薄毛が治らない人は育毛食事による「育毛力」が不足しているのです。


「ハゲ原因の悪玉酵素」に打ち勝てていないのです。



ハゲ遺伝子のほうが「髪を生やそうとする力」よりも強いために、


髪の毛は産毛のまま抜け落ちていくわけです。

そうならないためにはハゲ遺伝子を打ち負かすだけの育毛力が必要です。

今回は、育毛力を強化する方法をお教えしたいと思うのです。


まずは、具体的な例から。

以前に大ブームを巻き起こした「異種格闘技大会」。

この結果、どの格闘技が強いかが、だいたいわかることになりました。

修斗 2004 BEST vol.2[DVD] / 格闘技
価格:5382円(税込、送料別)




素人意見ですが、私の思うのは、

「使える部位が多いほうが強い」

ということです。

簡単に言うと、

ボクシングよりもキックボクシングが強い。

足技が使えたほうが戦闘力が高いということです。

ボクサーがキックボクサーによって、ローキック攻撃を受けて足を引きずるようになり、

踏ん張れず、パンチも威力をうしなって、ボロボロになって沈んでいくシーンを何度も見かけました。


さらに、

キックボクシングよりも、寝技、関節技も使える総合格闘技のほうが強い。

キックボクシングの選手がマットに転ばされしまうと、

「腕ひしぎ十字固め」などで、ギブアップすることが多いのです。



これは育毛の場合も同じです。


複合的な対処をしないと髪の毛が生えるところまではいけないのです。

昔から「単品では髪は生えない」といわれてきました。

かなりハゲ遺伝子の攻撃は強いです。

それを上回る育毛パワーを得るには、

「育毛剤だけ」「サプリだけ」「黒ゴマだけ」

などの単品勝負ではとても無理。

いくつもの育毛パワーを組み合わせて、はじめてハゲ遺伝子を打ち負かすことが可能です。

そのためには、薄毛の原因を探し出すことから始めましょう。

薄毛には、薄毛になる原因があるわけです。

ここを理解することで、ハゲ遺伝子の攻撃を防御する知識が得られます。


5.jpg


睡眠不足やタバコ、酒なども影響しますが、薄毛対策として発毛を目指すには重要なポイントとなるのが栄養バランスです。

髪の毛の生育のためには頭皮や髪の毛に栄養が必要です。

栄養が毛根に届かないと、毛根の働きが疎外されます。

髪に必要なタンパク質、ビタミンやミネラルなどの栄養素がバランス良く取れていない食事、

不規則な時間の食事は薄毛に直結するのです。

髪の毛を増やすには栄養バランスを考えた食事を摂取することが大切です。

髪の毛の増加を目指すとき、食生活の改善が第一歩となるのです。

髪に必要なタンパク質、ビタミンやミネラルなどの栄養素をバランス良く摂取することです。

抜け毛対策で食べると良いのは魚類です。

魚でも特にイワシとサケは多く取りたいものです。

カレイ・カサゴなどコンドロイチンを多く含む物もいいです。

油の少ない肉(鳥ささみ等)、豆腐、納豆、野菜(温野菜が好ましい)、海草、果物、穀物類・和食類・練り物などがいいのです。

それだけに集中するのでなくバランスのよい食事を心がけることで、ハゲ遺伝子の攻撃に耐えられる態勢ができるのです。


注意:

バランスの良い食事が重要ですが、ほとんどの日本人は野菜不足です。

野菜を大量にとってこそ、薄毛の人にはバランスが取れた状態になります。



総合格闘技でいえば、野菜こそが「パンチ」に相当するとうとう重要な攻撃方法になります。

パンチを使えない格闘技は、なかなか相手に勝てません。

パンチに相当する主要な育毛パワーは野菜なのですから、ハゲ遺伝子に負けないためにはたっぷりと摂取したいものです。

サンスター 健康道場 おいしい青汁


私が集中的に育毛をするときには、野菜ジュースを1日に2本飲みます。

野菜の力なくして発毛なし。
 カテゴリ