�ߋ����O�y�[�W

Fotolia_64007961_XS.jpg

2015年07月28日

抜け毛体質を、髪の抜けない体質、さらには髪が生える体質にすればよい。

以前はハゲ、薄毛は不治の症状といわれていました。

後戻りのできないものだと考えられていたのです。

ハゲも、例えば、体質に合った育毛剤で生えるという場合もあります。

Fotolia_100167028_XS.jpg

いままで、脱毛に対してあきらめの気持ちを持ったり、ひらきなおったりするしかなかったものが、積極的に育毛に取り組むようになったのです。

私の育毛体験からいうと、薬(育毛剤)やサプリメント、あるいは髪の毛の医者の診断などに頼りきりでは髪は復活しない場合が多い。

本人の努力というか、本人の意志により育毛生活を実践しないと難しい。

よく、育毛は植物の生育に例えられます。

フレッシュでいきいきとした植物ができるには、それなりの作業が必要。

ほったらかしであれば、植物も育たない。

植物と髪の毛の共通点は、植物にとって土壌が大切であるように、髪の毛についても、頭皮をはじめ、体全体が土壌となるわけで、土壌改善で、髪の毛もスクスク育つのです。

土壌改良すなわち、体質改善なのです。

抜け毛体質を、髪の抜けない体質、さらには髪が生える体質にすればよい。

しかし、このことは容易ではありません。

育毛剤でかんたんに体質が変わり、抜け毛が止まり、髪の毛がグングン生えれば、それは幸せなことです。

例えば、「植毛」で、自分の髪の毛の元気な部分を、髪の毛の少ないひたいや、頭頂部に植える、という方法があります。

しかし、体質が抜け毛体質のままなら、いずれ抜け落ちるのは明らかです。

Fotolia_98306265_XS.jpg

どこの毛であろうと、体質を改善しなければ、その体質の命ずるままに、体は応じていくのです。

結論を言えば、体質改善は食事で決まる。


糖尿病、高血圧症をはじめ、非常に多くの病気には「食事療法」というものが必要になります。

それくらい食べ物は影響を持つのです。

では、ハゲ体質を改善するにはどうすればよいか?

ずばり、漢方療法による髪の生える体質に自分を変える必要があります。

お金はあまりかかりません。

しかし、努力は必要です。

カンタンか?と問われれば、カンタンではありません。

かんたんなら、これほど抜け毛に悩む人はいないはず。

誰もがかんたんな育毛剤に走り、土壌改善をしない植物のように、枯らしてしまっているのです。

漢方育毛法はカンタンではないが、効果は大きい。

まずは基本であることを実践。

1.7時間以上寝てないなら、育毛体質になれない。

2.髪の毛に血液が流れるように、非常にソフトなタッチでのマッサージを機会をみておこなう。

3.サバ、イワシ、大豆、緑の野菜、スピルリナ、レシチン、どくだみ茶、ビタミンEを摂取する。

以上をまずは習慣づける。

すると、明らかに髪の毛は変化するのです。

これは、あくまでも最低限の実践である。

とにかくネットをはじめ、健康雑誌で、情報を仕入れること。

髪の毛だけでなく、肌、目によいものを、試していくことで髪の毛が生える条件が徐々に出来上がってくるのです。

そのうえで、自分にフィットした育毛剤と育毛シャンプーを利用することで、発毛はブーンと加速するのですね。
タグ:育毛体質
posted by 育毛食事 at 00:00 | Comment(0) | 若ハゲ対策

2015年07月26日

ハゲを呼ぶおそるべきジャンク食生活

「セレブ」と呼ばれる人々がいます。

お金持ちで、品性も高く、知性も高い人々。

私はセレブではないのですが、テレビや雑誌で、セレブの人々の生活の一端をみかけます。



セレブの特徴としては健康に気を使い、特に食事にお金と労力を割いていることです。

また、野菜なども、通常の何倍も値段の高い無農薬の野菜を購入していますね。

一方、こういう言い方は失礼なのかもしれないけど、「非セレブ」の多くがお金と時間を食事に充てることができないのです。

その結果、しばしば「ジャンクフード」と呼ばれる種類のものを口に入れているのです。

朝も昼もコンビニの弁当やハンバーガーとコーラ。

あるいは、カップラーメンとジャムパンでで昼を済ませるというようなことがあるわけです。

薄毛の人が昼食にカップラーメンと缶コーヒーで済ませているのを見たときには、

思わず、「ハゲが進むよ!!」と注意したくなったものです。

もちろん、そんなことは口に出しては言えません。

言えませんが、

「なぜ、30代半ばでこんなにハゲが進行しているのか」

がわかったような気がしました。


健康に関心がある人なら良くわかると思うのですが、

「あなたの体は、今まで食べた食べ物でできている」

ということばはまさしく真実。

カップラーメンと缶コーヒーを食べてできた身体。

髪の毛や肌、内臓などなど、あまり良いものにならないようなことは「直観」でわかるはず。

薄毛対策をする人は、自分が食べたものが血液となり、毛母細胞でどんな働きをするのか、よく考えるべきなのです。

さて、髪の毛のことを考えると毎日、確実に野菜を摂ることのできない人もいると思うのです。

そんな人は、一日の終わりに、帳尻を合わせるようにせめて野菜ジュースを飲みましょう。

できれば育毛に役立つレベルの野菜ジュースがいいのです。

私の飲んでいるのはサンスターのものですが、製造方法においても、成分的にも申し分ないです。

ハゲたくないなら、手元に置いておいて1日2本は飲みたいものです。

健康道場 おいしい青汁


Fotolia_41683422_XS.jpg

posted by 育毛食事 at 14:15 | Comment(0) | 育毛食事