Fotolia_64007961_XS.jpg

2015年11月23日

ハゲたくないなら食事で栄養を摂ることです

育毛についての研究を含めた若返りの研究は、特にアメリカが盛んです。
髪の毛は「見た目」に大きな影響があり、アメリカでは髪の毛を含めた着た目が重視されるからでしょう。
育毛剤や育毛ピルについても、アメリカは最先端の開発がすすんでいるようです。



欧米での育毛の成果として「核酸」を摂取する育毛法があります。
具体的にはイワシの缶詰やサケを食べるものです。
核酸食品を摂取することは、髪の毛の生育にとって効果があり、私は体験済みです。


核酸食品を食べることがアメリカ龍なら、日本の「育毛漢方」も、非常に高い発毛効果を持ったノウハウなのです。
育毛法はいくつかの種類があるのですが、漢方によるものは成果が出やすいのです。
育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリメント、発毛促進マッサージなど、どれも漢方治療の補助的な存在だと、私は考えているのです。


薄毛、ハゲは体質です。
体質は遺伝がかかわります。
ということは、結局、男性型の抜け毛は、遺伝的要素であるといえるのです。
薄毛、抜け毛は血行が不良であるため、というのは認識が甘いです。
薄毛、若ハゲの一要素でしかありません。だいたい10%くらいの影響があるのでしょうか。



薄毛、抜け毛体質の遺伝的要素を、漢方療法によって弱める、あるいはなくする。
それが大事です。
育毛漢方療法のキモは「体質改善」ということになります。
薄毛体質から発毛体質に。
「体質」は決定的と思うかもしれませんが、薄毛体質は変わるのです。


「ハゲ体質は変わるのです」



薄毛、抜け毛体質として生まれてきたとしても、努力で変えられるのです。
「男性型脱毛症の人が、いっきに髪の毛がぼうぼうになる」とはいいません。
けれども、髪の毛が気にならない程度になることは、無理なことではありません。
では結論を言いますと、ハゲ体質改善の第一は食べ物です。


長年の食生活によって、自分の体質は形成されたわけです。
体質作りという点から見ると、西洋型の食生活は、薄毛、抜け毛など髪にとっては良くないものといえるでしょう。
ここで、体質改善の一つの参考例が、赤ちゃんの「男女産み分け」です。
私たち夫婦は、かかりつけの病院でその方法を教えてもらい、結果としては、思い通りの男女で、子供を授かることができました。



男女の産み分け方法のポイントは、食事による「酸性とアルカリ性」の体質づくりでした。
このことからもわかるように、やはり食べ物で、体質は変わるのです。
非常に貴重な経験であり、薄毛、若ハゲの体質改善のヒントにもなりましょう。
育毛漢方療法のノウハウによって生まれつきの薄毛体質は、変えることが可能です。
というか、きっと薄毛体質を改善することができると思います。



漢方療法は、きっとあなたの想像以上に大きいのです。
具体的な事例を考えてみましょう。
若ハゲの人がいたとして、



(Aコース)西洋風の食事、ファーストフード中心、たとえば、やき肉、カップラーメン、コーヒー、ハンバーガーなど。



(Bコース)日本風の食事。具体的にはいわし缶詰、サケ、さば、味噌汁、ドクダミ茶、ほうれんそう、納豆など。



AとBで、同じ遺伝的脱毛症の人が、どちらの食事を選択するか、1年後、かなりの髪の量が違ってくることは間違いないでしょう。
とくに育毛漢方では、薄毛体質とサヨナラするための、育毛食材もあるのです。
紅くこ、黒なつめ、山の芋、はすの実、蜜脾など。


これらを食べることで発毛効果は出ると思います。
遺伝的要素は、食べ物の工夫で、「なくなる、あるいは非常に薄められてくる」というわけです。


なお、核酸食事による育毛を解説したベンジャミン・フランク博士の核酸育毛法ですが、

納豆とキムチが定期的に食べられない人は核酸サプリの活用を考えましょう。



posted by 育毛食事 at 23:40 | Comment(0) | 育毛栄養学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: