女性の髪の毛の若返りに必要な食品。

1.いわし(缶詰が核酸が多い。生でも缶詰でもOK)

2.サケ(週に1回)

3.エビ、カニ、ハマグリ、カキ、イカを週に1回。

4.週に1回その他の魚をたべる。

5.週に1回牛のレバーを食べる。

などです。

適当な項目数でないと、かえって、実行が難しくなるりますのでね。

これくらいから育毛を実行しましょう。

このいわし育毛療法は、医学博士のベンジャミン・フランク先生の説です。




先生の著書「老化は食べ物が原因だった」ですが、西洋的な考えでまとめられた良書です。

一方の、東洋的な漢方育毛法でも、食事は非常に重要視しています。

食事によって体質改善ができれば、体の症状は変化させられるからです。

遺伝的な体質を漢方の考えなら対処できます。

魚が重要という点では漢方療法も西洋の若返り法も、共通するのですね。

当然、野菜も重要です。

ベンジャミン先生も、若返りの野菜も紹介しています。

野菜が料理として食べるのが難しい人は、サンスターのこのジュース「緑でサラナ」を強くお勧めします。

ブロッコリー成分がタップリ。

緑でサラナの購入はこちら。


IMGP0015.JPG

IMGP0001.JPG

野菜なくして発毛なし。

ただし、野菜だけで生えるわけでもない。

髪が生える要素を一つでも多く取り入れることが大事なのです。