�ߋ����O�y�[�W

Fotolia_64007961_XS.jpg

2015年06月07日

育毛のための毛髪食品とは何なのか

育毛を促進する育毛食品と育毛飲料で髪が生えてくる、という話です。

あまり人気のない古本なので現在価格は1円です。

私は数年前に書店で買いました。

本の内容は良かったです。




「育毛剤はリピート率が低い」ということを考えてみましょう。

育毛剤のリピート率が低いその理由は、「髪が生えてくる効果が少ないため」と考えるのが妥当でしょう。

毎月のように新しい育毛剤が生まれています。

新聞や雑誌の広告。

あるいはネット上でも育毛に関する商品は、多種多様です。

育毛剤がなぜ、そんなに多くの種類があるのか?

答えは「リピート率が少ない」ので、次々と新しい商品を出さねばならないのです。

発毛効果が感じられたのなら、その同じ育毛剤を継続して愛用することでしょうね。

ただ、効果の高い育毛剤であっても、個人個人での相性もあるので、一つの商品を限定するのは難しい部分はあります。

いろいろな育毛剤を試していく必要があると思います。

実際に私はよく育毛剤の「お試し」をします。

副業の「ゲーム道具」のネット販売が好調なので、いろんな育毛商品を買えるわけです。

こういっては、なんですが、


「お金がないと、育毛は難しい」ともいえるのです。


それは、相性のよい育毛剤と育毛シャンプー、あるいはサプリメントに出会うための「お試し」の回数が圧倒的に少ないからです。


お金をかけないと。

私の意見では育毛剤はそれだけでは大きな発毛の成果はでないので、


「毛髪食品」を摂取し、体内から髪を生やしていこうとすることは良い方法です。

この育毛コンセプトが重要です。


体が髪を育てる「工場」であるから、体によい原料を供給すると、よい製品がうみだされます。

髪の毛をどんどん生み出したいものですね!!

ネットで「育毛食品」が販売されています。

発毛効果の大きいという「毛髪食品」とのことですが、その成分はどのようなものか、みてみました。

アミノ酸(これがメイン)
ビタミン
大豆レシチン
ギムネマエキス
クチナシエキス

が主成分です。

この「毛髪食品」を、牛乳などで飲むということです。

最初の数ヶ月は大量摂取することで、効果は早くでてくるらいい。

体内から髪の毛を生やすことが私の主張とも一致しますね。

血行を良くしても、髪を作る栄養素が体内に作用する必要があるのです。

たしかに、育毛情報に詳しい方なら、上記の育毛食品の成分が、育毛に効果が出ることは理解できることでしょう。

育毛に必要なものが含まれていると、私もわかります。

結局、食事だけでは、発毛に必要な栄養素が十分には摂取できないのです。

栄養面に注意しないと、栄養が偏るのです。

ネットでの資料請求でサンプルをもらいました。

味はコーヒー味で飲みやすく毎日続けることができます。

おいしいともいえますからね。

ただ、費用面では高くつきますので、継続は難しいでしょう。

なにか副業でお金を自由にできないと、育毛をつづけられない。

摂取量によって違うでしょうが、継続してお金を払うのは困難に思える価格設定です。

私は、アミノ酸を近くの薬局で購入しています。

アミノ酸がこの育毛に効く育毛食品のメイン成分です。

私は毎月2000円程度、アミノ酸だけで出費しています。

髪を増やすだけでなく、体全体にもよいものですからね。

もちろん、資金的に余裕があればこの「毛髪食品」を買いたい気の地はあります。

髪の毛を生やす方法でも「塗る」よりも「飲む」ほうが効果が出るように思いますね。体験的に。

ただ、いくら毛が生えても、身体に危険なものは口にしないことは注意すべきでしょうね。

当然ですが。

育毛のためには栄養だけでなく、睡眠やマッサージ、心のリラックスが重要。


この毛髪食品では、ハゲの遺伝的要素を認めつつも、早い対応で克服できるとの見解を示している。

髪の毛として生えてきたウブ毛をこの「毛髪食品」で太く、たくましくしていこうというアイデアです。

たしかに髪の毛が太く育つといいわけですね。

髪の毛を生やすにはいい情報が一番大切です。

「飲む育毛剤」「育毛食品」「毛髪食品」などで検索して、この手法を調査することは、あなたの頭髪の活性化と育毛にとって大きな力になると思いますよ。

右矢印1 毛髪食品レビュー


yubi-man01-2_l.png


タグ:毛髪食品
posted by 育毛食事 at 10:41 | Comment(0) | 毛髪食品

2015年06月04日

育毛食事で若ハゲ対策

若ハゲ対策としての発毛食品

若ハゲを予防し、抜け毛を治す食事について。

若ハゲにとってに悪い食事とよい食事があります。

平成27年現在では、かなり明確に、その判別ができます。

育毛に役立つ情報のなかでも「食」にかんするものは非常に大切ですね。

若ハゲや薄毛、抜け毛などの各種の症状にあわせた効果的な食事というものがあるのです。

単純に考えてみて、髪の毛は体の一部であるので、食事が体を作っていることから、若ハゲ対策に食事が大切であることは当然なのです。

脱毛の原因としてビタミンAの取りすぎがあるのですが、私は

「なにか過剰にやりすぎると、育毛にはよくない」

と思いますね。

ビタミンでも、たんぱくいつ質でも、ミネラレでも「過剰」がいけないのです。

さて、多くの育毛関係者が指摘するように、脱毛の一般的な原因としては、遺伝のほかには、

血行不良および
含硫アミノ酸
ビタミン
ミネラル類
の不足

だといえます。

若ハゲにとって大敵のストレスが加わって、血行が滞り、毛根の代謝が止まると、いっきに薄毛、ハゲが進行していくのです。

対策としては、

栄養素の補給

マッサージ

が必要となります。

私は、根本的に「脱毛は遺伝的要素が強い」と考えるので、栄養とマッサージだけでは抜け毛、薄毛は完治しないと思うけれども、最低限これは実行するべきなのです。

ある育毛関連の学者はイヌイットの例をあげ、

「イヌイットは頭のはげる人がきわめて少ない民族である。その理由は定かでないが、魚を生で食べる食生活が関係しているのではないかといわれている」

と述べています。


「アメリカ・インディアンにハゲはいない。なぜ?」という某有名シャンプーの言葉ではないが、民族によりハゲの割合の差は大きい。

欧米の白人には、ハゲの人の割合が多いと報告されています。

イヌイットについては、魚を生で食べるので、ミネラルが多く取れるのだとしているわけで、私たちももっと魚を食べることが重要ポイントです。

若ハゲ対策にとっていいことはすぐに、取り入れましょう。

また、ミネラルが発毛・育毛に必要なのも覚えておきたい事項ですね。

日本人は魚の内臓はたべないので、イヌイットと比べ、魚をたべてもハゲる割合が高いのかもしれない。

ミネラルはサプリメント等で補うこともできます。

野菜などのミネラルは昔と比べて含有量が非常に少なくなったのです。

食料を若ハゲ対策用の塗り薬にも使用できます。

一つはゴマ油と塩を良く混ぜ合わせ、毛の薄くなったところにすり込むまたは、にんにくとしょうがをすりおろし、布でこした汁を良く混ぜ合わせ、軽くマッサージしながら毛の薄くなった地肌にすりこみ、15分で洗い流す。

週に2回を3か月続けるといいのです。

アロエなども食料、飲料としても育毛効果があるのですが、塗り薬としてもいいのです。

「酢」も、飲んでよし、塗ってもよしという育毛食材になるのです。

黒酢とバナナの同時摂取が育毛に大きな効果があると健康雑誌の特集に出ていました。

値段も安いので実行しています。

私の愛用はこれ。


おいしい。


黒酢と黒豆でダイエット!お試しセット1000円!


IMGP1225.JPG


posted by 育毛食事 at 07:17 | Comment(0) | 若ハゲ対策