�ߋ����O�y�[�W

Fotolia_64007961_XS.jpg

2014年04月15日

育毛によい食べ物

育毛によい食事、食べ物。 


細くなった髪がしっかりした太さの黒髪にもどるプルーンとカシスの赤ワイン漬け

細く弱弱しい髪が太くしっかりした髪質にかわると、

話題を呼んでいるプルーンとカシスの赤ワイン漬けをお知らせします。

はげ、薄毛は髪の毛がなくなるのではありません。

細く、弱弱しくなり、スケスケになっていくためです。

細くなるのでハゲて見えるのです。

髪の毛を太くする食べ物で、髪の毛のボリュームを増やしましょう。

プルーン、カシス、赤ワインがその使命を成し遂げるのです。

方法はカンタンです。

材料は、
ドライカシスを40グラム
ドライプルーンを250グラム
赤ワインを200ミリリットル
中国酢を100ミリリットル耐熱ガラスの容器に漬け込むだけ。
冷蔵庫の中で、漬けて3日くらいから食べ始めます。


体験者が雑誌に投稿していましたが、

「細い髪の毛が、太く、しっかりしてきた」

「髪の生え際に黒い髪が生えてきた」

などの体験談がでています。




私自身は、以前からプルーンをよく食べていました。

スーパーや健康食品の店でプルーンは容易に買えます。

「ミキ・プルーン」などは有名ブランドですね。

少し他のプルーンより値段は高いです。

私のプルーン体験は、薄毛、抜け毛を改善するのが目的でしたが、白髪にも効果があるようです。

育毛面では、かなり効果が出ているように体験上、思えます。

今回紹介した「プルーンとカシスの赤ワイン漬け」については、大学の教授が次のように評価しています。

「プルーンには植物繊維やベータカロテンが豊富に含まれています。ベータカロテンには体内で酸化をおさえるビタミンAに変わる物質です。頭皮の蒸れを防ぎ、健康な毛髪を保つ働きがあります。赤ワインに含まれるアントシアニンや、カシスに含まれるサクラネチンには、頭皮細胞の血流を改善する作用があります。これらの有効成分の相乗作用によって頭皮の血管が拡張し、育毛を助けたのでしょう」


頭皮の血管が拡張し、育毛を助けたのです。

育毛によいことは白髪にも、健康にも抜け毛対策にも良いのです。

私はプルーンとカシス、そして赤ワインの3点セットをオススメします。

白髪に関しては一気に黒髪に白髪が変わるものではありませんので、髪の毛を染める場合には、抜け毛を促進する市販の、チューブ入りの白髪染めでなく、通販で「ヘナ原料」の白髪染めを購入し、利用しましょう。

育毛には、育毛成分を含んだ食事を習慣化できるかどうかがカギとなります。
posted by 育毛食事 at 21:16 | Comment(0) | 発毛に良い食べ物

2014年04月05日

育毛 野菜スープ

髪の毛の育毛のために野菜スープの缶詰を、たまに私は通販で買っています。

ベータ食品株式会社の「野菜スープ」です。

関心のある方は、ネットで検索してみてください。

気に入ってます。1本は200円程度です。

野菜の栄養がたっぷり!ベータ食品 自然の恵み 野菜スープ245g×30本 A01【10P31Aug14】
(2年くらい前に「若返りにはゴボウが効果的だ」ということを実感しました。このスープにはゴボウが入っており、髪の毛の若返りにも満足できる。)

夏はジュース代わりに常温で飲みます。

冬はホットにして飲みます。

抜け毛には野菜スープが効く。

野菜と漢方は深い関係があります。

ダイコン、ゴボウ、ニンジン、シイタケを煮込んだ汁を飲むだけ。


今回とりあげるのは、一時期大ブームを呼んだ「野菜スープ」です。


ブームは過ぎましたが、その育毛効果は本物と私は判定しています。


『元祖病気治し汁 野菜スープが効く』 主婦の生活シリーズ発行 平成6年発刊という本なども家にありました。


きっとブームのときに買ったものです。


野菜スープは、多くの症状に効き目があり、抜け毛に対しても、効果があると体験談入りで紹介されているのです。


体験談は43歳男性。

10年前から前髪が薄くなってきて気にしていた。

その男性は次のように、野菜スープの育毛効果を語る。


〜引用ここから〜


「抜け毛がおさまり、なんと最近は産毛が生えてきました。

若返り現象で、毛根が活発に活動しだしたのが自覚されます。

さらに天然パーマのような髪質の悪い縮れ毛が、このごろはまっすぐな健康な毛になってきました。

そういえば、ストレス性の下痢も治り、習慣化しつつあったギックリ腰まで、最近は影をひそめてしまいました」


〜引用 ここまで〜


この体験者は、1日最低マグカップ1杯を飲むという。一時期、この野菜スープは大人気であったが、発案者が少しいかがわしい人物であり、そのことが一つの原因で人気は下火になったという私の記憶があります。

もったいないことです。


以前にも(平成19年はじめ)、納豆がダイエットに効くというのがテレビ局の「やらせ」だったということで、爆発的な人気のあと、急速に納豆の評価が下がるという出来事がありました。


決して納豆のパワーは少なくないのに、そんなことで関心をもった納豆をたべなくなる、というのはもったいない。


この野菜スープも同じ。


薄毛対策をはじめ、体にとって悪いはずがないのです。


ハゲにも効くことは決まっています。



ところで、一時期(平成16年ころ)、ネット上で「ハゲなんか、すぐ治る。野菜ジュースを毎日飲めばよい」という発言をもとに論議が起こっていました。


「ホントかウソか」


スープとジュースでは、効能は少し違いますが、関連あることなので、私見を述べたいと思う。


野菜ジュースだけで髪の毛が生えるとは、私は、思いません。

しかし、コーラや缶コーヒーを飲むのと、野菜ジュースを飲むのとで、髪の毛にどういう違いが起こるかを考えれば、答えは明白じゃないですか。


飲む人が、遺伝的若ハゲの体質でなければ、どちらも大きな違いが髪の毛に現れることはないかもしれません。


でも、遺伝的に抜け毛体質の人にとっては、「コーヒーを飲むのか、野菜ジュースを飲むのか」、運命の分けれ目となります。


若ハゲ体質の人が毎日2回、どちらかの飲み物を飲むとした場合に1年後は? さらに5年後は? 10年後は?


確実に大きな差になって髪の毛に反映されるはずです。


ネット上では「野菜ジュースなんかでは髪は生えない」という反対意見も多かったのですが、


私は以上の見地から、「同じ飲むなら野菜ジュースを選べば髪のためによい」と判定します。


更にいうならば、私としては「野草酵素」を強く推薦します。

野草がたっぷりはいった、天然野草酵素飲料!



野菜不足解決に役立つからです。


髪の毛を増やすには、情報を大量に仕入れ、少しずつこうしたことを積み重ねる必要があるのです。


しかしそのことは、後になって、大きな見返りがあるのです。


のどが渇き、何か飲みたくてコンビニに入ったとき、あなたが、遺伝的薄毛体質であったなら、缶コーヒーではなく、ニンジンジュースなどの野菜ジュースを選択すべきなのです。


ちなみに、野菜スープの作り方はカンタンです。

ダイコン、ニンジン、ゴボウ、シイタケを煮込んだ汁を飲むだけです。

私は薄毛が進行した昭和56年に、特製の野菜スープを作って飲みました。


ブロッコリー、スプラウト、ニンジン、ピーマンなどを入れて作ります。


これが、ハゲ゙要因を抑えつけたと感じています。


posted by 育毛食事 at 23:11 | Comment(0) | 育毛 野菜スープ