�J�e�S���[�F育毛食事

Fotolia_64007961_XS.jpg

2017年02月05日

薄毛の悩みは野菜スープで解消された

育毛食事が、ハゲや薄毛の絶望感から救ってくれるのです。

あなたを救う育毛食事を説明します。

あなたが、このブログに出会ったのも、きっとなにか深い縁があるのだと思います。

今日をさかいに、もう、髪の毛の悩みとはお別れできるのです。


昭和56年に私の頭髪に、あらわれたハゲの兆候。

親や親類たちの髪の毛状態から、「もしかしたら・・・・」とは思ってはいたけれど。

額の後退と、あわせ鏡で頭頂部の薄毛化を見たときの恐怖感。


「ウゲッ、ウギョゴえええ〜!!」


ハゲ発覚の恐怖と絶望感から、猛烈な吐き気が起こりました。

03.jpg


「ああ、せっかく男前に生まれてきたのに、ハゲてしまったら、もう女にモテない・・・・・・」


それだけではなく、モテない男たちの喜ぶ姿が、私のショックを増幅させます。



「フン、いいざまだよ。男前だからと、いい気になっているからハゲになるんだよ!!」


という、会社の男性先輩たちの態度。



悔しいですよ。

まあ、でも、いいのです。

ハゲからの生還をはたして、こうして「思い出話」として当時のことを話せるのは、幸せなことかもしれません。

あなたも、心配しなくていいのです。


私も男性型脱毛症の遺伝子を受け継いでいましたが、50代としては平均的な髪の毛を維持していますよ。


私の場合、かなり「ハゲ遺伝子」は、強力だったのです。

母方の親類はハゲ家系で、私の髪は母方のものだったのです。

そして母方のご先祖様のなかには、私と姿かたちが、本当にそっくりな人がいました。

写真が残っていますが、自分でも、

「よく似ているなぁ」

と思います。

そのご先祖様が生きておられたら、100歳近いでしょう。

セピア色になったそのご先祖様の写真の、20代、30代、そして80歳くらいまでの写真を見ました。

10代のころは映画俳優のような美しいルックスです。

おばあちゃんに話を聞くと、

「俳優の上原謙(加山雄三のお父さん)によく似ていて、若いころは娘たちからモテまくって、道を歩くだけで、多くの娘が見とれるようだった」

との話。



(上原謙と田中絹代主演の映画)


若いころはその美貌ゆえに女にモテまくりのご先祖様ですが、写真で見ると、30代頃は、すでに前髪は、なくなっています。

ご先祖様も、私同様に、20代なかばに薄毛化が起こり、30代にはハゲあがっているのです。

40代には、典型的な「男性型脱毛症」の頭髪状況になっています。

遺伝子に素直に従って生活していたら、私も、そのご先祖様と同じ「薄毛進行の過程」をたどったはずなのです。


ところが・・・・・。


ところが、育毛漢方療法と出会うことで、髪が生えたのです。

そのときに、実行した育毛ノウハウの一つが食事方法の見直しです。


育毛食事。


育毛食事なしでは、薄毛状況から抜け出せなかったと思います。

では、あなたもその育毛食事を知りたいでしょうから、今日は、あなたに、みるみる髪が生えてきた育毛食事を引き継いでいきたいと思います。


では、さっそく、育毛食事を紹介しましょう


あえて、昭和56年当時の育毛食事、そのままを再現しました。

結論から言うと、


育毛食事とは野菜スープなのです。

(材料)


1.スプラウト

001.JPG



2.ニンジン

002.JPG



3.ピーマン
003.JPG


4.ほうれんそう
004.JPG



5ブロッコリー

009.JPG



6.コンソメスープの素

005.JPG



野菜を細かく食べやすい大きさにして、お鍋に入れます。


味つけのコンソメスープの素は、好みに合わせて、どうぞ。


006.JPG


沸騰するまで、煮ます。

007.JPG



できあがり。

008.JPG


以上が、薄毛体質を改善する育毛食事としての野菜スープなのです。

「おいしいか?」と言われると、世間一般的な評価ではおいしくないでしょう。

でも、私にとっては、最高なのです。

苦しみを取り除いてくれた食事だからです。

野菜スープが大事ですが、それだけではなく、納豆とキムチも食べましょう。

イワシ缶詰も髪の毛を生やすにはいいのです。

髪の毛を生やすためには「納豆とキムチ」が発毛に良いことがテレビ等でも知られていますよね。

また、

イワシの缶詰も育毛効果が極めて高いのです。

アンチエイジング権威者であるベンジャミン・フランク博士は、

「髪の毛を生やしたければ、週に4回イワシの缶詰を食べなさい」

と著書の中で言っているのです。


イワシとともにサケも大事です。

牛肉ではなく、魚が髪の毛にはよいのです。

では、ご縁がありましたので、この野菜スープを飲んでください。

できれば週に3回。

平成26年7月現在、私が育毛をするなら、@コラーゲンとAノコギリヤシとBスピルリナとともに、この野菜スープを飲みます。

そして、野菜スープをはじめとした野菜摂取が不足する人。

この場合には、お金を出して市販の野菜スープ、あるいは、野菜酵素などで野菜不足を補うことです。

はっきりいいますが、お昼のランチで、野菜サラダとして出されるキャベツの千切りなどでは、育毛にはまったくの不足ですよ。

野菜が不足すると髪の毛は生えないと知っているのに、

「野菜は食べていないが、なんとか髪が生えないかなぁ」

と望むことは無理、そして無駄な話なのですよ。

ミレットシリーズの「ミレットベジタ」と、「野草酵素」は役立ちます。

1.飲む育毛剤カイセイ堂『ミレットシリーズ』


髪の毛を増やしたいなら、
@7時間以上の睡眠 
A心の平安  
B平均的な日本人の2倍以上の野菜摂取


をまずは守らなくてはなりません。

そこからがスタート。
posted by 育毛食事 at 19:45 | Comment(7) | 育毛食事

育毛食事によらずして健康的な髪の毛は生えない

育毛食事の中でも特に大事なのは野菜。

私が最初に育毛に成功できたのは漢方の育毛法を解説した高橋由美子先生の「みるみる髪が生えてくる」でした。




それまでにも、薄毛対策の本は数冊読んでいました。

本屋で薄毛対策本を買うのは恥ずかしかったのですが、

「なんとかせねばならない」

と一時の恥はかき捨てて、本を買いました。

書店の店員さんに、どう思われるかが気になったものでしたが。

さて、

みるみる髪が生えてくるを読んだときの第一印象は今でも覚えています。

大きく言うと、

1.ハゲたくないなら野菜を食べる


2.スピルリナやミネラル主体のサプリメントを活用


3.シャンプーとヘアパックで2か月で生えそろう


この3点が印象的でした。

ほかにも重要なポイントはあるのですが、この3つが「よし、今すぐ始めるのはこれだ」と思った内容です。

とくに「野菜が大事」というのがポイントでした。

野菜なくして育毛なし。

昭和56年から平成29年の今日まで、

「いかにして、育毛に役立つ野菜を多く食べるか」

が、育毛実践項目の中心だったのです。

野菜に比べたら育毛サプリメントやシャンプーも、重要度は落ちます。

育毛剤なんか、はるかに下。

野菜の重要性が100なら、育毛剤は5程度か・・・・・・。

それくらい野菜が大事です。

どうして野菜を食べると髪の毛が復活するのか?

その理由は薄毛原因を抑え込むパワーにあります。

ハゲ要因を抑え込むことで有名なのはプロペシアです。

プロペシアを飲むことでハゲ原因を封じ込めます。

では、この世で、そういう効果のあるものは「プロペシアだけ」なのか?

というと、そうではないのです。

植物にもそういう効果を持つものがあるのです。

もちろんプロペシアほど際立った効果ではないのですが、

数種類の野菜によって、ハゲ要因を抑え込むパワーが得られるのです。

野菜を食べつつ、ノコギリヤシ、アロエ、亜鉛、カボチャの種、バナナ皮エキスなどをサプリなどで補うと、むしろプロペシアよりも効果があると感じます。

野菜については、どんな野菜でもいいわけではなく、私の体験から重要なものを選びますと、

ピーマン

ほうれん草

ブロッコリー

ニンジン

スプラウト

などが効果的。

現代の日本人の食事ではこれらが、なかなか摂取できないのです。

私はいくつかのブログで情報発信していますが、時々、ご相談のメールをいただきます。

「なかなか成果が出ない」

という質問が多いです。

そういう方たちに聴いてみますと、やはり野菜不足です。

「けっこう野菜は摂取しています」

という人でも、かなり摂取量が不足します。

例えてみれば、一流のピアニストになるには毎日8時間練習しないといけないのに、

一日2時間くらいでプロのピアニストになれると思っているようなもの。


AGAの人は、普通の人とは違うのです。

ハゲ体質の人の場合には、体内でハゲ要因が活発に活動しているのです。

体内のハゲ要因を抑え込むには大量の、そう、思っているよりもはるかに多くの、野菜を食べなくてはならないのです。

育毛食事とは、すなはち「野菜」だと言えるくらいなのです。

よく私は目安として「平均的な日本人の2倍の野菜を摂りましょう」といいます。

食事はもちろんですが、野菜ジュースや野菜酵素なども活用して、野菜の量を多くすることです。

野菜ジュースではサンスターの青汁を愛用しています。

サンスター おいしい青汁


Fotolia_124456822_XS.jpg
posted by 育毛食事 at 19:42 | Comment(0) | 育毛食事

2016年05月09日

髪の毛は「単品」主義の食事方法では増えないのか?

漢方の見地からは、第一番目に食生活をメインとした日々の生活習慣を改善しなければなりません。

まずは発毛や髪の毛を太くするための食生活を漢方的な考えから薄毛回復法を検証していきましょう。

東洋医学的な考えからいう「正しい食生活」は、人間の健康維持にとても大切です。


東洋医学では、髪に栄養を与え、髪が勢いのある食生活を送ることをアドバイスします。

ただ、バランスを忘れないことです。

薄毛回復に効くといわれる栄養素ばかり食べればよいわけではないのです。

単品を大量に食べるのはよくない。

髪の毛を太く、健やかにするためには栄養バランスのよい食事を摂取することなのです。

タンパク質は、髪を作るアミノ酸の素といっても、タンパク質をたくさん摂ればそれで髪の毛がぼうぼうになるものではないです。

豆腐や玄米、イモ類など植物性の良質なたんぱく質を摂りましょう。

動物性たんぱく質は、摂りすぎるとよくないですが、イワシやサケなどの魚からのものは非常に薄毛回復法として毛の生育にはいいのです。

牛の肉などは内蔵の負担になるので、摂り過ぎないこと。

タンパク質は、アミノ酸の分解後、再び合成されるためには、ビタミンB群が必要です。

サプリメントの活用も薄毛回復法にはいいでしょう。

他のビタミン群も髪を作るためには必要ですので、緑黄色野菜をしっかり摂りましょう。

具体的には野菜では、ブロッコリーやピーマンが非常に発毛のためにはいいのです。

イモ類、ゴボウ、蓮根など根野菜を食べて、ミネラルもしっかりと摂りましょう。

これもサプリメントの利用も検討することです。

海藻類は腸内環境を整えるので、積極的に食べましょう。


育毛の書籍などにはコンブやワカメが薄毛回復にいいというのは迷信だと書いているものもあります。


ワカメやコンブだけを食べても髪の毛が生えるわけではないですが、適度にたべることが髪の毛に役立つということはあるのです。


鉄分不足にも気をつけましょう。

髪の毛のもとになる血液を良好に生産するには鉄分が重要です。

漢方の見地から育毛を考えると、食物からの栄養補給は薄毛回復法にはとても大切なことなのです。

タグ:単品主義
posted by 育毛食事 at 20:04 | Comment(0) | 育毛食事

2016年05月05日

育毛食事が薄毛対策の基礎であり応用でもあるのです

薄毛が治らない人は育毛食事による「育毛力」が不足しているのです。


「ハゲ原因の悪玉酵素」に打ち勝てていないのです。



ハゲ遺伝子のほうが「髪を生やそうとする力」よりも強いために、


髪の毛は産毛のまま抜け落ちていくわけです。

そうならないためにはハゲ遺伝子を打ち負かすだけの育毛力が必要です。

今回は、育毛力を強化する方法をお教えしたいと思うのです。


まずは、具体的な例から。

以前に大ブームを巻き起こした「異種格闘技大会」。

この結果、どの格闘技が強いかが、だいたいわかることになりました。

修斗 2004 BEST vol.2[DVD] / 格闘技
価格:5382円(税込、送料別)




素人意見ですが、私の思うのは、

「使える部位が多いほうが強い」

ということです。

簡単に言うと、

ボクシングよりもキックボクシングが強い。

足技が使えたほうが戦闘力が高いということです。

ボクサーがキックボクサーによって、ローキック攻撃を受けて足を引きずるようになり、

踏ん張れず、パンチも威力をうしなって、ボロボロになって沈んでいくシーンを何度も見かけました。


さらに、

キックボクシングよりも、寝技、関節技も使える総合格闘技のほうが強い。

キックボクシングの選手がマットに転ばされしまうと、

「腕ひしぎ十字固め」などで、ギブアップすることが多いのです。



これは育毛の場合も同じです。


複合的な対処をしないと髪の毛が生えるところまではいけないのです。

昔から「単品では髪は生えない」といわれてきました。

かなりハゲ遺伝子の攻撃は強いです。

それを上回る育毛パワーを得るには、

「育毛剤だけ」「サプリだけ」「黒ゴマだけ」

などの単品勝負ではとても無理。

いくつもの育毛パワーを組み合わせて、はじめてハゲ遺伝子を打ち負かすことが可能です。

そのためには、薄毛の原因を探し出すことから始めましょう。

薄毛には、薄毛になる原因があるわけです。

ここを理解することで、ハゲ遺伝子の攻撃を防御する知識が得られます。


5.jpg


睡眠不足やタバコ、酒なども影響しますが、薄毛対策として発毛を目指すには重要なポイントとなるのが栄養バランスです。

髪の毛の生育のためには頭皮や髪の毛に栄養が必要です。

栄養が毛根に届かないと、毛根の働きが疎外されます。

髪に必要なタンパク質、ビタミンやミネラルなどの栄養素がバランス良く取れていない食事、

不規則な時間の食事は薄毛に直結するのです。

髪の毛を増やすには栄養バランスを考えた食事を摂取することが大切です。

髪の毛の増加を目指すとき、食生活の改善が第一歩となるのです。

髪に必要なタンパク質、ビタミンやミネラルなどの栄養素をバランス良く摂取することです。

抜け毛対策で食べると良いのは魚類です。

魚でも特にイワシとサケは多く取りたいものです。

カレイ・カサゴなどコンドロイチンを多く含む物もいいです。

油の少ない肉(鳥ささみ等)、豆腐、納豆、野菜(温野菜が好ましい)、海草、果物、穀物類・和食類・練り物などがいいのです。

それだけに集中するのでなくバランスのよい食事を心がけることで、ハゲ遺伝子の攻撃に耐えられる態勢ができるのです。


注意:

バランスの良い食事が重要ですが、ほとんどの日本人は野菜不足です。

野菜を大量にとってこそ、薄毛の人にはバランスが取れた状態になります。



総合格闘技でいえば、野菜こそが「パンチ」に相当するとうとう重要な攻撃方法になります。

パンチを使えない格闘技は、なかなか相手に勝てません。

パンチに相当する主要な育毛パワーは野菜なのですから、ハゲ遺伝子に負けないためにはたっぷりと摂取したいものです。

サンスター 健康道場 おいしい青汁


私が集中的に育毛をするときには、野菜ジュースを1日に2本飲みます。

野菜の力なくして発毛なし。
posted by 育毛食事 at 19:27 | Comment(0) | 育毛食事

2015年11月21日

女性の髪の毛を豊かに生やす育毛食事

女性の髪の毛の若返りに必要な食品。

1.いわし(缶詰が核酸が多い。生でも缶詰でもOK)

2.サケ(週に1回)

3.エビ、カニ、ハマグリ、カキ、イカを週に1回。

4.週に1回その他の魚をたべる。

5.週に1回牛のレバーを食べる。

などです。

適当な項目数でないと、かえって、実行が難しくなるりますのでね。

これくらいから育毛を実行しましょう。

このいわし育毛療法は、医学博士のベンジャミン・フランク先生の説です。




先生の著書「老化は食べ物が原因だった」ですが、西洋的な考えでまとめられた良書です。

一方の、東洋的な漢方育毛法でも、食事は非常に重要視しています。

食事によって体質改善ができれば、体の症状は変化させられるからです。

遺伝的な体質を漢方の考えなら対処できます。

魚が重要という点では漢方療法も西洋の若返り法も、共通するのですね。

当然、野菜も重要です。

ベンジャミン先生も、若返りの野菜も紹介しています。

野菜が料理として食べるのが難しい人は、サンスターのこのジュースを強くお勧めします。


サンスター おいしい青汁


野菜なくして発毛なし。

ただし、野菜だけで生えるわけでもない。

髪が生える要素を一つでも多く取り入れることが大事なのです。
posted by 育毛食事 at 18:43 | Comment(0) | 育毛食事

2015年09月20日

薄毛対策は食事改善から始めよう

食事改善での育毛法を今回は見ていきます。

食事改善での育毛法です。

私はこれが一番重要なポイントだと考えます。

もともと肉食の多い欧米人にはハゲが多いのですが、日本人も欧米化が進み、それにともなって薄毛、ハゲが多くなったのです。

日本人も薄毛化が進行しているのです。

薄毛の進行は、あきらかに食事の影響があります。

身長などは欧米化によって改善が見られたわけですが、こと髪の毛について言えば、改悪としかいいようがありません。

そこで食事を改善することで、髪の毛を増やそうとするならば、


基本的には、「日本食」ということになります。

なっとう、ひじき、いわし、サケ、味噌汁、など、髪の毛によい食材を利用した日本食こそが、髪の毛を蘇らせることになります。

肉をやめ、魚をたべる。

野菜を中心とし、ファーストフードをやめる。

タバコ、酒をひかえる。

髪の毛に良い育毛酒を飲む。

などの努力で、薄毛は改善できます。

一気に髪の毛を生やそうとすれば、頭皮マッサージや、発毛サプリメント、育毛剤の使用なども、重要になります。

発毛サプリメントではスピルリナ、レシチン、ビタミンE、あるいは最近人気の「パルテノライド」などもよいでしょう。

ただし、繰り返しますが、ハゲは体質改善が必須であることから、食事はもっとも重要といってもいいのです。

抜け毛の原因を考えると、皮脂が原因ではないかという説があります。

人の頭はハゲるとハゲ部分がテカテカと光り輝き始めます。

これは、皮脂の影響なのです。

頭の表面に皮脂が多くなると、脂性のフケが出てきて、毛穴がつまり、栄養障害をおこすのではないかという説があるのですね。

解明はされていませんが、食べ物が関連して、皮脂が多くなってくることは、ありうる話です。
posted by 育毛食事 at 21:59 | Comment(0) | 育毛食事

2015年08月29日

育毛食事にはアミノ酸を考えよう

育毛食事のポイントのアミノ酸。

あなたの髪が元気なく、少なくなったのはアミノ酸を食事でとっていないからかもしれないね。

ハゲを治し育毛、薄毛の対策としては脱毛を予防することが第一に考えること。


「出を制止し、入るを図る」

ということがお金をためる法則ですが、育毛も同じですよ。

最初にまずハゲ、脱毛の根本原因を知ることです。

抜け落ちる、細く弱る、ということを防ぐことです。

粗悪なシャンプーや育毛剤、そして不規則な生活、バランスの悪い食生活は、髪の毛によくありません。

暴飲・暴食、偏食、インスタント食品の摂りすぎ、タバコの吸いすぎ、

着色量・防腐剤含有食品の摂りすぎなどは、頭皮や毛穴、毛根に悪影響を与えるのは間違いない。


食生活の欧米化も原因として挙げられます。

私もアメリカに旅行で行ったときには、中年以降の薄毛、ハゲの多いことに驚きました。

食事が原因の第一だろうね。

しかし、金髪だと髪の毛が少なくても、なんとなく薄く見えないのですね。

「ハゲていてもカッコイイ」


のでした。



日本人の黒髪ではハゲるとカッコ悪いと思ってしまうんだよ。

ストレスなどの精神的な疲労も育毛、薄毛に大きく関わっており、仕事のストレス、人間関係、受験勉強等、現代社会でのストレスによる疲労は、髪の毛にも悪影響を与えるのです。

ちなみに、私はストレス対策も食事で決まると思っています。

脳に元気成分が豊富にあるとストレスにも負けないと思うです。

ですから、いかに食事が育毛において重要かということがわかります。

さて、

病気や薬による副作用もハゲの原因であるわけです。

病気、ケガに伴い、薬を服用することで、副作用が抜け毛をもたらすことがあります。

育毛、薄毛に関して、遺伝も影響すると言われますが、半分は本当です。


でも、一部は誤解です。

あまり関係ないという人すらいますが、私は8割は遺伝だと感じますね。

あとの2割は、食事を中心とした、日々の生活環境です。


頭皮のマッサージを行うことなども一つの方法ですが、影響は少ない。


こうした外的な育毛、薄毛への心がけ以外に、食事による内的な、体質改善が最も大事です。

育毛、薄毛への対策としての体質改善には、これは、肌、爪にも関連していることですが、バランスの取れたアミノ酸の摂取を心がけることです。

私たちの髪の毛・肌・爪は18種類のアミノ酸の複合体で出来ています。

このため、日々の食事を通して、髪の毛や肌・爪の素となる18種類のアミノ酸をバランス良く摂ることが大事となるのです。

いわし、サケ、卵、ほうれんそう、ゴマなど育毛に効果のある食事、食べ物はたしかにありますが、その食物だけでは効果が出し切れません。

バランスですね、大事なのは。

「バランス良く、かつ、育毛栄養を欠かさない。」

これが、結論。

アミノ酸は、育毛に大事なので食事やサプリで毎日摂り入れることです。


発毛効果の極めて高いシルクアミノ酸が1000円台です。

少しばかり、毎日の食事のメニューを見直して、アミノ酸が毎日、どの程度摂りいれることが出来ているか、チェックしてみるとよいのです。

気軽に毎日アミノ酸を取るにはこちらがおすすめ。




高級品のアミノ酸はこちらですね。


エイジングケア!アミノ酸サプリメント【HGHシールド】









posted by 育毛食事 at 17:57 | Comment(0) | 育毛食事

2015年08月22日

育毛食事としての日常食品

細い髪の毛を太くする日常の育毛食品。

発毛・薄毛対策細い髪の毛を、太く丈夫で、しかもしなやかでツヤのある髪の毛にするには?

育毛剤よりも体内に栄養素をとるほうがよいのです。

コラーゲンはもちろん髪の毛を太するにはベストのものと思います。

肉の多食は薄毛の原因になりますが、多少は動物性のタンパク質も必要。

髪の毛は含硫アミノ酸という硫黄分を含んだタンパク質でできています。

肉類や、魚類、牛乳、などを摂取しましょう。

また、ビタミンAが髪の毛の生育にとっては非常によいのです。

レバーうなぎ卵黄などを食べましょう。

つぎに、髪の毛を生育させるためには、毛母細胞の働きを促進するビタミンB2、B6も大事です。小松菜ほうれんそう、納豆レバーを食べましょう。

髪の毛を増やすために良いと言われる「定番」は納豆とキムチの同時摂取。


非常に広く知られた育毛食事です。


でもね。

知っていても食べていない人がいるんです。

納豆とキムチの同時摂取がよいとわかったら、1年〜2年は継続できる人でないと髪の毛は生えないです。

薄毛体質の人は、相当の努力が必要なのです。

育毛に良い食事を知っていながら実践しない人は、もったいないことをしているなと思いますが、

私が強制的に納豆とキムチを食べさせるわけにはいかないのです。

納豆とキムチの育毛法を実践できないのなら、

イソフラボンとカプサイシンのサプリを活用してはどうでしょうか。


新育毛栄養補助食品GROW UP(単品)【モテメン】




IMGP1148.JPG




posted by 育毛食事 at 12:55 | Comment(0) | 育毛食事

2015年07月26日

ハゲを呼ぶおそるべきジャンク食生活

「セレブ」と呼ばれる人々がいます。

お金持ちで、品性も高く、知性も高い人々。

私はセレブではないのですが、テレビや雑誌で、セレブの人々の生活の一端をみかけます。



セレブの特徴としては健康に気を使い、特に食事にお金と労力を割いていることです。

また、野菜なども、通常の何倍も値段の高い無農薬の野菜を購入していますね。

一方、こういう言い方は失礼なのかもしれないけど、「非セレブ」の多くがお金と時間を食事に充てることができないのです。

その結果、しばしば「ジャンクフード」と呼ばれる種類のものを口に入れているのです。

朝も昼もコンビニの弁当やハンバーガーとコーラ。

あるいは、カップラーメンとジャムパンでで昼を済ませるというようなことがあるわけです。

薄毛の人が昼食にカップラーメンと缶コーヒーで済ませているのを見たときには、

思わず、「ハゲが進むよ!!」と注意したくなったものです。

もちろん、そんなことは口に出しては言えません。

言えませんが、

「なぜ、30代半ばでこんなにハゲが進行しているのか」

がわかったような気がしました。


健康に関心がある人なら良くわかると思うのですが、

「あなたの体は、今まで食べた食べ物でできている」

ということばはまさしく真実。

カップラーメンと缶コーヒーを食べてできた身体。

髪の毛や肌、内臓などなど、あまり良いものにならないようなことは「直観」でわかるはず。

薄毛対策をする人は、自分が食べたものが血液となり、毛母細胞でどんな働きをするのか、よく考えるべきなのです。

さて、髪の毛のことを考えると毎日、確実に野菜を摂ることのできない人もいると思うのです。

そんな人は、一日の終わりに、帳尻を合わせるようにせめて野菜ジュースを飲みましょう。

できれば育毛に役立つレベルの野菜ジュースがいいのです。

私の飲んでいるのはサンスターのものですが、製造方法においても、成分的にも申し分ないです。

ハゲたくないなら、手元に置いておいて1日2本は飲みたいものです。

健康道場 おいしい青汁


Fotolia_41683422_XS.jpg

posted by 育毛食事 at 14:15 | Comment(0) | 育毛食事

2015年05月23日

育毛食事で薄毛対策

若者や女性に薄毛や脱毛が増えているのはなぜか。

一番には食べ物ですよ。

現代の大きな特徴として若い人や女性の薄毛の割合が急速に増加していることが挙げられます。

食生活が欧米化し、動物性タンパク質肉類や脂分を多く摂取するようになったことが、主な原因だと思われます。

加えて、日本の社会が複雑化し、また、多様化したので、サラリーマンや学生も若いうちから大きなストレスにさらされています。

アベノミクスで景気がよくなってきたとはいえ、まだまだ、ムードだけなのですね。

若者の就職などはまだ明るさが見えていません。

女性の社会進出が増え、男性と同様のレベルの仕事を任されてきたことも、かなり影響しています。

アトピーや環境ホルモンの影響で薄毛、ハゲになるのだと思われているケースもあります。

化学物質に囲まれた日本では、複合的な未知の原因による若い人や女性の薄毛化の進行が予想されます。

育毛には食事が大事ですが、食事そのものに化学物質が入ってくる恐れがあるのです。

安全なものを選択すことは大事なのです。

では、薄毛脱毛にはどのような予防方法があるのか?

ハゲ、薄毛、脱毛というのは根本的に遺伝なのです。

近年発達が進んでいる遺伝子研究でも染色体のなかに円形脱毛症に関係する遺伝子が発見されているというのです。

一方で、脂分が原因で実際に薄毛脱毛として症状がでるのは、後天的な環境要因があるのも事実。

遺伝に環境要因がマッチすると、一気にハゲ上がるので注意しましょう。

たとえば、

ハゲ遺伝プラス「睡眠不足」

とか、

ハゲ遺伝プラス「ストレス」

あるいは、

ハゲ遺伝プラス「野菜不足」

などですよ。

遺伝ではない薄毛・ハゲ原因も数多くあります。

ですから、食事内容の見直しや、日常生活の改善によって薄ハゲを予防し治療することができます。

気長に、育毛の食事を含めた生活改善にとりくみ、また、健康に気を使うことでハゲは治せるのです。

実行できることから無理なく取り組むといいのです。

\若々しい毎日に!/セサミン高含有黒ゴマ使用。小林製薬≪セサミンGOLD≫



Fotolia_55789779_XS.jpg



posted by 育毛食事 at 11:52 | Comment(0) | 育毛食事

2015年04月02日

育毛食事に活用したい「黒豆」

漢方の育毛法においては、育毛に良い食べ物、悪い食べ物があります。

育毛に良い食べ物の特徴は「色が黒い食べ物」なのです。

ただし、例外としては「コーラ」があります。

コーラは黒色をしていますが、髪の毛に良くないので注意です。

コーラを飲んで髪が生えるならいいのだけれどもね・・・・・・。

残念!!

漢方の世界において、黒豆は、体の成長や発育、生殖をつかさどる「腎」を補う食材なのです。

また、体内の活性酸素を除去しますからアンチエイジング効果も高い。

しかも血液をサラサラにして体に必要な栄養成分を運びますから、育毛に良いことがわかりますよね。

水分代謝を高めるため、むくみやすい人は黒豆がいいんです。

個人的には黒豆のデザートをよく食べています。

去年の12月から食べていますが、黒豆とお酢でできたデザートなので、髪の毛を増やす食べ物としてはバツグンです。

黒酢と黒豆でダイエット!お試しセット1000円!


「これだけで生える」

とは言いませんが、楽しみながら髪の毛を生やすという意味で、とても役立っていますよ。


IMGP1224.JPG


IMGP1225.JPG
posted by 育毛食事 at 10:16 | Comment(0) | 育毛食事

2015年04月01日

育毛食事に「ひじき」を活用だ

漢方の育毛法で「黒色は髪の毛を増やす」と解釈します。

実際に、黒い色の食べ物であるひじきは、腎機能を高めます。

髪の毛は腎機能に左右されますから、ヒジキによってて髪の健康を保つことができます。

水分代謝を高めてホルモンをコントロールし、髪の乾燥を防ぐとともに、抜け毛を防ぐ効果が期待できます。

 加えて、ひじきの豊富な鉄分が「血」を補い、血行を促進しますから、みるみる髪が増えてくる人もいます。

食べ物による薄毛対策は、は効果が出やすいんです。

ビタミンCを含む野菜などと一緒にとると、育毛に必要な「血」を補うことがでるのです。

posted by 育毛食事 at 23:27 | Comment(0) | 育毛食事

2014年02月26日

育毛食事と核酸発毛法

育毛食事により薄毛を治すには心身を若返らせることです。
そして、若返ることで髪の毛も若返り、髪が復活するということなのです。
髪の毛のトラブル、つまり薄毛、ハゲ、抜け毛、白髪などは、朝・昼・晩の食事の影響が大きいのです。

あなたは、いったい毎日何を食べているでしょうか。
納豆とキムチ。あるいはカップヌードルあるいはコーラとハンバーガー。
あるいはイワシとブロッコリー。
そんな毎日毎日の食事が、あなたの髪の毛をいつまでも若若くしたり、あるいは老化を早めているわけですよ。

脱毛によるハゲは、やはり遺伝なのですが、その遺伝の影響を強める食事。
あるいは遺伝の影響を抑制する食事があるのです。
そして、それらは、ある程度わかっているのです。
また、クスリも開発されていて、プロペシアはハゲの遺伝子の影響を抑制できるのです。

では、若返るには何が大事なのでしょうか?
いつもいっている「核酸」なのです。
「老化は食べ物が原因だった」という若返り方法の名著で、フランク博士は、「額がせり上がる、頭のてっぺんが薄くなる、あるいはいままで太かった髪が急に細くなるというのは頭髪が老化した明確な証拠である」と言っています。
そしてそれを防ぐには、核酸を摂取して細胞分裂を活発化させる必要があるといっているのです。

5大育毛法の一つである核酸による育毛法は大事なノウハウなので、実行すべきです。

posted by 育毛食事 at 16:31 | Comment(0) | 育毛食事

2013年11月01日

育毛食事の常識としての栄養素たち

育毛食事の常識としての栄養素解説




薄毛を治すには、育毛に役立つ栄養素を暗記しておくことです。



まあ、努力しなくとも、育毛の常識なので、いずれ頭に入りますが。



5.jpg




1、抜け毛対策の為に摂りたい栄養素は?



髪の毛に育毛剤や発毛剤などを塗布することも薄毛・抜け毛対策のひとつですが、



やっぱり人の身体を作っているのは食べ物ですから、髪の毛を育てるのに必要な栄養素をしっかりと取り入れるようにしましょう。




抜け毛対策で摂っておきたい栄養素は



タンパク質、


亜鉛、



ビタミンB群、



ビタミンA、C、E、



イソフラボン、



プラセンタ



コラーゲン


ノコギリヤシ



カプサイシンなど。



最近ではコラーゲンの摂取によって髪の毛を太くする効果があることがわかっています。



そのため、コラーゲン育毛の人気が急上昇中ですね。



上にあげた栄養素を普段から意識しておきたいですね。





2、具体的に食べておきたい食べ物たち



髪の毛が育つのに必要な栄養素はどんな食物に含まれているのでしょうか。



タンパク質は肉類や魚類、乳製品や卵、大豆などです。




納豆や豆腐にも植物性のタンパク質が含まれており、これらの摂取は薄毛に悩む人は欠かせません。





亜鉛はアーモンドや海藻類から摂取できます。



ビタミン類は野菜や果物などから摂取可能。



イソフラボンは大豆製品でカプサイシンは唐辛子に多く含まれています。




キムチなどが食べやすいかもしれません。




コラーゲンは鮭やうなぎ、牛すじ、鶏皮や軟骨など。



豚足もいいでしょう。



ただし、コラーゲンに関しては、私の体験ではドリンクタイプが効果が早いです。



3、育毛サプリメントとのバランスを考えよう




栄養素は基本、食物から摂取する意識は大切にしましょう。



サプリだけではよくないのは当然だからね。



食事でならいろいろな栄養素をいっぺんに取り入れることができるからです。




肉や魚にはタンパク質、ビタミン類、コラーゲンが入っていますから、是非積極的に食べて欲しいものです。



しかしそれが難しい人もいるでしょう。



忙しかったり食欲が無かったりなど。そういった時にはサプリメントに頼るのもいいかもしれません。




ただ、薄毛対策や抜け毛対策用のサプリメントも悪くはないのですが、



自分に不足していると思われる栄養素の入っているサプリメントを選んで飲んだ方が効率的にはいいと思われます。



育毛サプリメントではボストンまたはフェルサがよいでしょう。


食事だけでは育毛成分は十分に取れないので、サプリにより補助が必要なのです。
タグ:育毛栄養素
posted by 育毛食事 at 20:46 | Comment(0) | 育毛食事