Fotolia_64007961_XS.jpg

2015年05月24日

育毛食事には野菜を使う

育毛のための食事では野菜が主体となります。

髪の毛を増やすのに有効な野菜はピーマンやニンジンがあります。

ブロッコリーもいいですね。

育毛に良い野菜の一つのにんじんには、β‐カロテンが大変豊富に含まれています。

β‐カロテンは、体内に入ると必要な量だけビタミンAに変換されます

一般的に、にんじんを50g食べれば、成人の1日に必要なビタミンAが摂れます。

ジュースで摂取してもいいでしょう。

ビタミンAは、皮膚や粘膜の保護、風邪予防、高血圧、夜盲症、乾燥肌、冷え症、疲労回復に有効です。

ニンジンの漢方的なパワーとしてその効果は、血液の浄化や循環をよくするなどの作用、作用、活性酸素を中和させる抗酸化作用など、多数あるのです。

効果が総合的に働いて、薄毛治療や体のあらゆる不調を改善してくれるのです。

西洋系とは、アフガニスタンからヨーロッパに到達し、江戸時代後期に長崎に入ってきたものと、アメリカを経由して日本に入ってきたものをいいます。

これらか現在日本で栽培されるにんじんの主流で、西洋系のにんじんの色素はβ‐カロテンによるものです。


一方東洋系は、中国を経て、江戸時代初期に日本に入ってきたにんじんのこと。


現在東洋系で唯一残っているのが金時にんじんで、深い紅色をしています。

赤色はリコピンという色素こよるものです。

にんじんの旬は秋〜冬ですが、1年じゅう手に入りやすいのも大きなメリット。

β‐カロテンの含有量は、青、モロヘイヤに続き3位ですが、食べやすさ(調理のしやすさ)を考えると、薄毛治療に必要な栄養を摂りやすい野菜です。

野菜を摂る量が少ないのではないか、と感じる場合には、野草酵素で補うことです。

野菜酵素、野草酵素が「ダイエット」で大人気ですが、むしろ育毛において役立つんです。

ベジミックスビューティ


Fotolia_59946_XS.jpg


posted by 育毛食事 at 09:05 | Comment(0) | 育毛野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: