Fotolia_64007961_XS.jpg

2015年06月04日

育毛食事で若ハゲ対策

若ハゲ対策としての発毛食品

若ハゲを予防し、抜け毛を治す食事について。

若ハゲにとってに悪い食事とよい食事があります。

平成27年現在では、かなり明確に、その判別ができます。

育毛に役立つ情報のなかでも「食」にかんするものは非常に大切ですね。

若ハゲや薄毛、抜け毛などの各種の症状にあわせた効果的な食事というものがあるのです。

単純に考えてみて、髪の毛は体の一部であるので、食事が体を作っていることから、若ハゲ対策に食事が大切であることは当然なのです。

脱毛の原因としてビタミンAの取りすぎがあるのですが、私は

「なにか過剰にやりすぎると、育毛にはよくない」

と思いますね。

ビタミンでも、たんぱくいつ質でも、ミネラレでも「過剰」がいけないのです。

さて、多くの育毛関係者が指摘するように、脱毛の一般的な原因としては、遺伝のほかには、

血行不良および
含硫アミノ酸
ビタミン
ミネラル類
の不足

だといえます。

若ハゲにとって大敵のストレスが加わって、血行が滞り、毛根の代謝が止まると、いっきに薄毛、ハゲが進行していくのです。

対策としては、

栄養素の補給

マッサージ

が必要となります。

私は、根本的に「脱毛は遺伝的要素が強い」と考えるので、栄養とマッサージだけでは抜け毛、薄毛は完治しないと思うけれども、最低限これは実行するべきなのです。

ある育毛関連の学者はイヌイットの例をあげ、

「イヌイットは頭のはげる人がきわめて少ない民族である。その理由は定かでないが、魚を生で食べる食生活が関係しているのではないかといわれている」

と述べています。


「アメリカ・インディアンにハゲはいない。なぜ?」という某有名シャンプーの言葉ではないが、民族によりハゲの割合の差は大きい。

欧米の白人には、ハゲの人の割合が多いと報告されています。

イヌイットについては、魚を生で食べるので、ミネラルが多く取れるのだとしているわけで、私たちももっと魚を食べることが重要ポイントです。

若ハゲ対策にとっていいことはすぐに、取り入れましょう。

また、ミネラルが発毛・育毛に必要なのも覚えておきたい事項ですね。

日本人は魚の内臓はたべないので、イヌイットと比べ、魚をたべてもハゲる割合が高いのかもしれない。

ミネラルはサプリメント等で補うこともできます。

野菜などのミネラルは昔と比べて含有量が非常に少なくなったのです。

食料を若ハゲ対策用の塗り薬にも使用できます。

一つはゴマ油と塩を良く混ぜ合わせ、毛の薄くなったところにすり込むまたは、にんにくとしょうがをすりおろし、布でこした汁を良く混ぜ合わせ、軽くマッサージしながら毛の薄くなった地肌にすりこみ、15分で洗い流す。

週に2回を3か月続けるといいのです。

アロエなども食料、飲料としても育毛効果があるのですが、塗り薬としてもいいのです。

「酢」も、飲んでよし、塗ってもよしという育毛食材になるのです。

黒酢とバナナの同時摂取が育毛に大きな効果があると健康雑誌の特集に出ていました。

値段も安いので実行しています。

私の愛用はこれ。


おいしい。


黒酢と黒豆でダイエット!お試しセット1000円!


IMGP1225.JPG


posted by 育毛食事 at 07:17 | Comment(0) | 若ハゲ対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: