Fotolia_64007961_XS.jpg

2013年11月01日

育毛食事の常識としての栄養素たち

育毛食事の常識としての栄養素解説




薄毛を治すには、育毛に役立つ栄養素を暗記しておくことです。



まあ、努力しなくとも、育毛の常識なので、いずれ頭に入りますが。



5.jpg




1、抜け毛対策の為に摂りたい栄養素は?



髪の毛に育毛剤や発毛剤などを塗布することも薄毛・抜け毛対策のひとつですが、



やっぱり人の身体を作っているのは食べ物ですから、髪の毛を育てるのに必要な栄養素をしっかりと取り入れるようにしましょう。




抜け毛対策で摂っておきたい栄養素は



タンパク質、


亜鉛、



ビタミンB群、



ビタミンA、C、E、



イソフラボン、



プラセンタ



コラーゲン


ノコギリヤシ



カプサイシンなど。



最近ではコラーゲンの摂取によって髪の毛を太くする効果があることがわかっています。



そのため、コラーゲン育毛の人気が急上昇中ですね。



上にあげた栄養素を普段から意識しておきたいですね。





2、具体的に食べておきたい食べ物たち



髪の毛が育つのに必要な栄養素はどんな食物に含まれているのでしょうか。



タンパク質は肉類や魚類、乳製品や卵、大豆などです。




納豆や豆腐にも植物性のタンパク質が含まれており、これらの摂取は薄毛に悩む人は欠かせません。





亜鉛はアーモンドや海藻類から摂取できます。



ビタミン類は野菜や果物などから摂取可能。



イソフラボンは大豆製品でカプサイシンは唐辛子に多く含まれています。




キムチなどが食べやすいかもしれません。




コラーゲンは鮭やうなぎ、牛すじ、鶏皮や軟骨など。



豚足もいいでしょう。



ただし、コラーゲンに関しては、私の体験ではドリンクタイプが効果が早いです。



3、育毛サプリメントとのバランスを考えよう




栄養素は基本、食物から摂取する意識は大切にしましょう。



サプリだけではよくないのは当然だからね。



食事でならいろいろな栄養素をいっぺんに取り入れることができるからです。




肉や魚にはタンパク質、ビタミン類、コラーゲンが入っていますから、是非積極的に食べて欲しいものです。



しかしそれが難しい人もいるでしょう。



忙しかったり食欲が無かったりなど。そういった時にはサプリメントに頼るのもいいかもしれません。




ただ、薄毛対策や抜け毛対策用のサプリメントも悪くはないのですが、



自分に不足していると思われる栄養素の入っているサプリメントを選んで飲んだ方が効率的にはいいと思われます。



育毛サプリメントではボストンまたはフェルサがよいでしょう。


食事だけでは育毛成分は十分に取れないので、サプリにより補助が必要なのです。
タグ:育毛栄養素
posted by 育毛食事 at 20:46 | Comment(0) | 育毛食事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: