Fotolia_64007961_XS.jpg

2014年11月20日

育毛のための毛髪食品で生える

「新・毛髪食品発見」  医療ジャーナリスト 遠山恭司著 を読みました。

この本では、まず「育毛剤はリピート率が低い」ということから話が進む。

育毛剤のリピート率が低いその理由は、「髪が生えてくる効果が少ないため」である。

効果が認められれば、同じ育毛剤を継続して愛用するはず。

じっさい、効果の高い育毛剤もあるのだが、これは相性もあるので、一つの商品を限定するのは難しい。

いろいろ試していく必要は、どうしてもあるのです。

Fotolia_64007961_XS.jpg
(いい育毛商品に出会うと、理容室の鏡を見るのが楽しくなるんだね)

この本では、育毛剤は期待薄なので、「毛髪食品」を摂取し、体内から髪を生やしていこうとするものです。

この育毛コンセプトには、私は大賛成です。

体こそが髪を育てる「工場」であるから、体によい原料を供給しようというわけです。

育毛に大きな効果をもたらす「毛髪食品」であるが、その成分は?

アミノ酸(これがメイン)
ビタミン
大豆レシチン
ギムネマエキス
クチナシエキス
である。

この「毛髪食品」を、牛乳などで飲む。

最初の数ヶ月は大量摂取することで、効果は早くでてくるという。

血行を良くしても、髪を作る栄養素が体内に作用する必要があるのです。

たしかに、育毛情報に詳しい方なら、成分的に育毛に効果が出ることはよくわかると思います。

育毛に必要なものが含まれている。

毎日の食事だけでは、発毛に必要な栄養素が十分ではないのです。

よほど注意しないと、栄養が偏るでしょう。

この本に載っている資料請求でサンプルをもらいました。

味はコーヒー味で飲みやすく毎日続けることができます。

ただ、費用面では高くつきます。

摂取量によって違うでしょうが、継続してお金を払うのはキツイ面があります。

私は、アミノ酸を近くの薬局で購入しました。

アミノ酸がこの育毛に効く食品のメイン成分なのです。

2ヶ月3000円程度、アミノ酸に出費しています。

髪を増やすだけでなく、体全体にもよいものです。

もちろん、資金的に余裕があればこの「毛髪食品」を買いたい。

育毛には「塗る」よりも「飲む」ほうがよいと思う。

育毛成分も自然なものであり、安全です。

いくら生えても、危険なものは口にしないことです。

もちろん、育毛のためには栄養だけでなく、睡眠やマッサージ、心のリラックスが重要。

そのことも記載されており、良心的な書籍である。

QアンドAのコーナーで「遺伝的ハゲ」についての解答がある。

回答として、遺伝的要素を認めつつも、早い対応で克服できるとの見解である。

ウブ毛をこの「毛髪食品」で太く、たくましくしていこうというアイデアなのである。
本の中で紹介されている体験者の「ハゲから生還した」写真を見ると育毛に対する情熱がわきあがってきます。
育毛・発毛にはよい情報が一番大切です。
「飲む育毛剤」「育毛食品」「毛髪食品」で検索して、この手法を調査することは、非常に育毛にとって力になるはずです。

食べ物で、髪を生やすことは、漢方流の育毛の考えとも共通します。

食べ物ではないがサプリとして、ボストンやGROW UP、そしてフェルサのどれかは、毎日飲みたい。

新育毛栄養補助食品GROW UP(単品)

まだ育毛サプリで栄養を補助してないなら、安価なGROW UPを一袋飲んでみて、あなたにフィットするか試しみたらよいのです。
【毛髪食品の最新記事】
posted by 育毛食事 at 21:53 | Comment(0) | 毛髪食品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: