�J�e�S���[�F脱毛食事

Fotolia_64007961_XS.jpg

2014年03月29日

育毛食事と脱毛食事

抜け毛と食事の関係


抜け毛相談シリーズ その3「この食事に注意。」


質問

育毛食事で注意することを解説してください。



(回答)

いままで、発毛、育毛に効果のある食事をみてきました。しかし、食事については、さらに、重要なことがあるのです。

それは、マイナスを防ぐこと、すなはち、抜け毛を早める食事をしてしまうことをストップすることです。


食事が原因で髪が抜け落ちてしまう恐れのあるものをあげましょう。

まず、過食です。


食事の量をとりすぎると、消化機能を起こし、脾と胃を傷めてしまうのです。

消化機能が減退してしまいますと、育つはずの頭毛が育つことができません。

脱毛の原因となる食事の第二は、


体を冷やすもの。

トマト、キュウリ、ビール、なし、すいか、アイスクリームなど。

栄養分が体内に取り込むことができなくなり、髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

体は温めるべきなのです。足湯などは非常によいのです。


脱毛を呼ぶ食事その3番目は、

刺激物である。


酒、タバコ、ネギ、香辛料など。

刺激物を摂ることで、体は正常に機能しなくなる。そうなると、当然、育毛効果はみられなくなる。

ハゲをよぶ第4のもの。それは、油っこいものである。

ベトベトしたもの、動物性の脂肪たっぷりのものなどが該当する。

せっかく育とうとしている髪の毛も、育つ力を一気に失ってしまうのが、油っこい食事である。

空腹をみたすだけでなく、頭髪の復活をめざすなら、


以上の4項目に該当する食事を避けなければいけないのです。


髪の毛を増やす食べ物をとりつつ、抜け毛を招くものはやめることですね。


当然ですが、マイナス面を防ぐことと、一方で、プラス面を促進することです。


おそらく、あなたには野菜成分がプラス面を増やすには必要だと私は予想します。


回生堂のコラーゲンのなかに「ミレットベジタ」というのがあります。


分け目に自信!カイセイ堂飲む育毛剤『ミレットシリーズ』



野菜が不足する人には、この「ミレットベジタ」コラーゲンなどがよいです。
posted by 育毛食事 at 07:17 | Comment(0) | 脱毛食事

2013年04月13日

育毛食事と脱毛食事と

育毛食事は野菜中心となります。


育毛に役立つ食事がある一方で、


はげを促進する食事もあるのです。


ポテトチップスや缶コーヒー。


そして、肉も薄毛の原因となります。


欧米人が薄毛比率が高いのはそのせいもあるのです。


    
育毛理論では、AGAは旺盛な男性ホルモンと皮脂腺の発達が二つのハゲ条件になっています。



また目本で、薄毛の人は、肥満気味の人に多いといえます。



見た感じですが。



薄毛の人は、ヤセ型にもいますが、どちらかといえば、見た目にガッシリしかタイプが多いですね。



薄毛の原因では、まずは、男性ホルモンが多く、皮脂腺が発達しやすい体質があげられますね。



遺伝的な素因によるハゲです。



父親か、母親が薄毛の場合には、その息子もたいてい薄毛になることが多いです。



遺伝的な原因以外では、後天的な要因もあります。


髪にとってよくない生活週間です。




食事を含めた生活習慣の影響もあって、日本人にも急激に若ハゲが、ふえています。


食事の内容が髪の毛の状態を大きく左右します。



皮膚に脂質を供給する組織として「皮脂腺」があります。



脂肪を食べると、皮脂腺もが発達します。


皮脂腺が肥大化するとハゲになりやすい。



もともと、日本人は、近代まで動物肉を食べる習慣はなかったのです。



近代までは、米とイモだけの栄養で生きてきたのが、多くの日本人なのです。


ハゲる若者が増えているのは、戦後、食習慣を欧米の高脂肪食になってきたのが原因とといえるのです。




欧米人や肥満気味の人に薄毛が多いという現実から、



対策として、



1、野菜を多く食べる


2.肉を食べ過ぎない


3.適度の体重にするためにダイエットも必要に応じて実行する


4.昔ながらの日本食を心がける。



ということが薄毛対策、育毛対策には必要なのです。
タグ:脱毛食事
posted by 育毛食事 at 22:22 | Comment(0) | 脱毛食事