Fotolia_64007961_XS.jpg

2015年08月22日

育毛食事としての日常食品

細い髪の毛を太くする日常の育毛食品。

発毛・薄毛対策細い髪の毛を、太く丈夫で、しかもしなやかでツヤのある髪の毛にするには?

育毛剤よりも体内に栄養素をとるほうがよいのです。

コラーゲンはもちろん髪の毛を太するにはベストのものと思います。

肉の多食は薄毛の原因になりますが、多少は動物性のタンパク質も必要。

髪の毛は含硫アミノ酸という硫黄分を含んだタンパク質でできています。

肉類や、魚類、牛乳、などを摂取しましょう。

また、ビタミンAが髪の毛の生育にとっては非常によいのです。

レバーうなぎ卵黄などを食べましょう。

つぎに、髪の毛を生育させるためには、毛母細胞の働きを促進するビタミンB2、B6も大事です。小松菜ほうれんそう、納豆レバーを食べましょう。

髪の毛を増やすために良いと言われる「定番」は納豆とキムチの同時摂取。


非常に広く知られた育毛食事です。


でもね。

知っていても食べていない人がいるんです。

納豆とキムチの同時摂取がよいとわかったら、1年〜2年は継続できる人でないと髪の毛は生えないです。

薄毛体質の人は、相当の努力が必要なのです。

育毛に良い食事を知っていながら実践しない人は、もったいないことをしているなと思いますが、

私が強制的に納豆とキムチを食べさせるわけにはいかないのです。

納豆とキムチの育毛法を実践できないのなら、

イソフラボンとカプサイシンのサプリを活用してはどうでしょうか。


新育毛栄養補助食品GROW UP(単品)【モテメン】




IMGP1148.JPG




posted by 育毛食事 at 12:55 | Comment(0) | 育毛食事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: