�J�e�S���[�F栄養素

Fotolia_64007961_XS.jpg

2014年12月27日

育毛の食事で髪が生える栄養を摂る

育毛のための食事で、髪が生える栄養を摂るべし。

2014年もあと5日で終わります。

あなたの髪の毛は2014年に増加しましたか?

2015年は、さらに、育毛のための食事を心がけ、太く元気に育ててほしいです。

さて、

髪の毛が少なくなってきますと、できるだけ早く、原因追究と対策を実施しなくてはなりません。

ハゲ始めはすごく速いスピード感で薄くなっていきますから。

私の20代の薄毛化の原因はストレスだったと思うのです。

それに加えて、毎日が残業残業で、適切な栄養も摂れなかったのです。

薄毛に悩む人に人に共通していること。

それは「栄養」なのです。

育毛のためには必要な栄養があります。

育毛に重要な栄養を食事によって確実に摂ることで、薄毛化は防げるのです。

毛髪はタンパク質を材料として作られています。

そして亜鉛がタンパク質を髪に変えるのです。

身体内のタンパク質を毛母細胞に撫で送り届けるのがビタミンです。

栄養素だけで考えると、

タンパク質、

亜鉛、

ビタミン

が育毛には重要なのです。

上記のの栄養は薄毛対策だけではなく、人間にとって健康には必要なものばかりです。

薄毛対策というと、すぐに育毛剤を思い浮かべるかもしれません。

でも、食事を重要視して、栄養を摂ることの方が、結局は早く髪が生える。

育毛食事で栄養を摂るだけではパーフェクトとは言えません。

たとえば大きなストレスを受けると効果が出ません。

睡眠不足の場合も同様に、効果が十分に発揮できません。

食事により、育毛の栄養を取り、栄養成分が効果を発揮できるようにしましょう。

そうしているうちに、

「おおっ! いつの間にか髪の毛がずいぶん増えてきているよ!!」

とうれしい驚きの時がくるわけです。

育毛剤を活用して頭皮を守り髪を増やす考え方もあります。

でも、育毛漢方療法の教えから言うと、身体内から髪を育てることが効果が大きい。

せっかくの育毛努力を無駄にするものとして、

「タバコ、深酒、心の乱れ」

が挙げられます。

自分で解決しなくてはなりませんが、サプリメントの活用もいいでしょう。

眠れるサプリ

禁煙サプリ

禁酒サプリ

ストレス解消サプリ。

などなど。

どれも無駄ではないです素。

あなたができるところから改善をスタートさせてください。

思うように2014年に成果が出なかった人は、5大育毛法の一つ。

核酸育毛法を実行してはどうでしょうか。

これは効果が出ます。

参考
1.5大育毛法

2.核酸育毛法


(核酸を摂取したら、3か月後の美容室の鏡が楽しみになるよ)
Fotolia_55789779_XS.jpg

posted by 育毛食事 at 14:24 | Comment(1) | 栄養素

2013年10月05日

髪が生えるための栄養素で薄毛解消だ

髪の毛を生やしたい人への私の体験からの情報提供ブログです。



髪の毛は身体の一部です。


身体は口から取り入れる栄養分で変化します。



食べ物によって人の体が作られているといっても過言ではありません。


体に良い食べ物を食べていれば体も健康になりますし、悪い食べ物ばかり食べていれば当然体の状態は悪くなっていきます。



3.jpg



自分では体の中までチェックすることができませんので、常にバランスの取れた食生活を意識することが大切です。



最近では乱れた食生活が原因で若いうちから薄毛になる方が増えてきているのです。



お菓子や脂っこい食べ物ばかりでは栄養が足りませんし体に毒素ばかり溜まってしまいます。




育毛をするのであれば髪の毛のために良い食べ物を食べることが大切なのです。




たとえば人間の体、主に筋肉や髪の毛を生成しているのはたんぱく質ですから必ず毎日摂取する必要があります。



たんぱく質が多く含まれているのは牛乳や豆腐、鶏肉など。



またビタミンも育毛には欠かせません。



ビタミンB2は髪を育て、ビタミンEは血行を良くしてくれます。



他にも亜鉛が含まれている食材も重要。



うなぎやレバーなどは髪に良い栄養が豊富に含まれています。



さて、以上が基礎部分です。



ここまで読み続けていただいたので、あなたには育毛成功の奥義とでもいう部分を説明しましょう。

ここから、非常に大事ですよ。



私の経験では「基礎」だけではなかなか満足のいく育毛実績はあがりません。



育毛本によく書いている「育毛にはバランスのとれた食事が大事」とありますが、



それだけでは生えないです。(キッパリ!!)



基礎部分にプラスする「育毛成分」とでも呼ぶべきものがあり、それを摂取することで、髪の毛が生えてくるのですよ。



詳しくは「5大育毛法」の記事を読んでください。



5大育毛法記事



育毛成分を摂らないと髪が増えないです。



シャンプーや育毛剤を、あれやこれやと、こねくり回しても、髪は生えないのです。


先日(平成25年10月)、シャンプーをやめたら、髪が生えるという本を読みました。






内容は、シャンプーが薄毛やハゲ原因なので、水洗いにしたら髪の毛が増えるという内容です。



関心のある方は、私の読書レビューをお読みください。




育毛本レビュー「シャンプーをやめたら髪の毛が増える」
http://stophage.minanotame.net/?eid=1227647



まあ、私の経験からは、ハゲ遺伝子を持っていたら、水洗いにしようが、どうしようが、




そんな単純なものではないのですよ!!



髪の毛を生やすということは!!!



私は断言します。




髪の毛を確実の生やす原則は、



「口から取り入れた育毛成分を血液に溶け込ませ、毛母細胞に到達させる」



ということなのですよ!!



シャンプーを止めて、水洗いにしても、血液に変化なければ、成果がでないわけですよ。



口から取り入れる栄養素が大事なのです。



このなかでも、私が欠かさず実践している「ドクダミ、ごま、レシチン育毛法」を解説します。



まあ、解説するというほどのものでもなくて、



ドクダミ


ゴマ



レシチン



を摂取すると髪が生えるというノウハウです。



関心のある方は、



1.ドクダミ育毛:理論編ブログ

2.ドクダミ育毛:書籍レビュー編



を、ぜひ、お読みください。
タグ:髪栄養素
posted by 育毛食事 at 13:51 | Comment(0) | 栄養素