は丸いんだよ!!」というレベルで確実。


遺伝的要素を克服した事例はあるのです。

その一人が私です。

24歳で若ハゲの兆候が出てきましたが、漢方育毛療法で、50代になっても、自分は満足できる頭髪量です。

ただし、

「こんなに努力しているのに、これだけの髪の毛のボリュームか」

と思うこともあります。

こんなにも発毛を促進するよう努力しているのに、遺伝的要素のない人には負けます。

でも大丈夫。

このまま、死ぬまでカツラや植毛は不要なレベルです。

特に、40代以降になると、男性ホルモンの影響が少なくなったようです。

男性型脱毛は、20代なかばが、強烈でした。

ハゲを招く男性ホルモンが盛んに分泌されていたのでしょうね。

私だけでなく、プロピアシャンプーの水道橋博士もまた、髪の毛を復活させた一人ですね。

ここで、遺伝的なハゲ克服のヒントを述べましょう。

(ハゲ遺伝子克服のヒント)

イメージしましょう。

1000人の赤ちゃんが、同じような食事、同じような環境、同じような精神ストレスのもとで暮らしたとしても、30歳になったとき、髪の毛には大きな違いが起こっているに違いありません。

この現象が「遺伝的男性型脱毛症」の影響なのです。

1000人のなかで、環境、食事が同じだったとしても、頭髪状況に差が出るのは、まさしく遺伝的要素によるからですね。

ハゲだけではないでしょうが。

しかし、多くの病気が食事療法で改善できるように、薄毛、抜け毛も食事によって、大きく改善できます。

漢方の育毛法では明確に事例を積み上げてきた先人たちがいるのです。(高橋由美子先生など)

育毛には食事を改善して、血液にハゲを抑制する成分、また、髪の毛の生育を促進する成分を溶け込ませていくのです。

まずは、野菜、野草の成分を摂るのです。

野菜のチカラに感謝!

野菜成分は最低条件。
posted by 育毛食事 at 21:59 | Comment(0) | 育毛食事生活

2014年06月01日

育毛食事にサプリメントを加える

育毛食事が、なぜ、成功確率が高いのか?

なぜ、育毛剤に頼った育毛法では挫折している人が多いのか?

私にはよくわかります。

育毛に情熱をそそいだ30有余年の活動によって、そういうことがわかるのです。

実によくわかる。

「体得(たいとく)した」ともいえるでしょう。

これほどの情熱をもって会社の仕事にも励んで、仕事を体得していたら、今頃は部長くらいにはなっていたかもしれないですがねぇ。

それは、なかったな。

余談はともかく、昨日、平成26年5月末現在の育毛サプリを写真にとったのですよ。

IMGP1148.JPG
(26年5月末撮影)

我ながら、「ここまでやるべきなのか?」と言う感想を持ちました。

ここに写真に撮ったのはサプリメント系のものだけで、他にも、

コラーゲンやプラセンタ、ドクダミドリンク、核酸ドリンクなどドリンク系は冷蔵庫に置いてあるし、

スピルリナやレシチンは食卓の場所に置いてあるからね。

全部合わせると、すごい量だよ。

でも、まあ、あなたもご存じのように、

育毛に良いことは肌にも健康にもよい

という原則があるから、中高年になって、育毛に努力してきたことが報われる。

人間ドックも不安なし。


またまた、余談が続きました。


ここからが、本題。


私が30年以上の育毛生活で得た育毛の本質は、

1.身体は口に入れた食べ物でできている

2.髪の毛は身体の一部である

3.だから、髪の毛は食べたもので決まる

という三段論法ですよ。

育毛は食事できまる。

髪の毛は食べ物で決まる。


最近のベストセラーの本に、

「あなたの体は6か月前に食べたものでできている」

という内容が書かれていましたが、そのとおりだと共感しました。

私をハゲ恐怖から解放してくれた育毛本「みるみる髪が生えてくる」でも食べ物で育毛を進める内容でした。

で、結論としては、

育毛を成功させるには、育毛成分を口から取り入れて、その成分を血液の中に溶け込ませて、血液に乗せて、毛母細胞に届ける。

これが、育毛成功の法則なのです。


言いかえると、

育毛剤を頭に塗っても、血液に変化はないので、育毛効果が限定的。

また、頭皮に電気刺激を与えるという育毛治療器具にしても、血液に変化はない。

だから、限定的。


さらに、結論中の結論。

ハンバーガーとコーラを口に入れた場合の血液が、頭皮において髪の毛を生やすと本気で思えますか、ということですよ。

一方、

ブロッコリーやピーマン、そしてイワシや豆腐に加えて、ノコギリヤシ、プラセンタ、亜鉛成分などを口から取り入れて血液に溶け込んでいけば、いずれ髪が増えてくると考えたほうが「あたりまえ」なのですよ。


追伸で〜す。

冒頭の写真に写っているサプリの解説を以下のブログで解説していますので読んでみてください。

ブログ:「育毛サプリメント頂上決戦」



posted by 育毛食事 at 11:03 | Comment(0) | 育毛食事生活