食事療法による体質改善の漢方育毛法の療法を実行しています。

平成27年11月現在の 育毛法は大きく分けると「プロペシアを使う方法」「プロペシア以外の方法」

という大きな二つの分類ができます。

「どちらか一つを選べ」


といわれたら、私は、プロペシア以外の方法です。

なかでも、漢方療法を選びます。


それほど私にとって、漢方育毛法は効果があったのです。

さて、ハゲ体質の人は薄毛対策のために、育毛の基本を実行すべきです。

かんたんに、お話ししましょう。

育毛のためにはインスタントの食べ物はできるだけ避けることが重要となります。

基本的に間食は避けることです。生活リズムが重要なのです。

薄毛治療だけではなく健康のためには休日などは、軽い運動を行い、


体を動かす生活にて、血行を良くしましょう。

血行をよくするには半身浴や足湯をしましょう。

ぬるめのお湯で20分くらい。

食事では脂分の多い食品は避けることが基本です。


私はある時期、肉の多食をしたために、髪の毛が細く、よわよわしくなり、あせったことがあるのです。

そのときは野菜スープを毎日飲んで、3カ月で元に戻しました。

危なかった。

日常の生活では、髪の毛の栄養が不足するので足りない栄養素はサプリメントなどで補うことは、

やはり、必要なのです。

スピルリナやレシチン、コラーゲン、ノコギリヤシなどなど。

右矢印1 薄毛を治すための栄養成分


髪の毛は、心の中が青空のように明るいと、生えやすいです。


ですから、日ごろから明るい、温厚な性格でいるように心がけましょう。

毎日決まった時間に起き、決まった時間きっかりに床につく生活が大切です。

睡眠は7時間はほしいものです。

 カテゴリ