�ߋ����O�y�[�W

Fotolia_64007961_XS.jpg

2017年02月05日

薄毛の悩みは野菜スープで解消された

育毛食事が、ハゲや薄毛の絶望感から救ってくれるのです。

あなたを救う育毛食事を説明します。

あなたが、このブログに出会ったのも、きっとなにか深い縁があるのだと思います。

今日をさかいに、もう、髪の毛の悩みとはお別れできるのです。


昭和56年に私の頭髪に、あらわれたハゲの兆候。

親や親類たちの髪の毛状態から、「もしかしたら・・・・」とは思ってはいたけれど。

額の後退と、あわせ鏡で頭頂部の薄毛化を見たときの恐怖感。


「ウゲッ、ウギョゴえええ〜!!」


ハゲ発覚の恐怖と絶望感から、猛烈な吐き気が起こりました。

03.jpg


「ああ、せっかく男前に生まれてきたのに、ハゲてしまったら、もう女にモテない・・・・・・」


それだけではなく、モテない男たちの喜ぶ姿が、私のショックを増幅させます。



「フン、いいざまだよ。男前だからと、いい気になっているからハゲになるんだよ!!」


という、会社の男性先輩たちの態度。



悔しいですよ。

まあ、でも、いいのです。

ハゲからの生還をはたして、こうして「思い出話」として当時のことを話せるのは、幸せなことかもしれません。

あなたも、心配しなくていいのです。


私も男性型脱毛症の遺伝子を受け継いでいましたが、50代としては平均的な髪の毛を維持していますよ。


私の場合、かなり「ハゲ遺伝子」は、強力だったのです。

母方の親類はハゲ家系で、私の髪は母方のものだったのです。

そして母方のご先祖様のなかには、私と姿かたちが、本当にそっくりな人がいました。

写真が残っていますが、自分でも、

「よく似ているなぁ」

と思います。

そのご先祖様が生きておられたら、100歳近いでしょう。

セピア色になったそのご先祖様の写真の、20代、30代、そして80歳くらいまでの写真を見ました。

10代のころは映画俳優のような美しいルックスです。

おばあちゃんに話を聞くと、

「俳優の上原謙(加山雄三のお父さん)によく似ていて、若いころは娘たちからモテまくって、道を歩くだけで、多くの娘が見とれるようだった」

との話。



(上原謙と田中絹代主演の映画)


若いころはその美貌ゆえに女にモテまくりのご先祖様ですが、写真で見ると、30代頃は、すでに前髪は、なくなっています。

ご先祖様も、私同様に、20代なかばに薄毛化が起こり、30代にはハゲあがっているのです。

40代には、典型的な「男性型脱毛症」の頭髪状況になっています。

遺伝子に素直に従って生活していたら、私も、そのご先祖様と同じ「薄毛進行の過程」をたどったはずなのです。


ところが・・・・・。


ところが、育毛漢方療法と出会うことで、髪が生えたのです。

そのときに、実行した育毛ノウハウの一つが食事方法の見直しです。


育毛食事。


育毛食事なしでは、薄毛状況から抜け出せなかったと思います。

では、あなたもその育毛食事を知りたいでしょうから、今日は、あなたに、みるみる髪が生えてきた育毛食事を引き継いでいきたいと思います。


では、さっそく、育毛食事を紹介しましょう


あえて、昭和56年当時の育毛食事、そのままを再現しました。

結論から言うと、


育毛食事とは野菜スープなのです。

(材料)


1.スプラウト

001.JPG



2.ニンジン

002.JPG



3.ピーマン
003.JPG


4.ほうれんそう
004.JPG



5ブロッコリー

009.JPG



6.コンソメスープの素

005.JPG



野菜を細かく食べやすい大きさにして、お鍋に入れます。


味つけのコンソメスープの素は、好みに合わせて、どうぞ。


006.JPG


沸騰するまで、煮ます。

007.JPG



できあがり。

008.JPG


以上が、薄毛体質を改善する育毛食事としての野菜スープなのです。

「おいしいか?」と言われると、世間一般的な評価ではおいしくないでしょう。

でも、私にとっては、最高なのです。

苦しみを取り除いてくれた食事だからです。

野菜スープが大事ですが、それだけではなく、納豆とキムチも食べましょう。

イワシ缶詰も髪の毛を生やすにはいいのです。

髪の毛を生やすためには「納豆とキムチ」が発毛に良いことがテレビ等でも知られていますよね。

また、

イワシの缶詰も育毛効果が極めて高いのです。

アンチエイジング権威者であるベンジャミン・フランク博士は、

「髪の毛を生やしたければ、週に4回イワシの缶詰を食べなさい」

と著書の中で言っているのです。


イワシとともにサケも大事です。

牛肉ではなく、魚が髪の毛にはよいのです。

では、ご縁がありましたので、この野菜スープを飲んでください。

できれば週に3回。

平成26年7月現在、私が育毛をするなら、@コラーゲンとAノコギリヤシとBスピルリナとともに、この野菜スープを飲みます。

そして、野菜スープをはじめとした野菜摂取が不足する人。

この場合には、お金を出して市販の野菜スープ、あるいは、野菜酵素などで野菜不足を補うことです。

はっきりいいますが、お昼のランチで、野菜サラダとして出されるキャベツの千切りなどでは、育毛にはまったくの不足ですよ。

野菜が不足すると髪の毛は生えないと知っているのに、

「野菜は食べていないが、なんとか髪が生えないかなぁ」

と望むことは無理、そして無駄な話なのですよ。

ミレットシリーズの「ミレットベジタ」と、「野草酵素」は役立ちます。

1.飲む育毛剤カイセイ堂『ミレットシリーズ』


髪の毛を増やしたいなら、
@7時間以上の睡眠 
A心の平安  
B平均的な日本人の2倍以上の野菜摂取


をまずは守らなくてはなりません。

そこからがスタート。
posted by 育毛食事 at 19:45 | Comment(7) | 育毛食事

育毛食事によらずして健康的な髪の毛は生えない

育毛食事の中でも特に大事なのは野菜。

私が最初に育毛に成功できたのは漢方の育毛法を解説した高橋由美子先生の「みるみる髪が生えてくる」でした。




それまでにも、薄毛対策の本は数冊読んでいました。

本屋で薄毛対策本を買うのは恥ずかしかったのですが、

「なんとかせねばならない」

と一時の恥はかき捨てて、本を買いました。

書店の店員さんに、どう思われるかが気になったものでしたが。

さて、

みるみる髪が生えてくるを読んだときの第一印象は今でも覚えています。

大きく言うと、

1.ハゲたくないなら野菜を食べる


2.スピルリナやミネラル主体のサプリメントを活用


3.シャンプーとヘアパックで2か月で生えそろう


この3点が印象的でした。

ほかにも重要なポイントはあるのですが、この3つが「よし、今すぐ始めるのはこれだ」と思った内容です。

とくに「野菜が大事」というのがポイントでした。

野菜なくして育毛なし。

昭和56年から平成29年の今日まで、

「いかにして、育毛に役立つ野菜を多く食べるか」

が、育毛実践項目の中心だったのです。

野菜に比べたら育毛サプリメントやシャンプーも、重要度は落ちます。

育毛剤なんか、はるかに下。

野菜の重要性が100なら、育毛剤は5程度か・・・・・・。

それくらい野菜が大事です。

どうして野菜を食べると髪の毛が復活するのか?

その理由は薄毛原因を抑え込むパワーにあります。

ハゲ要因を抑え込むことで有名なのはプロペシアです。

プロペシアを飲むことでハゲ原因を封じ込めます。

では、この世で、そういう効果のあるものは「プロペシアだけ」なのか?

というと、そうではないのです。

植物にもそういう効果を持つものがあるのです。

もちろんプロペシアほど際立った効果ではないのですが、

数種類の野菜によって、ハゲ要因を抑え込むパワーが得られるのです。

野菜を食べつつ、ノコギリヤシ、アロエ、亜鉛、カボチャの種、バナナ皮エキスなどをサプリなどで補うと、むしろプロペシアよりも効果があると感じます。

野菜については、どんな野菜でもいいわけではなく、私の体験から重要なものを選びますと、

ピーマン

ほうれん草

ブロッコリー

ニンジン

スプラウト

などが効果的。

現代の日本人の食事ではこれらが、なかなか摂取できないのです。

私はいくつかのブログで情報発信していますが、時々、ご相談のメールをいただきます。

「なかなか成果が出ない」

という質問が多いです。

そういう方たちに聴いてみますと、やはり野菜不足です。

「けっこう野菜は摂取しています」

という人でも、かなり摂取量が不足します。

例えてみれば、一流のピアニストになるには毎日8時間練習しないといけないのに、

一日2時間くらいでプロのピアニストになれると思っているようなもの。


AGAの人は、普通の人とは違うのです。

ハゲ体質の人の場合には、体内でハゲ要因が活発に活動しているのです。

体内のハゲ要因を抑え込むには大量の、そう、思っているよりもはるかに多くの、野菜を食べなくてはならないのです。

育毛食事とは、すなはち「野菜」だと言えるくらいなのです。

よく私は目安として「平均的な日本人の2倍の野菜を摂りましょう」といいます。

食事はもちろんですが、野菜ジュースや野菜酵素なども活用して、野菜の量を多くすることです。

野菜ジュースではサンスターの青汁を愛用しています。

サンスター おいしい青汁


Fotolia_124456822_XS.jpg
posted by 育毛食事 at 19:42 | Comment(0) | 育毛食事