Fotolia_64007961_XS.jpg

2015年09月21日

髪の毛が増えるための育毛食事

髪の毛を増やすためには、育毛酒(紅くこ、蓮の種など)と、食事が決め手になるでしょう。

育毛シャンプーや育毛剤よりも10倍重要度が高いのです。

生活習慣病とよばれる病気、症状にはまず食事療法をとるのいが「王堂」です。

私も先日、会社がお金を出してくれて「人間ドック」に行っていました。

人間ドックの後で知人らと数人で話し合ったたのですが、糖尿病のおそれのある人は、保健婦さんの面談では、とにかく食事療法を勧められたようです。

髪の毛も同様です。

人間の体は食事から作られていくわけですので、まずは原料を目的にかなったものにしなければなりません。

髪の悩みを抱えている人の多くは、生活習慣の乱れが原因であることが多い。


髪の毛の健康と生活習慣は密接に関係している。

髪の毛に影響を与えるような生活習慣を慎み、体質改善をすれば、髪の毛は発毛します。


とくに食事は大切です。

髪を生やす食事


髪の悩みを抱えている人は食生活に原因がある人が多いはず。

女性なら、ダイエットなどでちゃんとした栄養がとれていないと、抜け毛を招く。

正しい食生活を送らないと髪の悩みばかりか、メタボリックシンドロームやそれに付随してくる生活習慣病などにも影響が出てきますので、今のうちにきちんとした食事をする習慣をつけておくことですね。

髪の毛に悪い影響を与える代表的な食べ物は以下のものです。

・塩分過多の食べ物
 塩分は動脈硬化の原因となります。動脈硬化は老化を早めることになりますので 脱毛を助長する可能性があります。

・動物性脂肪を含んだ食べ物
 脂肪を摂取しすぎると毛穴を詰まらせ、抜け毛を引き起こしてしまう可能性があります。大量に食べないようにします。

髪の毛に良い影響を与える食べ物は以下のようなものです。
・たんぱく質を含んだ食べ物
・亜鉛を含んだ食べ物
・銅を含んだ食べ物
・ビタミンAを含んだ食べ物
・ビタミンBを含んだ食べ物
・ビタミンCを含んだ食べ物

いずれも豊かな髪の毛を創生するのに必要な栄養素です。

これらを多く含む食べ物を具体的に言いますと、
大豆、魚類(とくにイワシ、サケ)、玉子、鳥肉、牡蛎、ワカメ、ひじき、牛レバー、牛もも肉、野菜、果物などを摂取することで、髪の毛の健康を維持し、発毛が期待できます。

99049102-S-imagenavi.jpg

正しい食生活の基盤ができていれば、育毛酒が発毛に効果が大きくなります。

「食生活の基盤」ができていないと、育毛酒や育毛サプリなども効果が少なくなるのです。

私はサプリメントもぜひとるようにお勧めしますが、サプリメントよりも前に、毎日の食事が、発毛を促進するものであること。


毎日の食事が「ハンバーガーとコーラのセット」なのか、


あるいは「イワシやサケなどの魚とブロッコリーなどの野菜中心の食事」なのかで、

1年後の髪の毛は大きく違ってくるのです。
posted by 育毛食事 at 05:33 | Comment(0) | 発毛に良い食べ物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: