�J�e�S���[�F育毛栄養学

Fotolia_64007961_XS.jpg

2016年02月11日

育毛に良い食事としてのコラーゲン含有食

コラーゲン食物で薄毛を治す。

コラーゲンコラーゲンが多い食品とは?

どんなものにコラーゲンが多く含まれているのでしょうか。

コラーゲンには海洋性と、動物性のものがあり、海洋性は魚から抽出されるものが多いのです。

繊維成分になっていて分解吸収されやすく、頭髪や、つめ、肌に劇的な効果をもたらしてくれます。

よく知られているのがフカヒレやスッポンで、コラーゲンたっぷりの高級食材として大人気!!

その他、ウナギの皮など栄養価の高いものにたくさん入っています。

動物性は、牛肉、豚肉、鶏肉に多く含まれるたんぱく質から抽出されるものです。

昔から重視されてきたコラーゲンの一種ですが、海洋性よりも臭いがきつく、口にしにくいという欠点もありました。

どちらにせよ、食品をそのまま摂取すると、たくさんのエネルギーを摂取することになってしまい、逆に美容に良くないこともあります。

ダイエット中には逆効果になってしまうため、必然的に、髪の毛や肌に必要な美容成分も不足してしまう事になります。

なので、カイセイコラーゲンを飲むなどして対応しないと肌も、髪の毛も大変な状態になるのです。


摂取カロリーは少なく、良質な美容成分は多く取り入れたいと考えると、やはり、サプリメントや美容健康ドリンクが効率的です。

食べる量は少なくても、たっぷりの栄養素が肌のハリ、そして髪の毛のコシの強化を助けてくれます。

海洋性のコラーゲンドリンクなら臭いも気にならず美味しく飲め、さらに髪の毛や肌に即効性が期待できます。

日ごろの生活では無理せず、ビタミンバランスのとれた食事を心がけ、加えてドリンクを毎日飲むのが理想的です。

それでも毎日1本継続して飲んでいけば、十分変化が見られるでしょう。

髪のハリやコシに【回生堂ミレット】 カイセイコラーゲンなら一日一カップですね。

自分の肌がどんどん美肌になっていくことが実感でき、毎日が楽しくなるでしょう。


回生堂メンズミレット





posted by 育毛食事 at 07:39 | Comment(0) | 育毛栄養学

2016年01月09日

育毛食事における野菜摂取の重要性

育毛食事を意識せずして、

髪の毛が生えることはないのです。

育毛に成功しない場合、それは、

「髪の毛は身体の一部である」

ということを意識していないのではないでしょうか。

人間の身体の「原料」は口から入れたものなのです。

「人間の身体は食べたものでできている」

というシンプルな事実。

それを考えると、

「育毛食事を摂取することが、一番重要なことである」

ということがわかります。

では、何を食べるのか?

どんな育毛本でも強調していることは、

「栄養バランスよく、食べ物を食べる」

ということです。

これは正しい。

肉も食べる、魚も食べる、野菜も食べる、キノコも食べる、

乳製品も食べる。

バランス良く食べることが基本中の基本。

では、あなたの食事はバランスがとれているでしょうか?

おそらく「圧倒的な野菜不足」なのではないでしょうか。

今の日本の生活においては、圧倒的な野菜不足にならざるを得ない環境にあるから。

コンビニの弁当や、ホカホカ弁当の中身を考えてみればわかるはず。

また、外食でも、

ラーメン、牛丼、パスタ、ハンバーガーなど、野菜不足の要因があちらにも、こちらにも。

よく、テレビ通販番組で、クロレラや青汁の宣伝で、


小さなバケツ一杯の野菜を見せて、

「これだけの量を撮らないと、一日に必要な野菜は摂取できないのです!!」

と宣伝をしています。

fd400666.jpg

小さなバケツいっぱいに入った野菜を見ると、

「これは、なかなか難しい」

と誰でも思うはず。

でもね、

育毛においては、その必要量は最低でも食べないといけないのです。

早く成果を出すには、それ以上の野菜が必要とまで言えるのです。

ですから、バランスのとれた食事というのを、あなたが

「これくらいでいいだろう」

と思う場合には、

大幅な野菜不足

だと思わないといけないのです。

あなたが確実に髪を増やしたいのなら、育毛食事として、野菜成分を十分にとる。


そして、ストレスの少ない心の平安を維持する。

睡眠時間は7時間をキープ。

そのうえで、育毛コラーゲンなどの育毛成分を加えることで、

3か月〜6か月で見違えるレベルの育毛成果を得ることができるのです。

回生堂メンズミレット


コラーゲンで髪の毛を太くすることが、手っ取り早く薄毛を治すコツ。

メンズミレットの場合、男性型脱毛症を押さえつける効果と、髪の毛を増やす効果の二つがあるから、

勝負が早いのです。
posted by 育毛食事 at 11:06 | Comment(0) | 育毛栄養学

2015年11月23日

ハゲたくないなら食事で栄養を摂ることです

育毛についての研究を含めた若返りの研究は、特にアメリカが盛んです。
髪の毛は「見た目」に大きな影響があり、アメリカでは髪の毛を含めた着た目が重視されるからでしょう。
育毛剤や育毛ピルについても、アメリカは最先端の開発がすすんでいるようです。



欧米での育毛の成果として「核酸」を摂取する育毛法があります。
具体的にはイワシの缶詰やサケを食べるものです。
核酸食品を摂取することは、髪の毛の生育にとって効果があり、私は体験済みです。


核酸食品を食べることがアメリカ龍なら、日本の「育毛漢方」も、非常に高い発毛効果を持ったノウハウなのです。
育毛法はいくつかの種類があるのですが、漢方によるものは成果が出やすいのです。
育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリメント、発毛促進マッサージなど、どれも漢方治療の補助的な存在だと、私は考えているのです。


薄毛、ハゲは体質です。
体質は遺伝がかかわります。
ということは、結局、男性型の抜け毛は、遺伝的要素であるといえるのです。
薄毛、抜け毛は血行が不良であるため、というのは認識が甘いです。
薄毛、若ハゲの一要素でしかありません。だいたい10%くらいの影響があるのでしょうか。



薄毛、抜け毛体質の遺伝的要素を、漢方療法によって弱める、あるいはなくする。
それが大事です。
育毛漢方療法のキモは「体質改善」ということになります。
薄毛体質から発毛体質に。
「体質」は決定的と思うかもしれませんが、薄毛体質は変わるのです。


「ハゲ体質は変わるのです」



薄毛、抜け毛体質として生まれてきたとしても、努力で変えられるのです。
「男性型脱毛症の人が、いっきに髪の毛がぼうぼうになる」とはいいません。
けれども、髪の毛が気にならない程度になることは、無理なことではありません。
では結論を言いますと、ハゲ体質改善の第一は食べ物です。


長年の食生活によって、自分の体質は形成されたわけです。
体質作りという点から見ると、西洋型の食生活は、薄毛、抜け毛など髪にとっては良くないものといえるでしょう。
ここで、体質改善の一つの参考例が、赤ちゃんの「男女産み分け」です。
私たち夫婦は、かかりつけの病院でその方法を教えてもらい、結果としては、思い通りの男女で、子供を授かることができました。



男女の産み分け方法のポイントは、食事による「酸性とアルカリ性」の体質づくりでした。
このことからもわかるように、やはり食べ物で、体質は変わるのです。
非常に貴重な経験であり、薄毛、若ハゲの体質改善のヒントにもなりましょう。
育毛漢方療法のノウハウによって生まれつきの薄毛体質は、変えることが可能です。
というか、きっと薄毛体質を改善することができると思います。



漢方療法は、きっとあなたの想像以上に大きいのです。
具体的な事例を考えてみましょう。
若ハゲの人がいたとして、



(Aコース)西洋風の食事、ファーストフード中心、たとえば、やき肉、カップラーメン、コーヒー、ハンバーガーなど。



(Bコース)日本風の食事。具体的にはいわし缶詰、サケ、さば、味噌汁、ドクダミ茶、ほうれんそう、納豆など。



AとBで、同じ遺伝的脱毛症の人が、どちらの食事を選択するか、1年後、かなりの髪の量が違ってくることは間違いないでしょう。
とくに育毛漢方では、薄毛体質とサヨナラするための、育毛食材もあるのです。
紅くこ、黒なつめ、山の芋、はすの実、蜜脾など。


これらを食べることで発毛効果は出ると思います。
遺伝的要素は、食べ物の工夫で、「なくなる、あるいは非常に薄められてくる」というわけです。


なお、核酸食事による育毛を解説したベンジャミン・フランク博士の核酸育毛法ですが、

納豆とキムチが定期的に食べられない人は核酸サプリの活用を考えましょう。



posted by 育毛食事 at 23:40 | Comment(0) | 育毛栄養学

2015年11月21日

ハゲたくないなら育毛成分を食事とサプリで補おう

食事療法による体質改善の漢方育毛法の療法を実行しています。

平成27年11月現在の 育毛法は大きく分けると「プロペシアを使う方法」「プロペシア以外の方法」

という大きな二つの分類ができます。

「どちらか一つを選べ」


といわれたら、私は、プロペシア以外の方法です。

なかでも、漢方療法を選びます。


それほど私にとって、漢方育毛法は効果があったのです。

さて、ハゲ体質の人は薄毛対策のために、育毛の基本を実行すべきです。

かんたんに、お話ししましょう。

育毛のためにはインスタントの食べ物はできるだけ避けることが重要となります。

基本的に間食は避けることです。生活リズムが重要なのです。

薄毛治療だけではなく健康のためには休日などは、軽い運動を行い、


体を動かす生活にて、血行を良くしましょう。

血行をよくするには半身浴や足湯をしましょう。

ぬるめのお湯で20分くらい。

食事では脂分の多い食品は避けることが基本です。


私はある時期、肉の多食をしたために、髪の毛が細く、よわよわしくなり、あせったことがあるのです。

そのときは野菜スープを毎日飲んで、3カ月で元に戻しました。

危なかった。

日常の生活では、髪の毛の栄養が不足するので足りない栄養素はサプリメントなどで補うことは、

やはり、必要なのです。

スピルリナやレシチン、コラーゲン、ノコギリヤシなどなど。

右矢印1 薄毛を治すための栄養成分


髪の毛は、心の中が青空のように明るいと、生えやすいです。


ですから、日ごろから明るい、温厚な性格でいるように心がけましょう。

毎日決まった時間に起き、決まった時間きっかりに床につく生活が大切です。

睡眠は7時間はほしいものです。

posted by 育毛食事 at 11:45 | Comment(0) | 育毛栄養学

2013年11月08日

薄毛対策に良い食事をしよう

薄毛対策というと、服薬治療やサロン通いを思い浮かべる方も多いかもしれません。


しかし、費用も掛かるので、まずはできる範囲のことで対策を立ててみたいものです。



髪の毛を育てるためには、食事の質を高めることが重要です。



私の昭和56年からの育毛成果の到達点は、ここなのですよ。



いままで薄くなる一報だった髪の毛に対して、「発毛スイッチ」をオンにするには、食べ物なのです。



5.jpg


最新のアンチエイジングの研究でわかったことは、


「脳は血液の状態から、自分が何歳であるかを判断する」というのです。



だから、食べ物が大事なのです。


漢方育毛法においても、



「髪の毛は血液からできてくる」


という解釈をしてきました。



昔からそういうふうに漢方では考えていた。




すばらしい直観というか、洞察力ですよね!!



つまり、結論を言えば、



血液を髪の毛が生える健康な内容の血液にすれば、



あなたの脳が


「自分はまだ若いから、髪の毛も多くあるべきなのだ」


と判断します。


そうすると髪の毛が増えてくるのですよ。



だから、育毛成分を口から摂取して、血液を良好なものにしたいのです。



また、



食事の時間が不規則だったり、外食が多い場合には、できるだけ決まった時間に自宅で摂るようにしていきましょう。


3食でバランスを取るという観点から、オフィスでの昼食も外食ではなく、お弁当を持参すると内容が改善されます。



薄毛対策のため、特に気を付けたいのは、油ものの摂り過ぎに注意することと、アルコールを飲みすぎないことです。



脂っこいものを食べすぎると皮脂の分泌が活発になり、毛穴が詰まりがちになります。




また、アルコールは少量ならリラックス効果もありますし、血行も良くなりますが、




摂取しすぎると分解しきれなくなったアセトアルデヒドが男性型脱毛を促すDHTを増加させてしまう恐れがあります。


食事内容については、特定のものに偏らず、まんべんなく栄養を摂取することで、相互に吸収が良くなります。




ビタミンやミネラル、たんぱく質など必要な栄養素を意識するとともに、




夕食は早めの時間に済ませると、成長ホルモンが効率的に分泌され、髪の毛にも良い影響があります。



追伸


ドクダミ成分、ごま、レシチン

を摂取し、血液に溶け込ませましょう。


これであなたの「血」は髪の毛を育てるパワーを持った血液となり、



それが毛母細胞に到達して、髪の毛を増やす働きをするのです。

posted by 育毛食事 at 20:47 | Comment(0) | 育毛栄養学